YouTube MUSIC WEEK:日付ごとの配信スケジュール


YouTube MUSIC WEEK なるものが先日から配信されている。


非常におもしろそう、なんですが…


「これ、なんやねん? ようわからんし、配信スケジュールがわかりにくいんですけど!


と、個人的に思っていたので、自分なりにわかりやすくしてみる。





YouTube MUSIC WEEK




YouTube MUSIC WEEK - YouTube YouTube MUSIC WEEK - YouTube

YouTube Japan Blog: YouTube MUSIC WEEK 開催。AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバーら、豪華アーティスト16 組の参加決定! YouTube Japan Blog: YouTube MUSIC WEEK 開催。AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバーら、豪華アーティスト16 組の参加決定!


概要


“YouTubeで人気のパートナー16組が参加する音楽動画コンテンツの祭典”

YouTubeは4月27日(土)~5月6日(月・休)、国内 のアーティスト16組が参加する「YouTube MUSIC WEEK」を開催します。参加アーティストのライブを生配信するほか、過去のライブ映像を期間限定で公開するなど、さまざまな音楽コンテンツを配信します。


内容


  1. ライブ生配信
    AKB48 グループ(4/28)、きゃりーぱみゅぱみゅ (4/29)
  2. ライブ映像の期間限定公開
    ゴールデンボンバー(期間中毎日)、AAA (4/29)、NIGHTMARE (5/1)、湘南乃風 (5/3)、倖田來未(5/3)、flumpool (5/4)、浜崎あゆみ (5/4)
  3. オリジナル音楽番組
    SEKAI NO OWARI (4/27&5/2)、BOOM BOOM SATELLITES (4/30)、livetune
    (5/4)、ヒャダイン (5/4)、VERBAL (5/5)、電気グルーヴ (5/6)
  4. 特別映像の期間限定公開
    やくしまるえつこ5/3


こんな感じで、16組のアーティストがやるんだけど、

それぞれバラバラ。統一性がまったくない。

わかりにくい。わかりにくいよー。


日付ごとにわけてくれたほうが、わかりやすいような…。

とうことで、やってみる。


“YouTube MUSIC WEEK” 日付ごとのスケジュール



期間:4月27日~5月6日




以上です。

youtubeチャンネルの新デザインでRSS取得ができない問題と、Google+のRSS取得方法



youtubeチャンネルの新デザインでRSS取得ができない問題


youtubeのチャンネルページ、そのデザインが新しくなった。

まだ旧デザインでも利用できるみたいだけど、

新デザインだと、チャンネル動画のRSSフィードをうまく取得できない。

(※ボクがそのやり方を知らないだけかもしれないが…)

旧デザインのときは簡単にできたのになぁ…。


youtubeの「チャンネル登録」をしてもいいんだけど、

RSSリーダに取り込んで一括管理したい。

どうしたもんかなぁ…と、あれこれ思ってると、

そのチャンネルページに配信者の「Google+」がリンクしてある。

で、みてみたら、Google+にアップした動画がのってる。同期してある模様。

なるほど、じゃあGoogle+の投稿のRSSフィードを取得すればいいんだと。



Google+の投稿RSSフィードを取得する方法



ググってみたら、いろいろやり方あるみたいなんだけど、

ボクが使わせてもらったツールはコレ↓


やり方はめちゃめちゃ簡単で…。

http://dlvritplus.appspot.com/の後ろに、そのGoogle+の数字 IDを足すだけ。


たとえば、ボクのGoogle+だったら、


この、最後の数字を[http://dlvritplus.appspot.com/]の後ろに足せば、RSSフィードを取得できる。

こんな感じ↓


あとは、RSSをリーダにつっこめば完了。


***


とりあえず、こんな感じでyoutubeチャンネル新デザインのRSSフィードを取得しているんだけど、いうまでもなく、

配信者がGoogle+に動画を同期させてなかったら意味がない(汗)


んー、どうやって新デザインでRSS取得するんだろ?汗

なんかやり方あるんかな?わからん…。



関連記事



映画『愛と誠』がおもしろい!



いや、おもしろかったっすね。これは。

先日、映画『愛のむきだし』を見て。

個人的に、あまり好きになれなくて、

で、次に見たのが、『愛と誠』

おもしろかったです。


【ストーリー】
ブルジョア一家の令嬢・早乙女愛は幼少期、雪山で見知らぬ少年に助けられた。その出来事は、彼女の心に“白馬の騎士との出会い"として、強烈な思い出となり刻み込まれた―。
それから11年後の1972年、新宿地下街。愛(武井咲)の前に現れたのは、超不良の太賀誠(妻夫木聡)。
それは運命の再会だった―。
不幸な少年時代の復 讐を胸に東京へやって来た誠は不良グループとの殴り合いのケンカの果て、上京早々少年院送りに…。
運命の人との再会を果たした愛は、誠を更生させるため、 両親に頼み込み、名門青葉台学園に誠を編入させる。
さらにはアパートや学費を用意し、誠を更生させることを宣言するが…。

【キャスト】
妻夫木聡、武井咲

【劇中歌】
「激しい恋」「空に太陽があるかぎり」
「あの素晴しい愛をもう一度」「夢は夜ひらく」
「酒と泪と男と女」 「オオカミ少年ケンのテーマ」「また逢う日まで」「曙」「愛のために」「愛と誠のファンタジア」


感想


『愛の~』みたく、それぞれの人物像を4時間かけてしっかり描かなくても、「一曲の歌」を背景にしてしまうことで、鑑賞者の想像力が、描かれてない部分を含めて、人物像を脳内補完する。

且つ、物語が漫画的なベタであり、キャラクターの想像がしやすい親切設計となっている。

「歌が長い」という声があるが、これは想像(というより妄想)させるための猶予であって、鑑賞者の能動に一任している。

それはある意味、無責任な作りといえるが、私なぞは、一曲が流れている間に、どういった性格かはもちろんのこと、育ち、家族、産まれてから今現在まで、隅々まで想像を巡らせた。

そういった空想好きにはたまらない“間(ま)”である。


しかも最後が感動であるから、これはいい映画だなぁ、と。

ふざけ半分の展開から、はからずも感動するラストシーン。奇手に見せかけた、定跡通りの落ち着いたコマの進め方で、あっけなく感動負けしてしまった。


『走れメロス』の友情が創作上にしか存在しないイデアであるように、無垢な純愛もまた、リアルでないマンガ調にして描くほうが表現しやすい、あるいはそういう形でしか表現できないのかもしれない。




bitlyのクリックアクセス数を簡単に調べる方法


この前、友達にいったら、

「え?それ知らなかったです」と言われたので、メモしておきます。

自分は知ってても、他の人は意外と知らないものですね。





bitlyのクリックアクセス数を簡単に調べる


bitlyとはいわずもがな、短縮URLサービスです。




Twitterなど、文字数制限があるときに、便利です。

が、最近はTwitterでも自動でURL短縮してくれる、

「なので、bitlyの必要性がないのでは?」

と友達に言われたのですが、

「いや、短縮サービス使ったら、クリック数調べられんじゃん?」と。


で、本題、やり方ですが、一文で済みます。


  • bitlyで短縮したURLの最後に「+」を付ける。


以上です…。

で、ページを開くと、

bitlyアクセス解析

こんな感じで、日ごとのクリック数だけでなく、Twitterからとか、どこ経由でアクセスがあったかもわかります。


もちろん直接、bitlyのサイトからも見れますが、

手っ取り早くみたいときや、たくさんURL短縮しちゃって探すのがめんどいときは、この方法が便利だと思います。

ただし、bitlyですと、この方法を使えばだれでもクリック数をみることができるので、見られたくない人は他の短縮サービスのほうがいいかもしれません。


URL短縮サービスには他にもいろいろあります。

クリック数も調べられます。


URL短縮サービス



このへんは有名ドコロですが、他にも山のようにURL短縮サービスはあります(ググってみたら大量にありました…)。


個人的にはGoogle URL Shortenerbitly、このふたつで事足りています…。

以上です。

小学校からハーモニカが消えた本当の理由

音楽のスキマ!


『音楽のスキマ!』


第十二回を録音しました。

今回は「小学校からハーモニカが消えた理由」について、エンタメ調に考えてみました。よろしければご試聴を。


第十二回「小学校からハーモニカが消えた本当の理由」




【キーワード】:消えゆくハーモニカ/鍵盤ハーモニカやリコーダーとの違い/カホン/リズム感/アコギ/色々な先生がいたほうがいい?/ももクロの新しいアルバム/ハロプロ


番組名の変更と公式Twitterアカウント


ラジオ内でもお話しましたが、『音楽好きと音楽嫌いによる音楽の話』という名前を変更し

今後は、『音楽のスキマ!』という番組名でお送ります。

よろしくお願いします。

加えて、

『音楽のスキマ!』の公式Twitterアカウントを作成しました。


ラジオのことだけでなく、音楽に関するスキマ情報を厳選して、ツイートしていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。



『音楽のスキマ!』


音楽のスキマ!
Youtube Channel

Twitter : @MUSICA_SUKIMA

キーワードを指定してRSS購読する方法


やっぱり、RSSは便利だ。

これ使ってないの、もったいないって思うくらい。

「RSSって何?」って人は、ちょっと説明に時間がかかるので…今回は省きます。

ネット上でよく見かけるこういうやつ↓

RSSアイコン画像

RSSについては、またいつか書けたらと思うんだけど、ググってみてください。


【指定したキーワードを含むニュース】をRSS購読する



で、個人的に、「これやっぱ最強だな」って思う使い方が、

【指定したキーワードを含むニュース】をRSSで流すという使い方。

効率よく情報を収集できる。


たとえば、「芥川龍之介」について、日々のネットニュースを知りたいとするじゃない?

別に、ミスチルでもなんでもいいんだけど。

んで、ボクがいつも使わせてもらってるのが下のサイト。ほんと便利でありがとうございます。




  1. サイトの窓に、【キーワード(芥川龍之介)】を入れる。
  2. 取得件数をテキトウに選択する。
  3. 指定したキーワード【芥川龍之介】を含むニュースのRSSを所得できる。

    例)芥川龍之介 : 日本語版Google News(ニュース)のRSS・Atom 
  4. これをRSSリーダに取り込む。以上。


指定したキーワードを含むニュースがあったとき、教えてくれる。そのニュースを流してくれる。


具体的にボクはどうやって使ってるかっていうと、

いま、ボクは『音楽のスキマ!』っていうラジオをやってて、

その公式Twitterアカウントで、音楽の情報を流したりしてる。

これ、どうやって調べているかっていうと、

この【指定したキーワードを含むニュース】をRSS購読するっていうやり方です。

いちいち、調べなくても、自動で音楽のニュースが流れてくるんだから、んで、その中から、興味あるものをツイートすればいいという手法。


Google Reader
Google Reader
(※Googleリーダは7月で終わります…)

↑こんな感じで、日々の音楽ニュースをチェックできるわけです。


同じ情報がかぶって配信される、大量すぎて読み切れない、といった難点があるけど、そういうときはキーワードをより具体的にするといいと思います。

効率よくネット上で情報を収集するには便利だと思います。


***


ちなみに、このブログもRSSがあります。

よかったらどうぞ。


福森亮太ブログ:RSSフィード





関連記事



ユニクロはブラック企業?



ユニクロについて色々話題になってるので、ちょっと書いてみる。

厨二病の戯言ですので、真剣に読まないでください。



ユニクロはブラック企業?


ユニクロの新卒社員の3年内離職率は実に5割前後で推移している。数百人単位で新卒社員を採用する大企業としては、極めて異例の高水準だ。

将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない


これらの記事を読むと、なにやらブラック企業臭いぞ…と。

「社員殺しだ!」っちゅうわけですね…。


こっからボクの意見を書くけど。

正直、この、年収100万についてだけど、

ボクは、「まぁ安いけど、生活できないわけじゃないな」って思ったり。

ボクは、年収100万あれば、けっこう、ふつうに生きていける。

そりゃあ贅沢もできないし、家族養うとかってなったら話は180度変わるけど、今現在、一人で生きていくぶんには、100万もらえたら全力で節約して生活していきます。

というか、そんな余裕がなくて。結婚する余裕もなくて。

「年収100万でもいいから雇ってください」っていう人がいて、そういう人からすれば、年収100万でもじゅうぶんだったりする。

どこでもいいから、とにかく働かせてくれるところ、

まずは「次月の家賃」を払うために、雇い口を探しているような人はいて、

そういう人からすれば、年収100万っていうのは、そこまで問題ではなくて、

それくらいに早急に切羽詰まってる人がいる。

まずは来月の家賃問題。


自分がそこで働くかもしれない未来



で、次に高離職率についてだけど、

以前、ボクは(「ブラック企業」とは人を騙して金をとる仕事)という記事を書いた。

こういうのが人徳に反する、最もブラックな企業だとボクは思ってる。論外、ブラック、完全にアウト。

「低賃金で過剰労働」「高離職率、ポイ捨て」、これも「社員から賃金という金を騙し取っている」ようなもんだから、これはこれでブラックだと思う。

でも、繰り返しになるけど、もう、そんな余裕がないって人もいる。

低賃金で過剰労働させられても、そうしなきゃ生活していけない人がいて。他に仕事口も見つからなくて。家族もいないし。

こういった人たちもいる、という視点、

切羽詰まった人からすれば「ユニクロがブラックだろうと関係ない」、という視点、

ボクはちょっと、そういう視点もあって、いちがいに糾弾しきれないんだよ。

みんながワッと「この企業はブラックだ!」って叩いている中、

そこでいっしょになって拳をあげる勇気、ちょっとボクにはないんだよ。

「ごめん、オレ、ブラック企業で働くことになったわ」って、

しぶしぶ現実に負けて、生活していけない現実に負けて、

『そこで働くことになる未来』を、ボクは完全に否定することができないんだよ。

ひょっとしたらそういう未来がボクにもあるかもしれないって。(というか、現状ほとんどそうだし)。

とんでもなく生活が切羽詰まってて、仕事口も全然決まんなくて、そんなときに、

「年収100万で離職率も高いけど、ウチに来ないか?キミは死ぬほどしんどいだろうが、人を騙すような仕事ではない」って言われたら、

オレ、いくかもしんないよ。っていうか多分いく。

口車にのせられているのかもしれないけど、それしか仕事の選択肢がない状況なら、選ぶしかないでしょう。

だから、今、世間といっしょになって、「ユニクロ、ブラックだぜ。あそこダメだぜ」なんて、言えない自分がいる。

というか、言える勇気はない


ユニクロがブラックがどうかは自分にはわからない、たとえブラックであっても、生き抜かなければならない現実と生活がある。

それに、商売自体は人を騙すものではないし、むしろ人に喜ばれる仕事だし、ブラックだといって断定的に批判するのはどうかと思う。

それではこのへんで。


関連記事



楽しいこと、夢中になれるもの、迷ったときの道しるべ


ときおりね、絶望感みたいなものにおそわれて、

ぜんぶがイヤになっちゃうことってあるもんです。

んで、

考えなければならない問題、避けて通れない問題があるのに、

ほんとうはそれと向かい合んなきゃならないのに、現実逃避しちゃんですよね。

時間だけが、ただただ、過ぎ去っていく。

月~金までが、高速に終わっていく。

こりゃ「現実逃避」ですよ。

現実逃避しているから、時間の流れが早く、かつ、虚しく感じる

まあ、それはいいとして、

こうね、人生の価値みたいなものを見失ってしまって、

日常がつまんなくなるときはあるもんです。

そんなときに、思い出さなきゃならないのが、

てか、思い出せることが大事なんですけど、

「私は何をしている時が一番楽しいか」

それを、きっちりわかっているかどうかだな、と。


楽しいこと、幸せだと思う瞬間



最近さ、もう、ヤだよって、人生、もう終わってしまっていいよって、

なんか、イライラして、悔しくなって、情けなくて、

ああ、オレはいい年して何やってんだろう、って。

まぁね、自分の弱さなんですけども、情緒不安定MAXで。

で、ふとね、枕元の小説が目に入って。

手にとって、パラパラとめくってみたら、おもしろくってさ。

ほんとうに、楽しいんだよね、小説を読むってことは。

で、「ああ、ボクは小説を読んでいるときが一番シアワセだ」と思った。

落ちてたんですよね。シアワセがそこに。たった一冊の小説ですけど。

バカみたいな話ですけど、なんだか泣けてくるんですね。苦しかったからか、幸せだからか。


現実逃避は「楽しくない」


「でも、あれ? これも現実逃避じゃねぇか?」って、

そんとき思ったんですけど、どうやら違うんですよ。

ボクはスマートフォンやパソコンを使って、夢中でネットサーフィンをしたりするんだけど、

でも実は、ぜんぜんおもんないんですよ、楽しくない、

いろんなことを忘れることはできるけど、まったく楽しくない。

つまり、ボクにとってネットやテレビは単なる現実逃避や暇つぶしでしかない。

一方で、小説を読むのは、楽しくって仕方ない。

ネットやテレビと違って、心の底から楽しいんですよ。幸福感さえある。

ここなんですね、

「それが現実逃避であるかどうか」は、「それが楽しいかどうか」。


ほんまに、心の底から、わくわくして、楽しくて、うれしくて、シアワセで、

そう思えるものなら、そりゃあもう、現実逃避なんかじゃない。


楽しいこと、迷ったときの道しるべ



心から楽しいと思える瞬間があること、

それは、生きていくうえでの、ひとつの「道しるべ」となる。

「道しるべ」ってのは、迷ったとき、非常に大事なんだね。

楽しくない瞬間が続くと、それがこの先も続くんじゃないかと思ってしまう。

そんなときにね、楽しい瞬間を思い出せるかどうか。

自分は何をしている時が一番楽しいか、夢中になれるもの、

それを把握しておかなきゃ、ボクらは「楽しくない瞬間の連続」にのみこまれてしまう。

うっかりしてると、その渦の中にのまれていってしまうんだよ。

つまらないだらけの森林に迷い込んでしまって、なかなか抜け出せない。暗闇の、どん底。

そんなとき、迷ったとき、問うてみる。命がけで問うてみる。

「自分は何をしている時が一番楽しいか」

もしもそれがあるならば、そこに戻ってみようじゃないか。その道しるべに。

というか、『そこ』なら戻れるんだよな。


イタイやつでも、ちょっと精神的に病んでても、

「楽しいこと」なら、『そこ』に戻れる。

「夢中になって楽しいと思えること」、それは迷っても戻ることができる「道しるべ」であると同時に、入り口、スタート地点でもある。

いろいろと迷っていても、「自分が心から楽しいと思えること」があるなら、

それを把握しているなら、何度も思い出して、また『そこ』から始められる。

そういう便利なもんだよな、「楽しいと思える瞬間」ってのは。


ないなら、ないでよくて。

それは日常が充実している証拠で、どこにも迷い込んでいない(と思う)。


***


まぁ、こんなかんじで今日もえらっそうに書いたけど…、またきてくださいよ、先輩。

キャノン互換インク。純正との価格差が酷い…


インク、プリンタのインク、

いままで量販店で買ってたけど、あまりに安いから、Amazonで買った。

価格がちがいすぎる。

いや、ほんと。


純正インクと互換インクの価格差



ボクは、キャノンのMP600っていう、けっこう古いプリンタを使ってるんだけど。

この前、そのインクをAmazonで注文して。


canon互換インク 5色セット BCI-7E+9/5MP       : ノーブランド
2013/04/18時点
canon互換インク 5色セット BCI-7E+9/5MP


いや、安すぎでしょ370円て…

五色セットで、ですよ。


もちろん海外製のノーブランドだし、

保証がきかないとか、故障のおそれがあるとか、発色が悪いとか、

そのへんのリスクはある。

が、それしたって安すぎるでしょ!これは。


純正インクと比べてみると一目瞭然。



¥ 4,136

ノーブランドは¥ 370


これは、価格が違いすぎるって。

3,000円以上、10倍以上の差……これはいくらなんでも。


ちなみに純正は単色でも800円以上はする



海外製のノーブランドが安すぎるのか、純正が高すぎるのか、どっちでしょう。


互換インクの質



とはいっても、いくら安くても、

「商品だいじょうぶなの?」って。

これだけ安かったら心配になる。

いちおう、Amazonのカスタマーレビューも、そこまで悪くなかったから、注文してみた。

で、封筒で届いた。

amazonインク

こんな感じで、簡易的な包装。

さっそく使ってみたら、まぁ普通に使えた。

発色具合は、純正より良くはないだろうけど、そこまで気にならない。

というか、写真とか印刷しないし、自宅でテキトーなもん印刷するぶんには、あまり気にならん。

それにどうせ古いプリンタだし、発色には期待していない、壊れても、まぁいっかって感じ。

3000円以上の差を考えると、じゅうぶん。コスパを考えると。


でも、「純正のほうがいい」のは間違いなくて、互換インクでプリンタが故障したら、保証とかきかないらしいから、お金に余裕があるなら、やはり純正かな。うん。

あと、ブランド志向の人ならやっぱ純正にこだわるだろうね。


ほかにもキャノンの代表的(?)な五色インクをのせておきます。

純正の価格と比較してみるとおもしろいかも。

※レビューなどは2013/04/18時点です。


BCI-326+325/5MP


キヤノン 【互換インク】 5色セット(黒 赤 青 黄 325黒) BCI-326+325/5MP


キヤノン 【互換インク】 5色セット(黒 赤 青 黄 325黒) BCI-326+325/5MP

純正





BCI-321+320/5MP


canon互換インク 5色セット BCI-321+320/5MP

canon互換インク 5色セット BCI-321+320/5MP

純正






他の型番や、エプソンとか他のメーカーのインクも、探ればこれくらいの価格のものがあると思います…↓





しかし、ここまで純正との価格差があると、純正も困るでしょうね(-_-;)いくらモノが良くても。


というか、そろそろ新しいプリンタ複合機を買わねば…。型番が古すぎる。


評価の高いキャノンプリンタ・複合機










Twitterとブログの違い

twitter

日本一、てきとうで、だらだらした、ツイッターとブログの比較をしてみる。

びっくりするくらい、感覚のみで書くので注意。


Twitterとブログの違い



  1. 文字数
  2. 気軽、簡単
  3. 空間性
  4. メモとノート


文字数


言うまでもなく。

ツイッターは140文字以内、ブログは140字以上書ける。

という、文字数の違い。

140字は、簡潔で、わかりやすくて。

でもソレ以上書きたい、あるいはソレ以上読みたいって人は、ブログにいくのかな。

(まぁ、140字とか関係なく、3000文字を分割してツイートしまくるってのもあるけど)


気軽、簡単


ツイッターにおいて、リツイート機能は、デカイっすね。

人の意見を簡単に引用できる。

逆に、リツイートされたら、アドレナリンがでて、

まぁ、「楽しい機能ですね」って、リツイート。

ブログは、トラックバックとかあるけど、

ツイッターみたく、ワンクリで気軽に流用できない。

同様に、ブログはRSSや読者購読とかあるけど、よく見えない。

ツイッターのように、フォロー/フォロワーっていう、明示的で、シンプルじゃない。

ツイッターは読むのも書くのも、読者になるのも読者になってもらうのも、気軽で、簡単



空間性


ツイッターは「公共の場」

タイムラインに、いろんな人のツイートがずらっと並んでて。流れていって。

スクランブル交差点みたいなもんですか。

雑踏音がひどいから、ひとつひとつに集中しにくい。

さっと読んで、次のツイートを食うように読んでいく感じ。

比べて、ブログは「プライベート空間」みたいなもので(ネット上にそんなもんないけど)。

それでも、書き手と読み手が「一対一」で向きあっているような、シーンと静かな空間。ブログ。


メモとノート


ツイートはメモ書き

書いたら捨てる、

書いてちょっと見てもらって、んで、捨てる。そんなメモ書き。

ブログはノート

書いて、残す。

なんなら、書いたものを、本棚に入れて、保存しておく。

で、読み手も書き手自身も、本棚から取り出して読み返したりする。

保存性の違いだね。


***

ボクはブログのほうがあってるかな。

長文が好きだし。読むのも書くのも。

なんか、物足りなさがあるかも、ツイートは。

まぁ、どっちが合ってるかとか、どっちゃでもええやろし、どっちもやったらええし、というか、好みですね。別に、どっちもやんなくていいとも思う。


以上、おそまつな比較でした。すんませんした。

関連記事


GDEmBm(草稿2)


※ 本稿は『縦書き文庫』でも読むことができます。


GDEmBm(草稿2)


「やぁ、世の中に必要とされていない諸君」

冒頭はそれで始まる。

続けてこう書かれている。

「やぁ、世の中に必要とされていると主張する諸君」

刺激的な書き出しに、じわりと手に汗をかいた。

「ぜひとも聞いていただきたいのだが」

「君はまだ、生きているとは言い難い。
この本を手に取った君、君のことだ」

「尤も、人は命を尊ぶものであるから、決してそのことを君には言わないがね」


とんでもない本を買ってしまったものだ。

先日、家の近くの古本屋で格安ワゴンセールがあった。

金無しの私はここぞとばかり、適当にみつくろって数冊まとめ買いをした。

これはその中の一冊であった。

ハズレくじをひいたと思った。

“生きているとは言い難い”?

お説法なぞ、求めちゃいない。

私はすぐに本を閉じ、趣味のギターに手を伸ばした。

流行の曲をコピーすることが、近頃の娯楽であった。

GDEmBm・・・GDEmBm・・・GDEmBm・・・

ふいに私は、先ほど目にした言葉が気になり始めた。

“やぁ、世の中に必要とされていない諸君”

“君はまだ、生きているとは言い難い”

足元から一匹の蟻が這い上がってくるような居心地の悪さを私は感じた。

なにを言ってやがる。そんなはずがないだろう?

苛立ちを感じつつも、なぜか気になって仕様がなかった。


不安定な気持ちに決着をつけるべく、私は本を再び手にとった。

「どうやらお怒りのようだね」

「まぁそれも仕方あるまい」

「君よ、君はこれまで本当に人を愛したことがあるか?」

「君は『愛』というものを一体なんだと思っている?」

「たとえば君が今いなくなって、誰が悲しむであろう。悲しんでくれる人はいるかね?」

「いや、本当の問題はそこではなかったね。
愚かなる君には次のような質問こそふさわしい」

「たとえば誰かがいなくなって、君は悲しむことがあるか」

「そのような存在が君にいるか、ということが問題なのだ」

ふと、私は自分の足元を見た。

気づけば、足を這う蟻は三匹に増えていた。

最初の一匹は下腹部あたりにまで登りつめていた。

「君はまだ『愛』を知らないのだよ。
君は『愛』を知っていると思っていたようだがね」

「君はこれまで存分に生きてきた。年齢とはまさに、それを意味しているわけだ」

「そして君は、これまで生きてきたという事実の中に、
『生きる価値があったからだ』と思っている」

「しかしそれは大きな誤ちだ」

「『愛』も『人生』も、産まれた時から備わっているものではない」

「『愛』や『人生』、それは想像するものであり、
創造できる者にしか『愛』や『人生』は存在し得ない」

「君はまだ何も知らない。君はまだ何も創造していないだろう?」

「もう一度言うが、君はまだ何も知らない。
生きているとはまだまだ言い難い」

「背けずに、考えよ。背かずに、生きてみよ。
君が思うことを、君が欲することを」

「君はまだ何も知らない。
君はまだ何ひとつ満たされていない。
君はまだ、生きているとは言い難い」

動悸が激しく胸を打った。

異常に湿度の高い、蒸し暑さが部屋に満ちていた。

鼻先にぽつぽつと汗の玉が浮き、頭皮が湿っていくのがわかった。

暑い。

朦朧とし始めた意識を確かにすべく、再び私はギターを手に取った。

壊れた機械のように、私は何度も弾き慣れたコードを弾いた。

GDEmBm・・・GDEmBm・・・GDEmBm・・・

叩くようにして弾くストロークに、1弦と3弦が切れた。

つまんでいたギターピックがはじけるように宙を飛んだ。

GDEmBm・・・GDEmBm・・・GDEmBm・・・

全身から溢れ出る汗は髪先にまで滴り、白いシャツが首筋にぴたりとはりついた。

GD×Bm・・・ G×Em△・・・ G××△・・・

暑い、アツイ……。

傍にあったタオルで額をぬぐったが、またすぐに汗が溢れた。

無数の蟻が、顔中を這っていた。

ざわざわと股間のあたりに密集する蟻を見て、私は白目になり、後へと倒れた。

遠くなる意識の中、声が聞こえた。

“君はまだ、生きているとは言い難い”


(草稿2)


関連記事



専門用語とは?難しいことはわかりやすく。


「難しいことを、わかりやすく伝えられるのが賢さだ」

言うんですけども、

ついつい「専門用語」というのは、使っちゃうもんです。

ボクはどんどん使っていっていいと思ってます、専門用語。

他人が知っているか知らないかなんて、そんなもの、どうやって判断すんのさ。


専門用語を遠ざける「甘え」


英文を読んでて、わかんない単語がでてきたら、あきらめますか?

小説や古典を読んでて、わかんない単語がでてきたら、それはダメな文学だと思いますか?

んなこっちゃないですよね。

辞書をひく、類推する、

読解とはそういうもんですし、学生だけじゃなく、大人になってもそうやって勉強していくもんだろうと思う。

「専門用語を使うな!」という人、そのだいたいは、甘えなんじゃないかって。

たしかに、虚勢をはりたいがために、覚えたての専門用語をかっこつけて使っちゃうような「悪文」はあるんでしょうが、

意外と、なんにも考えずに、使ってると思うんですよ、本人は。

普段からその専門用語を「日常用語」として使っているだけかもしれないし、

「あなたにはわからない単語」かもしれないけど、「あなた以外はけっこう知っている単語」かもしれない。

「もっとわかりやすく言って!」って、ワガママもあって、そして限度がある。


「わかりやすさ」と「簡潔さ」は両立しにくい



それに、「専門用語」を使ったほうが「手っ取り早い」ってのがある。

たとえば、「アイデンティティ」って言葉をいちから説明したら、140字じゃ足りない。

140字で伝えたいことがある場合、「アイデンティティ」っていう言葉をつかうと、いろいろ省けて、都合がいい。

簡潔に伝えるために「専門用語」を用いれば、「もっとわかりやすく!」と求められ、ならば「簡潔じゃなくなるよ?」って。

専門用語を使わない場合、説明長くなるんだけど、それはいいのか。

「簡潔であること」と「専門用語を使わないこと」、

その両方を求めることは、難しいんだよね、おそらく。両立しにくい。

※「アイデンティティ」はもはや専門用語じゃないか…


「専門用語」は専門でない分野を知る入り口


「その専門である人が使っている言葉」で、「その専門でない人は知らない言葉」、

これを「専門用語」と呼ぶとして。

その分野を知らないのだから、専門用語を知らないのは、当然。知らなくて当然。

自分の専門分野じゃない「分野」を知ることは、その分野の「専門用語」を知るってことから、始まるんじゃないかと。

その、「専門用語の段階」でつまづいてたら、もう、ムリじゃないか。専門へと進む、入り口の部分。

英文でいうと、「意味のわからない単語」がでてきて、

調べる人と、あきらめる人、

もちろん、英単語を大量に知っていても、英語はマスターできないだろうけど、

わかんない単語がでてきたときに、ひとつひとつをちゃんと調べる人は、「英語学習の入り口」に立っているんじゃないか。


覚えた言葉をすぐに使う



あと、「覚えた言葉をすぐに使う」「難しい言葉をわざわざ使う」、こういうの、嫌われたりするけど、

じゃあどの場面で使うのか?

そりゃあ、かっこつけた、調子に乗った感じが、鼻につくのもわかるけど、

言葉は使ってなんぼでしょって。

伝えるためだけに言葉は存在していないけど(思考するためっていうのもあるけど)、

そりゃ、会話や文中で、いつかは使うって。速い遅いの違いはあれど。

「相手は知らないとわかってて、自慢げに専門用語を使っちゃう」、

これは、たしかに“コミュニケーションに難あり”、性格がちょっと悪いかもしれないけど、

本人なりに、覚えた言葉をすぐにアウトプットする姿勢かもしれない。

実際、覚えた言葉はアウトプットしなきゃ、覚えられないし、マスターするとは運用できてこそ。

だから、相手が知らなくても、どんどん口に出して、「独り言」のようにして、使うのはいいんじゃないか。

自慢げじゃないなら、不快にさせようと思ってないなら、いいでしょう。

こっちに悪気は何もないけど、結果的に不快に思われた場合、それはもう、向こうの勝手だよって。

自分がその専門用語を知らないからって、身勝手に、不快に思っているだけで、

わからない自分を正当化するために、「難しいことを、わかりやすく伝えられるのが賢さだ」とか、

相手に求めるばかりで、そう言っちゃうのは、どうだろか。


***


そんなこんなで、ボクのブログも気をつけたいものです。

今日も偉そうに語ってすいません、先輩。

音大生の就職について



普通じゃない音大と、そこにあるリアル




【キーワード】
音大生の入学から卒業まで/楽典・聴音・実技/二種類の音大生/就職率/留学制度/才能の違い/のだめカンタービレ/一途に取り組んできた情熱


【Youtubeチャンネル】
http://www.youtube.com/user/music2talk



音大生の就職




いや、実際、すごいと思うんですよね。

その情熱というか。


学生時代に身につけた「音楽スキル」が、一般企業で活かされる場面って、そんな無いだろうし、

そもそもが音大に限らず、学生時代の経験なんて、たいして企業は期待しちゃいないでしょう。

が、たとえば幼少の頃からずっとピアノを練習し続けているとか、希少だと思うんですよね。

音楽を途中で投げ出す人間のほうが圧倒的に多いですし。

まわりに流されずに、続けるって難しいですよね。

高校を越え、「大学に行ってまで音楽をやろうとする」なんざ、夢中になれる力が、人並み以上だと思うんです。

ただ、これを悪い方向でみると、「一つのことしかやってこなかった」とみなされる。

履歴書に書ける項目が、ひとつになっちゃうってこと。

経験の幅が少ないんじゃないかって。

そりゃそうかもしれんが、

これは、こういった見方は、どうなんでしょう?

「様々な経験をした人」と、
「一つのことを夢中に取り組んできた人」、

この両者って、わけられないと思うんです。

つまり、一つのことを夢中になって取り組んできた人って、必然的に、様々な経験をすることになる。

ラジオでもチョットしゃべりましたけど、

音楽に夢中になりすぎて、留学までして、結果、異文化を学んで、英語なんかもマスターして。

音楽でメシ食ってこうとすれば、たくさんの人と会わなきゃなんないから、コミュ力も身につく。


履歴書に書ける項目が「ひとつしかない」。

その「ひとつ」を通じて、ものすごい多くの経験を得ることができる。

「ソレ以外のことはできない」というマイナスな見方をするのは、あまりに短絡的で。

それに、「たったひとつ」でも、「たったひとつ」でも特技があるってのは、意外と無い。


ただ、音大生側の意識もあって。

『どうしてもアーティストになりたい!』
『音楽関係の業種に就きたい!』という意識に縛られると、

音楽スキルを活かせる業種自体が、そんなにないわけですから、つまづいてしまう。

思うのは、まず、「仕事に活かす必要なんてないでしょ」って。

「音楽を仕事にする」必要はないんじゃないか、と。

音楽と無関係の職種をやりながら、休日や帰宅後に音楽をやる。

仕事ではないけれども、音楽と向き合っている。音楽と関わっているんですよね。

本当に、音楽に強い情熱をもっている人間は、『働きながらでも音楽をやる』と思うんです。

「音楽関係以外の仕事はイヤだ」って、駄駄をこねると、情熱を注いできた音楽を続けることができなくなる。


就職後もいろいろある。

一方で、いったん働くと、音楽を辞めてしまう人がいる。

これは、たいして音楽に情熱がなかったか、

あるいは、熱量を保存できる「別の器」を見つけたか。

(関連記事:「安西先生、諦めても試合が終了しません」

これはいいことだと思います。


いずれにしたって、音楽一筋でやりぬいてきた人が就職に就けないというのは、なんだか変な気がします。



関連記事



amazarashi『つじつま合わせに生まれた僕等』と辻褄の合わない現実



つじつま合わせに生まれた僕等



amazarashi『つじつま合わせに生まれた僕等』を聴いていて、

最近ふと思い浮かんだ小説が、カミュの『異邦人』です。




小説の中で、アラブ人を殺害してしまったムルソーは検事に問われます。

「なぜ殺した」と。

ムルソーは、「太陽のせいだ」と答えます。

太陽がまぶしかったから。

「一体どういうこと?」と言いたくなるが、

「太陽」は、本小説のテーマでもある「不条理」の反対、対峙するものとして描かれています。

詳しいことは、以前にブログで書きました。よろしければご一読を。(→ 『カミュ : 異邦人』


誰もが転がる石なのに 皆が特別だと思うから
選ばれなかった少年は ナイフを握り締めて立ってた
匿名を決め込む駅前の 雑踏が真っ赤に染まったのは
夕焼け空が綺麗だから つじつま合わせに生まれた僕等



某事件を連想させる歌詞ですが、

“夕焼け空が綺麗だから”は、『異邦人』における、“太陽がまぶしかったから”に呼応しているように思えます。

「夕焼け」と「太陽」。


「辻」



「辻」は裁縫で縫い目が十字に合う部分をさし、「褄」は着物の裾の左右両端の部分を意味で、いずれも合うべき部分を意味する
そこから、道理などが合うことを「辻褄が合う」、ちぐはぐなことを「辻褄が合わない」と用いられるようになった。



道理が合わないこと、世の中の「不条理」に対する彼の「辻褄合わせ」

しかし、その辻褄が合わないこと、それが「辻斬り」という行為に繋がってしまったのではないか。


辻褄を合わせること、道理が合っていること、

『つじつま合わせ』に生まれた僕等」であるが、辻褄が合わない現実。

彼は何をみたか。或いは、何をもとめていたか。

“夕焼け空が綺麗だから”


先ほど少し述べましたが、これは『異邦人』における太陽と同じ働きをしており、夕焼け空とは「不条理」に対峙するもの(「真実」を追い求める姿勢)。

最後まで辻褄を合わせようしていたことが、“夕焼け空が綺麗だから”という言葉に表れているのではないか。

しかし、自分にとって辻褄の合わない現実があった。

叉は、自分を変えることができなかった。

結果、自らの手で「辻褄を斬る」こととなった。


『つじつま合わせに生まれた僕等』というタイトルにおいて、『辻』という一語が、ひとつのポイントになっているように思いました。


amazarashi『つじつま合わせに生まれた僕等』の歌が好きな方は、カミュの『異邦人』も読んでみてはいかがでしょうか。

正直、私のちっぽけな筆力では、『異邦人』をうまく説明することができません。

読まなければわからない名著であり、読んだ人の数だけ感想が産まれる名著だと思います。


関連記事




異邦人

0.6

音楽関連の記事


青空文庫を「縦書き」で読む(Androidスマートフォン)

読書


青空文庫を「縦書き」で読む(Androidスマートフォン)



青空文庫。


著作権が消滅した文学作品を公開している電子図書館。

無料で読める。むかしの作品ばかりですが。


ボクはAndroidなんですけど、

青空文庫の作品をどうやってスマートフォンで、「縦書き」で読んでいるか。

ちょっと、記しておきます。


ダウンロードするアプリは、以下のふたつ。

  1. 青空プロバイダ
  2. 縦書きビューワ

GooglePlayでダウンロードでき、どちらも無料です。


手順


  1. 「青空プロバイダ」アプリで、気になる本や好きな作家を検索
  2. ダウンロードした本を、「縦書きビューワ」アプリを使い、縦書きで読む

※「縦書きビューワ」アプリのみでは、青空文庫を読むことはできません。

まずは「青空プロバイダ」をダウンロードしましょう。


「縦書きビューワ」について


縦書きビューワ

縦書きビューワ


青空文庫形式テキスト等を縦書きで読みやすく表示するアプリ。パブーの小説などの読書にも使える。


縦書きで読めるAndroidアプリは色々ありますが、

「縦書きビューワ」が、いちばん使い勝手がいいです(ボクは)。

このアプリでじゅうぶん、大満足です。おすすめ。

使い方も簡単。

触ってるうちに自然とわかると思います。


わからない単語は、「長押し」すれば検索できます。

縦書きビューワ1


シーンに応じて「配色」を変えよう



文字の色や背景を変えることができます。

  • 「設定」→「画面設定」→「配色」

ボクは状況に応じて、ちょこちょこ変えています。気分転換にもなります。

「白地に黒文字」は、けっこう目が疲れるので、

ボクは室内では、「古紙画像に黒文字」にして読んでいます。

縦書きビューワ2

寝る前、消灯後は、「黒地に白文字」にしています。

縦書きビューワ3

※「バックライト消灯」を常時点灯にしていると、うっかり寝てしまった時に、ずっと画面が点灯しているので注意…。



IPA明朝をダウンロードしておこう



「IPA明朝フォント」をダウンロードできます。

  • 「設定」→「ヘルプ」→「IPA明朝のダウンロード」

ダウンロードしたら、「設定」→「フォント設定」→「フォント」から、「ipam.otf」を選択しましょう。

視認性が、ぐっと変わるので、IPA明朝で読むのがおすすめです。