会社勤めの人が本名でネットをやるのはよいか?



ボクは今、「本名」でツイッターやこのサイトをやっているんだけど、

そうだなー、

ボクは今、就活中でさ、

かりにもし、どこかの会社でつとめることになったら、

「これ、本名でやり続けてていいの?」
という問題があるのさ。


ん?

いや、いいんじゃないの?

まぁ、ないっちゃないんだけど。

バイトだったらね、いいと思うんだけど、

正社員だったら、それなりに問題はあるのかもねって。


問題点


ツイッターとか、ミクシィとかいろいろあるけどさ、

今回は「ブログ」に的をしぼるね。

「仕事してる人が本名でブログをやるのはどうなの?」ってこと。

いくつか問題あるよね。


不謹慎なことを書いてはいけない


会社に迷惑かかるようなこと、ネットに書いちゃいけないよねって。

「やるなら匿名でやってよ」って。

いち社員とはいえ、「会社のイメージ」ってもんがあるんだし。

できれば本名でやるのはやめてほしい、

そんな会社の言い分も、ちょっとわかるよね。

顧客にみつかってしまって、もし不快をあたえるような内容だったら、ダメだよね、うん。


組織の不和につながる


おなじ会社につとめる人に、本名検索とかされて、見つかることは、まぁ、たぶんあるよね。

で、ブログにさ、自分の考え方や、仕事の価値観とか書いてたりするとさ、

「その考え方、会社的に違うよ」とかさ、

「ブログ書いてる暇あったら仕事しろ」とかさ、

「こんなこと考えてたのか。こいつのこと嫌いになった」とかさ、

会社は組織だから、その集合をみだすようなことは、いけないよね。

ブログの内容によっては、ともすれば、危険因子あつかいになってしまうよ。


あ、ちなみにさ、絶対にやっちゃいけないこともあるよね。

それもいちおう書いとくよ。


絶対にやっちゃいけないこと


無論だけど、会社の愚痴を本名で書くなんていうのは論外だよ。論外。

あと、会社の名前も書かないほうがいいよ。(当たり前か)

ブログの内容がどれだけ素晴らしくても、これは最低限の礼儀のような気がするな。

「本名」で活動するのは自由だけど、
「会社名」はオマエの自由じゃないよってこと。


最初にも書いたけど、会社のイメージってもんがあって、それに守られてる立場でもあるんだから、そこは尊重しようねって。



・・・じゃあ、やっぱり、

「会社勤めの人が本名でネットをやるのはダメなの?」



いや、ボクはそう思わないよ。いまの時代。

匿名でもいいけど、本名でやってもいいと思うよ。


本名でネット利用するメリット




たとえば、営業マンだったらさ、

ボクは、本名でブログやってもいいんじゃないの?って思うんですよ。

それが、本人の売りになるじゃん。


営業は、商品よりもさきに、『自分』が商材だよね。

その営業マン個人に魅力がなかったら、商品買ってもらえないよって。たぶん、そうだよね。


そりゃ、組織的なプレーもほんと大事だけど、

営業に限っていえば、個人プレーの割合がおおきい。「個人勝負」っていうかさ。


つまりね、ボクの考え方だけど、

会社の看板や、商材に頼るだけじゃダメで、

個人は個人で、「自分の魅力を高める努力」をしよう
って。

で、ネット上で本名でブログをやるっていうのは、少しはそれに貢献するんじゃないって?



本名で、多くの人にほめられるようなブログを書いたとする。

本名で、ツイッターのフォロワーがたくさんいたとする。

そういう人材がいることはさ、ボクは決して会社にとって、マイナスにはならないと思うよ。

むしろプラスに運ぶことが、いろいろなケースであると思う。


もちろん、リスクもあるけどさ。

ネットで本名で活動していると、逆に、自分という商品の価値をさげてしまうこともある。

でもさ、

「売上だせやー!」って言ってくるのが会社で、

「ふつうに営業やってるだけじゃ勝ち残れないよ」っていうのが、ビジネスだったりするじゃん。


会社とは別になってしまうけど、

「本名」でブログやネットを利用する、

そこに、単なる一社員の「オリジナリティ」を作れる可能性があってさ。

魅力とタフさをかねた、オリジナリティある一個の営業マン、


そういう人材は、会社にとってもいいことだと思うんだよね。


というか、そういう時代になってきてると思うんだよ。

もっともっと、個人活動を行なって、アピールして、

魅力的な「一社員」を企業は求めているし、ボクはそうなりたいと思うよ。

「本名でネットをやるな」って、体質的に古臭いような気がするんだよね。



うん。。。

まぁ、ボク、今、フリーターだけどね!

がんばります!はい!