なぜ人生は30代からなのか?


私ね、三十歳を間近にして、色々思うってね。

「衰えを感じる」っちゅうかね、

記憶力が悪くなったなー、判断力が鈍ったなー、とか。

なにより、『吸収力』じゃ。

20代真っ盛りは、のみこみが早かった。

吸収するのが早かったぜって。

ところが年齡を重ねるとともに、吸収力が衰えていくんだな。記憶力、判断力もふくめ。

まぁ要は、「肉体的な衰え」ってやつだ。

こんなことを話していたら、ボクの友達(年下)が、こう云うわけよ。


「なんか、すごくコワいです。衰えていくのがコワいです」って。


まぁそうだわな。

「若い」っちゅうのはええもんだし、「老い」ってやつが来なけりゃいいのにって、思うわな。


さらにはねぇ、価値観や好みが『固定』されていくわけさ。

三十を目前にし、「価値観ができあがっちゃった」、っていうかさ、

いろいろと経験してきて、「この場合はこうする」「このたぐいはこのパターンだ」っていう、定跡ができあがる。

つまりは、経験則をもとに、取捨選択を覚え、“効率的になった”っていうことなんだな。

そらそんでいいんだが、一方で、新しい価値観っていうのを、なかなか受け止められない。吸収できんのだな。


若い時はそれがとてつもなくコワいことに思える。

でもね、そんなにコワいもんでもなかろうて。

その理由を、ちょっと書いてみるわ。


20代はインプット、30代はアウトプット



衰え、そらそれで『事実』だ。

男性の場合、性欲だよ、特に。

やっぱ事実だよね、衰えてますよねって。事実、現実なんだよ、それが。

衰えは仕方ねぇんだよ。


でね、ボク、思うんすよ。

つか、こう思ったんすよ。

20代はインプットする時期、

30代はアウトプットする時期じゃないか、って。



20代は吸収力、やっぱハンパねぇよ。

だから、色んな経験をすべきだよ。

ひとつのことだけじゃなく、色んなことをするのが、いいよね。だって、吸収力がすげぇんだから。

鮮度が高いうちに色々やっとこうぜって。挫折とかも含めて。

30代は衰えるんすよ。吸収力とか物覚えとか。20代と比べりゃ。

だからね、30代ってのは、吸収力の高い20代で学んだことを発揮すべき、『アウトプットすべき時期』なんじゃないかって。

20代で学んだことをアウトプットするのが30代、

ってことだ。

“アウトプット”ってのは、“行動”ってことだ。

20代で学んだことを発揮する、行動していく時期が30代だ。


なんつーか、そういうもんだから、

衰えをコワがるこたぁないんじゃないか、って。

20代でいろいろ経験して、それをようやく発揮できる時期が、30代なんだよ。

30代でようやく舞台に立てるんだよ。試合にのぞめる。

「20代のうちに舞台に立ちたい!勝負したい!」っていう、はやる気持ちはわかるけども、まぁだいたい無理だよ。

だってなんも知らねぇんだから。青二才。

だから、若いうちは舞台袖や観客席で、必死に勉強するんだよな。

20代は、“若さ”を活かして、吸収することに特化した時期。

で、一通り、勉強や経験をつんで、

「さぁ三十代、やってやろう!学んだことを出してやろう!」っていう、そういうこっちゃねぇのかな。

30代から、こっからが本当の勝負なんだよ。

実力を、学んだことを、ようやく出せるのが30代なんだよ。


(つっても、30代でも色んな経験すべきだと思う。

吸収するスピードは衰えるけども、ゼロになるわけじゃないから、勉強と経験は20代と同様に行うべきだ。

ただ、重点を置くべきは、20代で吸収してきたものを、発揮することだ。アウトプットがメインだろうて。)



最後に


最後に、個人的な発言をするけど(不快だったら申し訳ないが)、

ひきこもったり、非正規雇用だったり、貧乏だったり、死にたくなったり、まわりに迷惑かけたりかけられたり、

そういうことを、「いろいろな経験」を、吸収力の高い20代で経験するのはいいことなんじゃあないか。

吸収力の鈍った30代じゃなく、若い20代で経験することに意味がある。

20代の過ごし方として、間違っていないと思う。


他方、20代の成功者や正社員とか、ボクは、正直、うらやましかったな。

「オレはなんでレールにのれなかったんだろ」って。

レールからはずれた者にしか見えない景色があるだろう。

目を閉じれば、色濃く、鮮明に、その景色が見える。

辛かったあの景色、快楽に溺れたあの景色。

「吸収力」が高いときに経験したから、はっきりとその景色を思い出せるだろう。


20代で「ひとつの経験」を続けてきた人は、その道のプロになって、30代へと進んでいく。

そいつらにはもう、たぶん、勝てんよ。

ひとつを継続してきた者と、途中で辞めた者との間には、川ではなく海がある。

一方で、20代で「いろいろな経験」をしてきた人は、30代に可能性がある。

失敗と成功の、可能性。

どちらかが、30代で待っている。

20代にどういう経験をつんできたかで、それは決まる。