愛とは?愛を感じるとは?お金とは?




「愛とは何か」

「お金である」

お金をあたえることである。

お金をもらうことである。



…こんなこと言うと、批判をあびそうだな。

でもボクはそう思うんだよね。

ちょっと、例をあげみるよ。


愛とはお金である





好きな恋人がいる。

その恋人には、ほしいものがある。

「買ってあげたい」と思わないですか?

ボクは買ってあげたいと思うな。


自分をここまで育ててくれた親。

今ではすっかり年をとってしまった。

そんな親が、「いっぺんでいいからハワイに行ってみたいわ」と言っている。

「連れて行ってあげたい」と思いませんか?


自分の子供に「うまいもんを食わせてやりたい」と思いませんか?


大好きな後輩に「食事代を払ってやりたい」と思いませんか?


***


こういうの、「愛」っぽくないですか?

ボクは、こういうの、「愛」だなぁって思うんすよ。

いくつか例をあげたけど、あげればきりがないんだけどさ。

これ、ぜんぶお金がかかわっているよね。


復唱するけど、

「愛とは何か」

「お金である」

お金をあたえることである。
お金をもらうことである。



・・・

ちょっと待てい!!

はたして、それで『愛を感じることができるのか』。

うむ、ごもっともだ。

「愛とは何か、お金である」、それはわかった、

でもそれで愛を感じられなかったら、意味ないよねって。

うむ。


「愛を感じる」とは?




さっき、いくつか例をあげたけど、

これって、「愛をあたえる側」の話だ。


もう、先に結論言っちゃうよ。


「愛をあたえる側」は「愛を感じられない」。

「愛をうけとる側」が「愛を感じることができる」。



・・・そうだな、ちょっと思い出してほしい。

これまで生きてきて「愛を感じたこと」ってあると思うんだ。

ちょっとその場面を思い出してね。


そのときって、「愛をうけとる側」だったんじゃない?

「愛をあたえる側」ではないよね?たぶんだけど。


おっそろしいことを言うけどね、

恋人にプレゼントを買ってあげても、
親を旅行に連れて行ってあげても、

自分は「愛を感じることができない」んだよ。

この場面には、たしかに「愛はある」。

でも、「愛を感じている」のは、片方なんだ。

「愛をあたえる側」ではなくて、

「愛をうけとる側」が愛を感じるのさ。


プレゼントをもらう側、
旅行に連れて行ってもらう側、

「私が愛をうけとる側」であるとき、愛を感じるんだね。


「愛をあたえよう」と思っているけど、自分は愛を感じることができない。

じゃあ、どうやったら「愛をうけとる側」に自分がなれるのか。


それでも「愛をあたえる側」に立つこと




第二の結論いっちゃうよ。

「愛をあたえる側」に立たなければ、
「愛をうけとる側」に立てないということ。



どういう人に、愛をあたえたいと思う?

自分に「愛をくれた人」に、愛をあたえたいと思うよね?ふつう。


「愛をあたえる側」では、愛を感じることはできない。

けれど、「愛をあたえる側」でなければ、「愛をうけとる側」には立てないんだね。


だから、つまり、

「愛をあたえよう」と思うことは、最終的に「愛をうけとる側」へとつながり、そして、「愛を感じること」につながるんだね。

意味ないってことはないってことだよ。愛をあたえようと思うことに。


***


なんか、最終的に当たり前の結論になっちゃったな。つまんないな。

あと、やっぱり愛には、お金がからむと思うよ。

「フクモリ、嫌われ役をかってるなぁー!」と、どうか言ってくれ。

ボクは、お金で人を幸せにしたいと思うときがあるんだな。うん、間違ってるかもしれない。まぁいい。

じゃあまたね。もう寝るよ。