音大生の就職について



普通じゃない音大と、そこにあるリアル




【キーワード】
音大生の入学から卒業まで/楽典・聴音・実技/二種類の音大生/就職率/留学制度/才能の違い/のだめカンタービレ/一途に取り組んできた情熱


【Youtubeチャンネル】
http://www.youtube.com/user/music2talk



音大生の就職




いや、実際、すごいと思うんですよね。

その情熱というか。


学生時代に身につけた「音楽スキル」が、一般企業で活かされる場面って、そんな無いだろうし、

そもそもが音大に限らず、学生時代の経験なんて、たいして企業は期待しちゃいないでしょう。

が、たとえば幼少の頃からずっとピアノを練習し続けているとか、希少だと思うんですよね。

音楽を途中で投げ出す人間のほうが圧倒的に多いですし。

まわりに流されずに、続けるって難しいですよね。

高校を越え、「大学に行ってまで音楽をやろうとする」なんざ、夢中になれる力が、人並み以上だと思うんです。

ただ、これを悪い方向でみると、「一つのことしかやってこなかった」とみなされる。

履歴書に書ける項目が、ひとつになっちゃうってこと。

経験の幅が少ないんじゃないかって。

そりゃそうかもしれんが、

これは、こういった見方は、どうなんでしょう?

「様々な経験をした人」と、
「一つのことを夢中に取り組んできた人」、

この両者って、わけられないと思うんです。

つまり、一つのことを夢中になって取り組んできた人って、必然的に、様々な経験をすることになる。

ラジオでもチョットしゃべりましたけど、

音楽に夢中になりすぎて、留学までして、結果、異文化を学んで、英語なんかもマスターして。

音楽でメシ食ってこうとすれば、たくさんの人と会わなきゃなんないから、コミュ力も身につく。


履歴書に書ける項目が「ひとつしかない」。

その「ひとつ」を通じて、ものすごい多くの経験を得ることができる。

「ソレ以外のことはできない」というマイナスな見方をするのは、あまりに短絡的で。

それに、「たったひとつ」でも、「たったひとつ」でも特技があるってのは、意外と無い。


ただ、音大生側の意識もあって。

『どうしてもアーティストになりたい!』
『音楽関係の業種に就きたい!』という意識に縛られると、

音楽スキルを活かせる業種自体が、そんなにないわけですから、つまづいてしまう。

思うのは、まず、「仕事に活かす必要なんてないでしょ」って。

「音楽を仕事にする」必要はないんじゃないか、と。

音楽と無関係の職種をやりながら、休日や帰宅後に音楽をやる。

仕事ではないけれども、音楽と向き合っている。音楽と関わっているんですよね。

本当に、音楽に強い情熱をもっている人間は、『働きながらでも音楽をやる』と思うんです。

「音楽関係以外の仕事はイヤだ」って、駄駄をこねると、情熱を注いできた音楽を続けることができなくなる。


就職後もいろいろある。

一方で、いったん働くと、音楽を辞めてしまう人がいる。

これは、たいして音楽に情熱がなかったか、

あるいは、熱量を保存できる「別の器」を見つけたか。

(関連記事:「安西先生、諦めても試合が終了しません」

これはいいことだと思います。


いずれにしたって、音楽一筋でやりぬいてきた人が就職に就けないというのは、なんだか変な気がします。



関連記事