不道徳ブログ講座


このブログサイトは今年の2月から始めた。

で、3ヶ月が経過した。

「ブログとはなんぞや?」と。

どういう気持ちでボクはブログを書いているんだろうと、ふとそんなことを思った。

以下、ボクのブログの書き方です。


  • 思いつくまま、好きなように書きゃいい
  • 間違ってもいい
  • 楽しくなくなったらすぐ辞める
  • 無責任でいい
  • 文体なんて、なんでもいい
  • 読まれてなんぼ
  • 立派な意味付けをしない


思いつくまま、好きなように書きゃいい


10年後も変わっていないような意見など、誰が書けるだろう。書けないだろう、そんなもん。

100%思いつきで書けばいい。
好きなように書きゃいい。職人じゃあるまいし。単なる一般人なんだから。テキトーでいい。

根を詰めて書かない。ブログにそんな体力を使う必要はない。


間違ってもいい


「間違いを恐れていては何もできない」とか、そんなスマートなこっちゃなく。

「正しいことしか書いてはいけない」という恐れは理解できるけれども、間違わないことなんてない。間違って当たり前。

それに、「間違い」から何かを拾うことはある。

書き手も読み手も、間違った意見、ゴミクズの中から何かしら見つけ出す。

「正しさ」にも「間違い」にも、生産性がある。

間違ってもいいから、なんでも書きゃいい。勝手に何か生まれる。


楽しくなくなったらすぐ辞める


ブログなんて、こんなもんは趣味だ。

楽しいことを、楽しく書けばいい。ストレスや責任感を感じるとか、バカバカしい。

ただし、愚痴はやめる。ストレス発散の場にしない。

ブログは楽しいもの。個人的な楽しい趣味。

愚痴やストレス発散は、楽しくない。「楽しくない」という気持ちが源泉であり、「楽しい」に帰結しない。

「ストレス発散」は「楽しい」につながらず、また、「楽しい」をやれば「ストレス発散」になる。

楽しくないならブログを辞める。楽しくないのに続ける意味など、ブログにはない。


無責任でいい


「読み手を不快にさせるんじゃないか」とか思わない。

もっといえば、他人のことなんて考えない。

不道徳のようだが、ブログは「個人的な楽しい趣味」なのであって、自由に楽しく書けばいい。

ブログの読者は、基本、「不特定多数の一般」である。

読み手がどう思うか?読み手を傷つけてしまうんじゃないかって、読む人は「不特定多数」なのだから、気にしても徒労。

それに、自分が思っているよりも他人は自分をことをみていないし、そこまでなんとも思っていない。自意識過剰である。

ネット情報なんて所詮ネット情報、最初から信ぴょう性などない虚構。そんなもんに責任感をかんじるなどと、そもそもがおかしな話。

たまに鵜呑みにする人もいるが(傷ついたりする人もいるが)、

『ネット情報に影響をうけてしまう』って、それってどうなの?そんなこと言われてもなぁ…

という程度でいい。そこまで深く考える必要はない。

読者に対して、やや無関心、やや無責任、やや距離をおく。

非情かもしれないが、「ブログなんてそんな仰々しいものじゃなく、戯言にすぎない」のだから。


文体なんて、なんでもいい


文章能力がなくても、会話はできる。

ならば、その会話での話し方をそのまま文に起こせばいい。

文法にそったキレイな文章とか、見栄えのいい言葉とか、いらない。

ブログは自由に書けばいい。

そしてその「のびのびした文体」が「自身の文体」となる。

書き方なんて、なにも気にする必要はない。ブログはそんな堅苦しいものじゃない。


読まれてなんぼ


書くことは楽しい。

が、読まれないブログを書き続けることは、あまり楽しくない。

読まれてこそ楽しい、それがブログ。

だから、アクセス解析はブログにとって大事なこと。それがブログの楽しさでもある。

が、もし読まれていないとしても、卑屈にならないこと。

卑屈になって、「アクセス数なんて関係ねぇよ」と開き直ったら、途端にブログは楽しくなくなるだろう。

なんだかんだ、アクセス数が増えることが嬉しい、そんな自分を自覚すること。

もっといえば、それを「目的」にしちゃってもかまわない。それが楽しいならば、それでもいい。

アクセスに関しては、よほどの薄い内容でないかぎり、ちょこちょこ更新してれば、アクセスを意識しなくてもどっかのだれかが読む。


立派な意味付けをしない


最後に。

これまでのまとめになりますが、

ブログに立派な意味付けをしないこと。そんなたいしたもんじゃない。

ボクにとっては、無料サーバーを使って、空いた時間に、無料で書く趣味。

「書いて楽しく、読まれて楽しく」、それ以上のものじゃない。それでじゅうぶん。

備忘録だとか、思考の整理だとか、わかるけども、それよりも大事なことは、やってて面白いということ。

楽しくなければブログじゃない。思う存分、楽しみ、自由に書けばいい。


その程度であり、それでじゅうぶん満たされるものがブログ。

難しく考えない、テキトーに、楽しく、やればいい。


*****

以上です。

やや極端に書きましたが、これらのスタンスでブログを書けば、「いくらでも書けるだろう」と思います。

それではまた。

関連記事