活字克服 - 8つの荒療治 -


島崎藤村『破戒』

今でこそ読書が趣味のような人生であるが、

私は10代の頃、

活字、本を読むのがとても嫌いな人間であった。

いわゆる、活字苦手人間であった。

忙しいから読まないのではない、

単に、活字を読むのが苦手という、そんな私が、


「いかにして私は活字の苦手を克服したか」


以下、私の我流である。

読書家からすれば批判が多々あるだろうが、一例として譲歩願いたい。


「そもそもなぜ私は活字が苦手だったか」


まずは、それを把握しておくことが重要である。

私の場合は、

◇ 時間がかかる、読むのが面倒だ。


◇ 何を読んでいいのかわからない、読みたいものも別にない。


以上が大きな二点。

これらを解消することが「活字克服」に直結する。

たらたらと書いても仕方ないので、具体的な事を。


1. 古本屋の格安文庫本コーナーにまずは行く!


古本屋には、105円均一のコーナーなどがある。


そこに向かう。

「たくさんありすぎて困っちゃうよ」は、

この時点でかなり絞られる。

「友達が読んでいたから」「タイトルが気になったから」など、

なんでもよいから、ちょっとでも気に入ったものを手に取る。

文庫の裏には簡単な内容が書かれているので、それを参考にする。

探せば必ず、興味がでてくる小説はある。

値段も安いので気軽に買える。

2. まずは「短編」から!


最初は、「中編以下」のボリュームであるほうがよい。

活字苦手者は長いと読めない。読む気がしない。

長編小説など、砂漠を歩き続けるようなものである。

せっかく購入したにもかかわらず、
一度挫折したら、次の復帰は数年後になる可能性もある。


※私の場合は、芥川龍之介(短編が多い)。梶井基次郎『檸檬』などは格好ではないか。


3. 「読書って時間がかかるし…」という被害妄想!


読書は「毎日少しずつ読むもの」という考え方がある。

事実、活字苦手時代、私もそういう考え方だった。

面倒くさい、面倒くさいぞ!読書!と。

確かに、一冊の本を読破するには幾らかの時間を要する。

しかし、量の少ない本ならば、2~3日あれば読める、

いや、内容によっては、1日で読み終えられる。

書店ではそういった一週間もかからずして読める本のほうが、実は多い。

「読書って時間がかかるから面倒臭い」は、ネガティブな思い込みであることが多い。

武者小路実篤『友情』

4. わからない単語は無視!


本を読んでいると、意味がわからない単語がでてくる。

そこで挫折することがある。

すっとばして、次々と読んでいくのだ。

ひとつやふたつなら、わからなくてもストーリー全体を把握するうえでは、たいした支障はない。

もし、どーーーしても気になる、わからないと次に進めないという場合は、

辞書をまずひくまえに、

ざっと、ワンセンテンス、ツーセンテンス…読んでみる。

そうすると、

「このわからない単語は、なんとなくこういう意味だろうな」

と、予想できることが多い。

とりあえず強引に一冊読みきって、自信をつけるべし。

トルストイ『人生論』

5. 本は安い!


本は安い。

CDや服に比べれば、安い。
文庫本ならほとんどは1000円以下だ
なんなら、500円以下だ。

安い、安すぎるぞ!本!

古本屋に行けば、105円で買える文庫がたくさんある。

ちょっと高いカップ麺より安い。

ボーナスを待たずとも、小学校低学年の小遣い程度で買えてしまう。

※高額な学術書の場合、まずは図書館だ。
最近は図書館のサイトから検索&予約もできる。

カミュ『異邦人』


6. 本好きの仲間と議論をかわせ!


本は独りで読むものだ。

読後は余韻に浸るものだ。

充分に咀嚼した余韻後は、語るものだ。

1.読む! ⇒ 2.浸る! ⇒ 3.語る!

このプロセスに一度ハマると、ぬけられない。

それほどに、仲間と本を語るのは楽しい。
(酒など入れば、異常な熱を帯びることがある)

・共通の本で「語る」
・おすすめの本を「教わる」
・おすすめの本を「伝える」

こういったコミュニケーションが、読書していくモチベーションとなる。

又、Twitterなど、ネット上で簡単な感想を書いて見てもらうというだけでも、だいぶ違うと思う。

何でもそうだが、孤独ではなかなか続けられないものである。

周囲に本好きの仲間がいないか、一度探してみよう。

※ビジネス書や自己啓発書の類は、
この「語る」がなかなか出来にくく、一過性の読書で終わることがあるので、文学小説がやはり継続的な読書には向いているかもしれない。

芥川龍之介『羅生門・鼻』

7. 好きな作家を一人見つけよ!



様々な本を読んでみて、「この人の本おもしろいな」と思ったら、

その作家が書いた本を探して、読みまくる。

「その作家マスター」になるのだ。

それまで持ち合わせていなかった、読書の1つの基準ができる。

さらに、妙な、自信もつく。

この、“妙な”、というのがミソで、

一人の作家に詳しくなると、なぜか妙な、自信がつく。

(ちょっと自慢気、偉そうになってしまうのも最初は仕方ない…)

さらに、どの作家も、「その作家が好きな作家」というのがいる。

その作家が影響を受けた作家などは、Wikipedia等で調べれば出てくる。

例えば、
「芥川が好き」 → 「漱石の門下だった」 → 「よし、じゃあ漱石も読んでみよう」

そうしてどんどん掘り下げていけば、
「何を読んでいいかわからない」は半ば必然的に解消されていく。

夏目漱石全集

8. 電車、移動中に読めば楽しさ半減!



読書といえば、「電車、移動中に読むものだよね」、

いや、私は電車の中では「音楽を聴く派」だ。

さらにどちらかというと、移動中は休みたい

その習慣を変えてまでも本を読むこと、これは私には難しそうだ。

そもそも、そういったイメージは読書が、

「暇つぶしだ」「時間の有効活用だ」という解釈だと言える。

読書は、「電車の中が暇だから」という暇つぶし目的では続かない。

それでは読書が楽しくなりにくい。

活字苦手時代の私は、忙しさゆえではなく、単に本を読むのが苦手だった。

そこを解消できれば、

「空いた時間」に読むのではなく、読むために「時間を空ける」ようになる。

休日などに、家や喫茶店で、

ゆっくり、優雅に、オシャレに
、じっくり読む、

そうすれば、
車内や移動中よりも、
読書の楽しさを知ることができる。

というより、
あくせくした環境ではそもそも、その楽しさを知ることができないのかもしれない。



読書からすれば、「これはどうなんだろう…」と言われるかもしれないが(汗)、あくまで私の一例として。

活字が苦手な人というのは、

ほとんどが、ネガティブなイメージをもっているからだと思う。

それは単なる、イメージでしかない。

これをきっかけに読書に目覚めた人がいれば幸いである。