ラジオに寄せられた「くすりとも笑えない」コメントの件

先日、旧友Kと凡そ三年ぶりの再会を果たした。

いろいろな話を交わし、非常に勉強になった。

Kは拒むであろうが、人格者であると私は思う。



さて、酒の席にて、氏は斯く述べた。

「ラジオ、ぜんぶ聴いてるよ。でも『クスリ』とも笑ったことはない」

要は「おもしろくない」ということだ。

『音楽好きと音楽嫌いによる音楽の話』というネットラジオを私はやっている。仲条という者と。

Kは、私の作品と、仲条の音源もyoutubeで拝見し、両者の作品をそれなりに認めてくれている(無論、絶讃とまではいかないが)。

審美眼ある氏に認められることは、私のひとつの目標であり、故に、小説をお渡しした次第である(まこと勝手ながら、仲条のアルバム『僕はピアノマン』も添えた)。


しかしながら、このネットラジオが、どうもKにハマっていない。

そのように感ぜられたのは、先に述べた、「『クスリ』とも笑ったことがない」という発言に尽きるのだが、今一度、ネットラジオにおける自らの振る舞いを省みるきっかけとなった。

当然、危惧はしていた。

ワイワイ、ヘラヘラと、楽しんでいるような光景、自己満足の強い、いわば“学生ノリ”や“内輪ノリ”は、他者を時に不快にさせる。

エンタメを提供するうえで、「自己満足」が漂う雰囲気は、諸刃の剣となる。

「楽しそうにプレーしている姿をみると、見ているこっちも楽しくなる」

「ユルイ雰囲気、テキトウな雰囲気に、和まされる」

そうなれば御の字である。

が、これは一歩間違えると、不快へと導いてしまう、或いは、只々つまらないものとなってしまう。

そのあたりの危惧はしていたのだが、それでも、「此方側が楽しくやっていれば、それが伝わるのではないか」という憧れがあった。

しかし、そんなに甘くはない。そのような結果とはなっていない。

省みたところ、「私にそのポテンシャルがない」ということに気付く。

周囲が私に求めるものは、『楽しんでいる姿』ではない。

自己満足で他者を満足させられるような、天賦のエンターテイナー資質を備えていない。

私は教室の隅で、クラスの人気者を、嫉妬と羨望の眼差しでみていた。

私もいつか、クラスの人気者になりたい。自分の周りに自然と人が集まるようなエンターテイナーに憧れている。

ところが、人には、向き不向きがある。

私はクラスの人気者を「見る側」にしかなれない。

わかっていたことだが、ラジオをやってみて、改めてその事実を痛感した。

私は、「私のあるがままの姿」で他者を満足させられる人間ではなく、「クスリと笑ってもらえるラジオ」という願望から脱却せねばならない。

私は、別のところで、私の役割を見つけねばならない。

つまりは、「私にできることは何か」の模索。

他者を満足させられる「私の部分」を見出さねばならない。

私がもつ種々の個性の中から、親和性の高い、他者に適合する個性を選択し、それを活かしていかないことには、今後のラジオも『つまらないもの』となってしまうだろう。

舞台の上で表現し、人を楽しませることは、今の私には難しい。

そうかといって、舞台上を眺める観客、「純然たるファン」となる資質もない。

となれば、「評論側」に行き着くのが自然であるが、はたして、視聴者はそれで満足できるか。

「情報過多時代」を経て、現代は「一億総評論家時代」。

そんな中、必然的に需要が高まったのがキュレーション、「情報をまとめる」ことであった。

ところが、その「まとめ」すらも飽和し、「まとめの『まとめ』」という、よくわからない状態が生まれつつある。

その結果、「ニッチ」という言葉が近頃よく使われているのだが、つまり、多くの情報を効率よく摂取するのではなく、「多くの情報の中に染まってない話題」に矛先が向いている。

この流れでいくと、究極、需要が最終的に辿り着くのは、ニッチな分野の「追体験」となる(と私は考えている)。

共感よりも進んだ「追体験」となるのだが、『そこ』ではないか、そこを目指すべきではないか。


ラジオにおいて、一体どういった音楽の話をすべきか。

情報を取捨選択するセンスを磨き、ニッチな話題を抜粋し、追体験を提供すること。

目下のところ、こういった手立てしか思い浮かばないのだが、消極的な帰結ではない。

「クスリとも笑ったことがない」、それは「不慣れなエンターテイナーを演ずるより、所詮は学術よりの人間でしかない」という自己の再発見へと繋がった。

また、単独では発揮できない相手の魅力を引き出せることが、対談形式の強みである。

仲条氏のポテンシャルをフルに引き出し、未開拓である彼の魅力を「表」に出したい。それもまた、私の重要な役割である。

貴重な意見を参考にし、さらなる高みを目指して行きたい。