明日死ぬかもしれない可能性はどれくらいか?

花畑

よくいうよね…。

「人間、明日死ぬかもしれない」
「いつ死ぬかわからない」

って。

じっさい、ボクたちはそういった場面をみてきた。みてきたはずだ。

とつぜん、一瞬にして、多くの人が亡くなる。

本当は、いつ死んでもおかしくない。

だからこそ、毎日を必死に生きようと思える。


でも、ついついそのことを忘れちゃうよね?ボクはそうだよ。

これって、仕方ないんだよね。

「明日死ぬかもしれない」って言われても、「今日まで生きてきた経験」があるからね。

今日まで普通に生きてこれたから、明日死ぬ可能性も低いだろうって、考えてしまう。

「明日死ぬかもしれない」って言われても、ピンとこないんだよね…。

でもね、ちょっとこのへんをしっかり考えたいんだ。

よかったら続き、読んでみてよ。

がんばって書くからさ。



確率のお話



コインを100回投げてさ、

100回ともコインの『表(オモテ)』がでたとするじゃん?

じゃあ、101回目はなにがでると思う?


『表』でしょ! だって100回とも『表』だったんだから!」


うん、そうだよね。ふつう、そう思うよね。

でもね、確率の話でいったら、

101回目に『表』がでる確率と『裏』がでる確率は、同じなんだ。

どっちも同じ50%の確率。

それまで100回とも『表』がでてたのは、たまたまで。

101回目に『裏』がでる確率も、同じ50%なんだ。


「そんなことありえない!」って思うよね。

でもね、合理的に考えると、数学の世界では、そうなるんだ。

100回とも『表』がでても、101回目に『裏』がでる確率は同じ。


卵を壁にぶつけて、ニワトリがでてくる確率


卵とひよこ

なんとなーく、ここまで言ってること、わかってもらえたと思う。

じゃあ、ここからもっと、極端な例え話をいうよ。

卵を壁にむかって投げるじゃん?さぁ、どうなる?

「割れるに決まってんでしょ!割れて、どろ~ってなるよ!」

うん。

じゃ、聞くけど、なんでそう思う?

「いや、常識的に考えてそうだって!」

そうだね。

それは、これまでの『経験』からいって、そうだよね。

これはさっきのコインの例でいうと、

「100回とも『表』がでたから、101回目も『表』がでる」

という考え方なんだよね。

でも、ボクはこう言うんだよ。

「壁に向かって卵をなげて、ニワトリがでてくる可能性ってゼロじゃないよね?」って。


「そんなわけねーだろ!フクモリ、ついにお前は頭がおかしくなったのか!」


…ああ、ごめん!そだよね、ありえないよね。

でもさ、

そんな経験をしたことがないから、「そんなことはありえない」って思うんだね。

でもね、「ニワトリがでる可能性」は「ゼロ」ではないんだ。

かぎりなくゼロに近いけれど、「ぜったいにない」とは言い切れない。

ひょっとしたら、ニワトリがでてくるかもしれない。

「そんなわけない!」って、ぜったいに言い切れないんだね。

合理的に、数学で考えると。


明日死ぬ確率


たんぽぽ

ああ、でもごめん。

正直に言うよ。

「壁に卵を投げつけて、ニワトリがでてくる」って?

そんなわけねーだろ!って、ボクは思ってるよ。ぶっちゃけ。

だって、そんな確率、ほぼゼロだよ。ほぼ、ありえない。

科学的に考えても、ほぼ絶対にない。

たとえその可能性があるとしても、「確率、低すぎ!」って話。


ところでさ、

じゃあさ、ちょっと比べてみようか。

「壁に卵を投げつけて、ニワトリがでてくる確率」と「明日、死ぬ確率」、

どっちが高い?


「明日、死ぬ確率」のほうが高いよね。


「明日死ぬ確率」っていうのは、とても低いようにみえて、実は、『世の中にある色んな確率』と比較すると、けっこう高いほうなんだ。


いろんな確率、あるよね?

1億円の宝くじを当てる確率。
総理大臣になれる確率。

そういう、いろんな確率が世の中にはあるけど、

そのなかでも、「明日死ぬ確率」はけっこう高いほうなんだ。
ランキングでいうとね。

ボクはそう思ってる。

他と比較すると、実は意外と、「明日死ぬ確率」って高いよね?って。

卵をなげてニワトリでる確率よりも、ぜったいに高いよね…。

このへん、ちょっと忘れちゃうんだよね。

「明日死ぬわけねーだろ!」って、

いや、でもそんなことないよなぁ…って。他の確率と比べると。


で、あとさ、

ここまで言ってきた「死ぬ確率」っていうのは、『自分』の話なんだけど、

『大切な人』が死ぬ確率も、これと同じってこと。

自分が死ぬ確率と、大切な人が死ぬ確率は、同じなんだ。

ありえないようにみえて、けっこうあるってこと。

同じなんだよ、ワタシが死ぬ確率と、大切な人が死ぬ確率は。数学で、厳密に考えると。


・・・これ以上は書かない。

ボクが書くと気持ち悪くなるからね(笑)


***


ということでね、

これまでの経験から、ついついこれからを安易に予想しちゃう、

それは仕方ないけど、たまには数学で考えて、行動してみるのもいいかなって。

あ、ここまで読んでくれてありがとうね。

ボクが書く最期の文章かもしれないし、キミが読む最期の文章になるかもしれないし、

また会えることを願ってるよ。じゃあまたね。


生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)