ウェブレター





ひさしぶり。元気にしてる?

先日、友達の、ベテランひきこもり系ニートくんといっしょに、履歴書を書いてきたよ。

ひとりで履歴書を書くの、つまんないなって思って。


で、その友達なんだけど、履歴欄に「ネトゲ廃神」としか書けなくて、

えらく困った表情をしててさ、とてもおもしろかったよ、これが。

何回か、「師匠、気をたしかに!こんなもん紙切れですから!!」って励ましたよ。

まったく、ぜんぜん師匠じゃないよね。

でもおもしろかった。

彼、「自己PR欄」にさ、あまりにも書くことがないから、

「コミュニケーション能力でいいんじゃない?」って。

事実、彼の「チャット能力」はとんでもないからね。
すぐに友達になっちゃうんだから。すごいよね。


あれ?ニートとか、ネットゲームとか、キミは知らないか。最近流行っているんだよ、こっちでは。


ま、そういうわけでさ、あいかわらずだよ、ボクは。

キミと出会った時から、ボクは何も成長していない。

もし、もう一度キミと会えるなら、まったく同じ自分を、キミに見せることができるよ。


あ、そうだ。

もう一人友人がいてさ、いっしょにネットラジオを始めたんだ。

『音楽好きと音楽嫌いによる音楽の話』っていうタイトルで。

昨日、その第四回を録音したよ。

よかったら聴いてみてよ。

『音楽好きと音楽嫌いによる音楽の話』


【Youtubeチャンネル】http://www.youtube.com/user/music2talk


ちょっと、距離が距離だから、聞こえにくかもしれない。

ダメもとで、音量をあげてみてよ。もし聞こえたらうれしい。


でもさ、

あのときと同じように、キミは言うのかな。

「フクモリの表現は、いつも自己満足だよね。ワタシ、つまらないよ」って。

ボクはあのとき、

「なにもやっていないのに、なにかをやっている人を批判する資格なんてない」と言った。

ボクはなんでキミにそんなことを言ってしまったのか、ひどく後悔しているよ。

だって、「なにもやっていない」のはボクのほうだったから。

自分のために「なにかをやっていた」ボクは、キミのために「なにもやっていなかった」。

ボク一人だけが、いつも感動していた。

キミといるのに、ボク一人だけが、いつも幸せだと思っていた。

ボクひとりだけが楽しんでいた。

それは、決して、「なにかをやっている」とは言わないよね。

むしろ、「なにもやっていない」と言うんだよ。

“なにもやっていなかった”。

…ああ、馬鹿すぎる。

「ボクは変わらなければならない」と思った。

急には無理だけど、少しずつ「自分だけではない表現」に向かおうと思った。

『夏の駄駄』っていう小説を書いた。まぁよかったら読んでみてよ。



きっと伝わるものがあるよ。そう信じている。

・・・

文章が長くなった。ボクの悪いクセだ。

またメールしていいかな?

いや、やっぱりやめておく。

返事がかえってこないと、落ち込んでしまうから(笑)

だから遠くで応援してるよ。これからも。

そもそも、キミの住んでいるところは、メールもインターネットもつながっていないし。ユーチューブもアマゾンもない。

んー、

キミのいるところが地獄ならわかるけどさ、天国なんだから、インターネットくらいつないでてほしいよね。


じゃあ、そろそろ別の小説を書き始めます。




『音楽好きと音楽嫌いによる音楽の話』


【Youtubeチャンネル】http://www.youtube.com/user/music2talk