仕事ができない人をネタにして笑っている人の笑いのセンス。




よく見かけるんだわ。

仕事ができない人をネタにして笑っている人。

キミだよ、キミのことね。

いっしょになって笑ってるだろ?注意もせずにさ。なぁ、傍観者であり当事者よ。


ちょっとドジでさ、仕事が遅いとかで、怒られてる人ってよくいるじゃないっすか。

で、「あの人には仕事まかせられないよねwww」とかさ。

人の失敗や、たとえば遅刻とかしてる人を見て、

「自分は一番下じゃない。よかった」って、誰にも言わないけどこっそり安心を得ている人とかさ。

笑いものに仕立て上げることで、自分は劣等生じゃないと認識することができて。


あとさ、仕事が遅いのを見ていると、勝手にイラッとする方々ね。

おいおい(笑)地球はキミのものじゃないぞ(笑)


どうなんよ、ほんと。

そんなことしかネタにならない日常ってどうなの?って、

「仕事のできないやつをネタにして盛り上がっている会話」って、どうなの?って。

受験生の日常会話が「テストの話」ばかりになるようにね、

『仕事ができる、できない』とか、それくらいしか会話がない。

もっといろいろしたほうがいいんじゃないか。

いや、無理か。仕事で忙しいもんな、キミは。


笑いのセンス


そもそも、「笑いのセンス」という問題があって。

滋賀の、いじめ自殺のニュースでさ、

蜂の死骸を食わせてギャハハって笑えるような「笑いのセンス」って、どうなのよ?って。

「それのどこがおもろいねん」って、ボクなんかは思うんだけど、まぁ笑いのツボは人それぞれなのかな。

同様にね、

「仕事ができない人の失敗」とかをネタにして笑えるって、

「そんなことで『笑えてしまう』のか?」って、思ったりするんですよね。


想像力のこと


あとさ、

「想像力なさすぎだから」って話になるんだけど、

人間の「短所」ばかり見て、「長所」を見ない、見ることができない、想像力の無さ。

「好き嫌い」だけで判断しちゃって、

嫌いだけど好きになる可能性、
好きだけど嫌いになる可能性、

そういう「別の可能性」を想像できないんだよ。想像力がなくて。

「好き嫌い」っていう表面だけで判断しちゃう。


一枚の絵を見てさ、
その表面しか見ない、その奥を見ない。

じっと見ようとしないんだよ、ぱっと見るだけなんだよ。

絵は、チラ見でわかるもんじゃなくて、見つめなきゃわかんないことが多い。複雑だから。人間と同じで。


「仕事ができないだけじゃなくて、私に直接の迷惑がかかってるんだよ!フクモリのような、現実を知らない人にはわかんないよ!(知らねーよ、そんなもん。どうぞ一生イラッとしててください。ごめん、言い過ぎた!)」

でも、それって、

「ぱっと見ているだけ」のこと多くないかって?

じっとその状況を見つめてみたらさ、

それを避ける事ができた可能性もあったんじゃないの?

自分にも原因あったんじゃないの?

その人には何か理由があったんじゃないの?

それを陰口のように言って改善するの?

そういうことを「想像したのか」って話だ。

想像しないんだよ、

表面で起きた結果だけが、その瞬間の、キミのすべてになっているんだよ。

想像力があれば、「それがすべてである」ってことは、ないんじゃないないかな、たぶん。


***


んー、

でも、仕方がないよね。

「じっと見つめる時間」がないんだよね?仕事が忙しくて。ぱっと見るしか、余裕がない。


でもさ、こういう、想像力のなさが引き起こす事態について、

いいの?それ。って思うんですよ。

それでこういうことを書いているんだけど・・・

・・・

・・・ん?どした?

「フクモリ、オマエが言うな! つか、オマエ、正社員経験1年以上もねぇだろ!」
って!?

ぉお…それだけは言わないでおくれ…。
まったくキミはボクの弱点をつくのがうまいなぁ…。
ごめんよ、ボクが悪かった。
ちゃんと働いたこともないのに、働いている人の「想像」をしちゃって。

っていうことだから、

想像力も使い方次第ですよーって。