「いい歌」について思ったこと、「感情」と「気分」の違い




おはよう。

音楽嫌いの私が、今から幼稚なことを書きますよ。

子供の言うことだから、批判しないでよ。


一般的に、歌は2つでできている。

「メロディー」「歌詞」だ。


「歌詞をメロディーにのせて歌う」という王道でいうと、まぁ、そうなんじゃないのって。

おもいきって、わかりやすく、その2つで考えようじゃないか、今日は。

そんなにがやがや言うなよ。ボクだってがんばって書こうと思っているんだからさ。


「歌詞と感情」「メロディーと気分」


でー、今日、いちばん書きたいことはね、

  • 「歌詞」は「感情」を動かす
  • 「メロディー」は「気分」を動かす

まぁそういうこと。


「おいおい、フクモリ、『感情』と『気分』って、どうちがうんだい?」


それは今から説明するよ。


「感情」と「気分」の違い


※今から書くのはボク個人の考え方ですよ。


「感情」とは「喜怒哀楽」の四つ

ひとまず、この4つにしようじゃないか。


「おい、フクモリ、感情をそんなにシンプルに、4つだけと言ってしまっていいのか?」


そう、そのとおりだ。

たとえば、、、そうだな。

「むなしい」
とかが、そうだな。

あと、「不安」「ドキドキ」とかもそうだ。

これらは「喜怒哀楽」にカテゴライズされない。

で、ボクが言いたいのは、

こういった「喜怒哀楽」以外の感情のことを『気分』という、

ってことだ。

不安とか、むなしいとか、ドキドキとか、そういうのを「気分」っていうんだね。


さぁ、話を戻すよ。

「歌詞は感情を動かす」ってこと。

よくいるじゃん?

歌を聴いて泣く人とか。「救われた」とか言う人。

あれ、だいたい、「歌詞」が多いよ。

歌詞への共感とか、歌詞に励まされるとか。

まぁそんな感じで、

歌詞は、感情を、つまり「喜怒哀楽」にうったえかけるんだってこと。


で、「メロディー」は、まぁ、「リズム」って言っちゃってもいいんだけどね、それは「気分」を動かすんだよ。

たとえば、

アップテンポの曲を聴いてたら「元気が出てくる」とか、

バラードを聞いてたら「しんみりしてくる」とかね。

あれは、「メロディー」が「気分」に作用しているんだね。

「気分」を変えるのが「メロディー」ってこと。



人間の状態


「人間の状態」っていうのは、そのときの「感情」と「気分」のこと。


そうだな、、、

たとえば、「から元気」って言葉あるでしょ?

あれは、「感情」は元気なんだけど、

「気分」がそれについていってない状態のことね。

んで、

「から元気」じゃない、ちゃんとした「元気」は、

「感情」も「気分」も、両方とも「元気」な状態のこと。


ん?

「人を元気にさせる歌をつくりたい」って?

じゃあ、「歌詞」と「メロディー」、そのどちらもが「元気にさせるもの」でなくてはならないね。

どちらか片方だけが、その役割をもっていても、

「感情」と「気分」の片方にしか作用しない。


片方だと、それは、人間の状態を「完全に」動かすとは言いがたいからさ。

人間の状態は、「感情」と「気分」、この2つだからね。

ToDoのつまり、

「感情」と「気分」、この2つの違いを理解しておかなきゃ、「いい歌」はつくれないんじゃないの?って


たぶんだけどね。

ちなみに、「ゆず」の楽曲とか、これを実行しているよねって、そう思うよ。


***

まぁ、そんだけのことを今日は書きたかっただけ。

幼稚な話でごめんね。

音楽詳しい人、ほんとごめんね。

じゃあまたね。

音楽関連の記事