Twitterの下書き保存はmemoru!



ツイートの「下書き」に便利なツールを今日はご紹介。


ツイートしようか迷っているつぶやきがあれば、とりあえず「下書き保存」しておく。

「つぶやきたいけど、今じゃないんだよなぁ」という場合も、下書き保存しておいて、またあとからポストすればいいのですから。

今日は、頻繁に利用させてもらっているmemoruの使用感などを、ちょっと書いてみます。





memoru





特徴


  • 下書き保存できるのは最大50件
  • 「ポスト」ボタンですぐに投稿できる
  • メモは非公開
  • デザインがシンプル
  • 単なるメモでなく140文字をカウントしてくれる


使い方は直感的にわかると思います。

あと、「デザインがシンプル」というのが、大きな長所です。

広告とかも一切貼られていないですから。軽いです。


・・・ただ、一点だけ気になるところがあって。

下書き保存したツイートは、あとから編集できない。

一度、下書き保存をしてしまうと、「削除」するか「ポスト」するしかなく、文章の「編集」ができない。


以前、紹介した、Twitter予約投稿ツール「Twit Delay」は、編集ができます。


(ただし、「Twit Delay」は、指定した時間がくるとポストされてしまうので、「下書き保存」としては使いにくいと思います)


ここだけちょっと使いにくい部分もあるのですが、

そんな部分をひいても、memoruは使いやすいです。

繰り返しますが、「デザインがシンプル」というのが長所。


便利ですので、みなさんもよろしければ使ってみては?