無料ネットラジオを始めて思ったこと


仲条くんとのネットラジオ『音楽のスキマ!』ですが、

前回をもって終了となりました。

ご愛聴くださった方、ありがとうございました。

これまで録音したものは、SELECTしたものを除き

すべて非公開、あるいは削除いたしました。

SELECTしたものは、下記再生リストに保存しております。


『音楽のスキマ!SELECT!』



Youtubeチャンネル:『音楽のスキマ!』


ネットラジオをやってみて……


全十八回、録音いたしました。

終了理由としては色々あるのですが、どれもたいした理由ではありませんので、差し控えます。

ネットラジオというものをやってみて――。

反省点と、やってみて良かった点を、いくつか挙げてみます。

(※以下、私に関することであり、仲条くんは関係ありません)


反省点:「独善的と成り果てた」


私と仲条くん、ともに“新しい試み”でした。

二人とも、決してトークのうまい人間ではありません。

どちらかと言えば内向的で、コミュ力の低いほうだと思います。

が、“好きなこと”に関してなら、熱量をもってしゃべる連中です。

だから、“やれる、できる”、そのように考えていました。

しかし、“好きなこと”についてしゃべることの難しさ――。

「好きなことなら“夢中”になってしゃべる」。

が、“夢中”は、“盲目的”という事態を招きます。

“他者目線”が不在であるために、独善的な内容になりかねません。

結果、『つまらない』。

人が聴いても、つまらないのです。

トーク力、プレゼン力とは、

「おもしろい素材を、おもしろく見せる」ことではなく、

「つまらない素材を、おもしろく見せる」ことです。

他者目線を意識し、現実原則をもたねばなりません。

また、“今でしょ!”の東進・林修先生曰く、


「大して努力しなくても勝てる場所努力しろ」


自分の好きな・得意なフィールドを選択することはよいのですが、そこに他者が入れるスペースを設けられるかが肝要であって、「好きなフィールドを独善的に、独り占めしてはいけない」ということです。

好きなことへの熱量やシズル感は、他者に伝染しますが、

「独り言」ではなく「語りかけ」である限り、

「他者がどう思うか」という観点は必要だろうと思います。


反省点:「そもそもがつまらない人間である」


もとを正せば、そもそもが「つまらないことしかしゃべれない人間」であったのかもしれません。

トーク力はもちろんのこと、知識、ボキャブラリー、経験値、いずれもまだまだ未熟です。

そんな人間が、おもしろいこと、興味深いことをしゃべれるはずがありません。

まだまだ、『勉強と経験が足りない』ということです。

凡人による凡庸なスキルしか持ち合わせていません。


反省点:「共同作業という難しさ」


ふたりでひとつのことを行う難しさ。

「週一回、時間を合わせること」、そのあたりはさすがインターネットといいますか、便利なもので、クリアすることができました。

が、お互いの音楽観は、やはり異なります。

そんなことは当然なのですが、

ふたりとも、しゃべりたいことがバラバラでした。

一方が興味があることでも、こちらは全く興味がない、

そういったことが多々ありました。

どちらかが、どちらかのサポートをするというスタンスであれば、よかったのかもしれませんが、

両者ともに、“好きなこと”であるがゆえに、自我が前面にでてしまい、

結果、“しゃべりたくないことはしゃべらない”という、子供じみたワガママが発生しました。

(※これは全て私の事です)


良かった点:「良かった点はない」


ネットラジオをやってみて良かった点など、ひとつもありません。

次のような言葉があります。

「何もやらないより、まずはやってみよう」

やってみた結果、何かが残ったかといえば、何もありません。自分の非力さが露呈しただけです。

別に、「何もやらなくても一向にかまわない」のです。

「何もやらないからこそ成長すること」はあって、

「動いた数だけ成長する」なんて、一体、どこからそんな数式がでてくるか。

ネットラジオをやってみて残ったこと、感じたこと、

それは「悔しさ」です。悔しさ、ひとつきりです。

自分が思っていたよりも自分はおもしろい人間ではない、

かまいません、かまいせんが、

自己を見誤っていたことに問題があります。

自己認識の低視力は、自己の輪郭とサイズを過剰に見積もり、

結果、自己欺瞞、無意識の「自分への嘘」へと繋がります。

「それはいけないだろう」と、私は考えています。


最後に……


「再びネットラジオにトライするのか」ということに関しては、現状、なんともいえません。

また何かあれば、ご報告させて頂きます。

それでは。