西野カナの歌詞考察 (メジャーなのにサブカルに愛される人)

music


メジャーなのにサブカルに愛される人、西野カナについてちょっと書いてみる。

西野カナの歌詞についてなんですけど、

「いいじゃないか」と思うんですね、ボクは。

【参考】:西野カナ 歌詞リスト - 歌ネット


西野カナについて、

以下の4つを、順番に書いていきますね。

  1. 西野カナは、「シンプルな強調表現」をする
  2. 西野カナは、「アイデンティティ」という言葉を使わない
  3. 西野カナは、「手紙文」だからわかりやすい
  4. 西野カナの、「人間性」


西野カナは、「シンプルな強調表現」をする


おなじ言葉を二回使うんです。




シンプルですねぇ、実にシンプルでわかりやすい。

「伝いたいことを二度言う」、大事なことです。


ん?だれですか?

「ボキャブラリーがないだけじゃ…」と言った人は?

それについては、彼女はこう言ってます。


音楽番組『僕らの音楽』出演時に、
「例えば同じ“君って”と“君って”という言葉でも、きっとニュアンスや思いが違うので、色んな意味で捉えてもらえるかなと思っている」と説明している


ということですよ。

じゃ次、いきますよ。

反論を受け付けないスピードですすめますよ!


西野カナは、「アイデンティティ」という言葉を使わない


携帯電話


「アイデンティティ」
って、なにそれ?

ボクはそんなムズカシイ言葉、習ったことないので、よく知りません。

そんなボクやキミにおすすめ。

西野カナさんは、

「アイデンティティ」や「自我」というムズカシイ言葉を使わずに、

『私』という言葉ひとつ
で、それを表現してるよって。

これって、けっこう、できそうで、できないことでさ。

本人は無意識にやっているのかもしれないけども・・・。


まず、↓こちらの「私」をみてほしい。


私がみる「私」



主観的ですよね。

自分目線の「私」。


でもさ、「私」って、もうひとつあるよね。

自分が知っている「私」と、他人からみた「私」。

たとえば、これ。


他者目線がある「私」


  • 私以上にのことを知っているのはだけ 
  • あなたのために のために 思い合える奇跡を抱きしめたい 
  • 友達も大事なものも にはあるから 
  • の言葉ひとつだけで 舞い上がったり落ちたりして じゃないみたい 
  • の描く未来に はいるのかな


「他者目線」
があるんですね、ちゃんと。

他人から自分がどういうふうにみられているか、そういう目線があるんですよ。

たんなる自己チューな「私」だけを描いているわけじゃないんですって。


特にこの歌詞がね、わかりやすい。

以上にのことを知っているのは君だけ”

最初のほうの「私」は主観、

二番目の「私」は、彼氏(君)からみた「私」なんですね。

この二つの「私」は、異なる『私』なんですよ。

アイデンティティなんていう、かっこつけた言葉は決して使いませんよって。

“私じゃないみたい”(『Distance』)にいたっては、

つきつめて考えると、すっごい哲学的なことになってくるよ!

でも、なんか、感覚的にこの歌詞はわかりますよね。

哲学的にうんぬんかんぬん言わず
、感覚で歌詞を書いているのだろうね。


こういった「わかりやすさ」でいうと、文体もそうだね。


西野カナは、「手紙文」だからわかりやすい


ペン

口語文というより、「手紙文」といったほうがいいね。

西野カナの歌詞には、「私」「君」という言葉がたくさんでてくる。

これはつまりね、

私から君にあてた手紙になってるんですね、うん。


  • ありがとう 君がいてくれて本当によかったよ 
  • ずっと君だけの私でいるから 君に届けたい言葉 

このへんに関しては、いぜんツイートしたのをのせとくよ。





わかりやすいんだよ、手紙文だから。

伝えたいことだけを書いているから、別にその説明もいらないわけで。

西野カナの歌詞には無駄がない、あるいは、すべてが無駄であるかのどちらかなんだよね。


言葉の幼稚性に、多弁家は、一笑するか、嫉妬するか、

さぁ、、、どうでしょうね。


それにしても、

こういった、素直な手紙文を書けるっていうのは、

本人の人間性なんじゃないかな、やはり。


西野カナの、「人間性」(ボクの独断と偏見)


浜崎あゆみも倖田來未も前に出たよ、ガンガン、前に。

でも、西野カナはあまり前に出ない印象があって。控えめっつうかさ。

だから、彼女たちのような、扇動する存在にはなりにくいと思うんだよ。

そもそもオリジナリティとかアーティストとか、そういった響きに西野カナ自身、興味がないんじゃないか。「歌姫」とか。

「代わりがきく人形のような存在」であったとしても、別に不服を言わないんじゃないか。

それはマイナスな意味じゃなくて、「プロ」というか、

同じことを機械的にたんたんとやる、そういう「プロフェッショナル」なんじゃないかって。

体調も崩さない。わがままも言わない。スキャンダルもない。

ストレスなく仕事をやっているように見えるし。


安室奈美恵とかに比べたら、普通の人だよ。

でも、やっぱ普通じゃない。

普通の人間は、テレビにでて、有名になると「普通じゃなくなる」じゃないっすか。

それが、今現在も「普通である」

っていうのは「やっぱ普通じゃないよなぁ」と、ボクは思うんですね。


***


まとめるとさ、

こむずかしい、わけのわかんない、わかりにくい、衒学的な歌詞より、

西野カナのような、わかりやすい、素直な歌詞のほうがいいんじゃないのって。

好印象だし。

そう思うんですよね。

(ちなみにボクも同じ「三重県出身」です)



to LOVE【初回生産限定盤】CD+DVD

Love Place

音楽関連の記事