作品つくって、表現してる人って、なんでそんなことしてるの?


『F』 by ryota.F

作品をつくったり、表現をしたり。

なんでそんなことしてんの?


って、話じゃないっすか。

僕の場合ですけど、

「客観的理由」「個人的理由」、ふたつあるんです。


客観的理由:文化を残すため


これについては、詳しいことは以前書いたので、参照してもらえれば…。

男の定義


http://rfmori.blogspot.jp/2013/01/blog-post_22.html


個人的理由:承認欲求を満たすため


「承認欲求」
っていうのが、あるんですね。

“あ~、人から認められたいなぁ”というやつです。
“多くの人に褒められたいなぁ”、とか、そういうのです。

浅はかですねぇ、浅はかだと自分でも思います。

そもそも、なんで僕には、そんな「承認欲求」があるんだろうって思います。


承認欲求(僕の場合)


僕は、10代のころ、あまり友達がいなかったんですね。

で、よくいる感じの、 教室の隅っこで、クラスの人気者とかに嫉妬していたヤツです。

「あんなやつの何が面白いんだよ、外面ばっかじゃねぇかよ」とか思ったりして、

まぁ、嫉妬しながら、同時にうらやましがっていたんです。

「あんな人間になりたいなぁ」って。

一人でいても楽しくないんです。
一人でいると、何をやっていいのか、不安になったりするんです。
まわりに人がいたら、安心するし、 いろいろとわからないこと聞けるし、 なんにもない時間や空間を共有できるし、
いっしょに価値観を共有しあって、笑ったりしたら楽しいし。

だから、「たくさん友達がほしいな」「自分のことをわかってくれる仲間がいたらいいな」とか、思っちゃうんです。

でも、僕は知っているんですよ。

「俺にはなんにもない」って。

「取り柄なんて、なにひとつない」って。

「手をふらなきゃ、誰もこっちをふりむいてくれない」
って。

イスに座っているだけじゃ、存在感なんてなくて、

みーんな僕のことに気付かなくて、

「あれ?フクモリくん、いたの?」
ってなもんで。

「いや、最初っからいたよ…ずっといたよ」ってなもんで。

これじゃあいかんな、何か自分もしないといけないなって。

このへんからね、「表現」っていうのに、つながっていくんですね。


「別にいいじゃん、人に認められなくても」


「別にいいじゃん、人に認められなくても」
っていうね、

「仙人的な達観しようぜ」って、 そういう意見も、今まで聞いてきたんだけどさ、

やっぱ、自分はそういう、 「ひとりはイヤだ」っていう子供のころの経験や思いを捨てられずに、 大人になってからもひきずっているんですね。

それは浅はかで、愚かで、矮小で、幼稚なもので、

自分でも情けなくて、恥ずかしく思ったりするんだけど、


なんていうか、本能的な欲求、きもちには逆らえなくて、

もう、そういう、自分の正直な気持ちにそって生きていこうと思ったんですね。

観念したっていうかね。

「僕は、『人に認められたい』と、本当はそう思っているんだ」って。

それはどういうときに気付くかっていうと、

自分がどれだけその表現に自信があっても、

作品が人にスルーされたとき、やっぱりスッキリしなくて、

そこを突き詰めてみると、心のモヤモヤの奥に、 「人に認められたい自分」がいるんですよ。

もう、それは隠せない、隠し切れない。

そういう自分が、どうあがいたって、いる。

これはもう、自分で、そういう自分を受け止めていくしかないなって、

そう思ったんです。


「表現の理由が個人的で、不純だな」


あとさ、「表現」とか、まぁ、「芸術」とかって、

そういう個人的な理由、欲求、欲望で取り組むものなん?
って、そう思うときもあったんですよ。

「なんか、動機が不純だな」「幼稚すぎないか」って。

でもね、表現することの動機って、そういうもんなんじゃないかなって。

個人的な欲望を満たすためっていうかさ。

それって、ダメなことなのかな?

そんなにダメなことじゃあないって、僕はそう思っているんです。

たとえばさ、

「子供のころ、貧乏だったから、大人になってからはお金持ちになりたい」
とか、

僕は、いいんじゃないかなって思うんです。

そういった、「お金持ちになりたい」っていう気持ちが不純なものだとは思わないんです。

だって「自然」じゃないっすか。
「ふつう、そう思うでしょ」って。

同様にね、

「ずーっと一人ぼっちだったから、だれかに自分のことを気付いて欲しいから、表現する」

これもいいんじゃないかなって思うんです。

「そういう気持ちじゃ“いい作品”はできない」
って、まぁそんな気もするけど、

個人的な、感情的な理由、

そういうのがさ、そもそもの制作動機になってね、きっかけになってね、

そっからさ、また別へと、いろいろ広がっていくんじゃないの?って。経験値あげていくうちに。

で、仮に、個人的な理由が間違っていたとしたら、

間違いに気付いて修正していったらいいじゃないかって、思うんです。

いったい、誰が間違わない人間なんていますか…。

でも、そうやって軌道修正して、成長していくためには、

僕の場合だったら、「承認欲求」とか、

そういった「個人的な欲求」に、自分自身で気付いて、

そして、そんな自分を、まず受け止めることが大事なんだろうなぁと思います。情けない自分から目を背けずに。

そんな気がします。


まとめると…


かいつまんでいうと、僕の場合、個人的な理由でいうと、

「自分にはなんにもないから」っていうことです。

ちなみに、

「作っていて楽しいから」とか、僕はあんまりそういうのはないです。

酒飲んで、友達としゃべってるほうが、はるかに楽しいです。

本を読んだり書いたりするより、外で遊んでいるほうが楽しいです。

でも、それができないんですよね。簡単なようにみえてハードルが高い。

なんでかっていうと、「自分にはなんにもないから」。

なんにもないやつが、友達なんてできるはずがない。
なんにもないやつが、外に出ても、なにかがあるはずがない。

必ずしもそうだとは限らないけど、そういうふうな、強迫観念をみたいなものをもっているんでしょうね。
自分に自信がないっていうか。

だから、必死で表現しようとする。まぁ、浅はかですけど。


・・・長くなりました。

きりがないので、今日はこのへんで。