外付けHDDが壊れたらケースでデータ復活させよう!

3.5インチSATAハードディスクケース

先日、バッファロー製の外付けHDD、「HD-HES320U2」が壊れてしまった。

“カタカタ”と音をたて、パソコンで読み込むことができなくなった。

こうなったら終わり。

外付けHDDは「消耗品」なので仕方ない。壊れて当たり前のもの。


300Gのデータを保存してあった。

「もったいない」と思った。

なので、ドライバーでこじあけて、中身を取り出した。


3.5インチSATAハードディスクSATA


サイズは3.5インチで、SATA(Serial ATA規格だった。

(※ハードディスクは、大別して2.5インチか3.5インチの二種。型番検索して調べる)


中身のデータは無事である可能性は高くて、「読み込みができない」だけだろう。つまり、外側が壊れているだけ。

なので、「3.5インチSATAハードディスクケース」をamazonで注文。MARSHAL製。




値段は¥1,280

これでHDDが復活するなら安いもの。


ハードディスクケースへの取り付け方法


ハードディスクケース

箱からケースを取り出します。

ネジで閉まっているので、ドライバーで開けます。

「SATAコネクタ」(はずしたフタ)に、ハードディスクを差し込みます。

SATAコネクタ
ハードディスク側面のネジ穴に、付属の「レール固定具」をつける

で、それをそのままケースに挿れます。

ハードディスクケース

あとは、ネジを閉めて、付属のACアダプタとUSBケーブルをつけて、パソコンとつなげるだけ。


で、無事に、保存していたデータをパソコンでみることができました。

ドライバーさえあれば簡単ですね。。。

ちなみに、「縦置きスタンド」も入ってました。

縦置きスタンド


***


外付けHDDは壊れやすいです。

が、壊れても、中身のハードディスクを取りだして、新たにケースを取り付ければ、再び使えることがあります。

データは、だいたい壊れていません(たぶん)。

ケースの値段も安くて、ボクが買ったのは¥1,280だったけど、音も静かで、異音もありません。ふつうです。

高額のお金をはらって「HDDデータ復旧」を頼むまえに、一度、試してみてはどうですかね。

※HDDのサイズと規格を要確認、適合するケースを選びましょう。
※HDD本体が壊れている場合、ケースをつけても無理です。


それでは。




  • 発売日 : 2008/06/14
  • 出版社/メーカー : 玄人志向