高橋優の歌詞が強引な肉弾戦となってきた

高橋優『BREAK MY SILENCE』
高橋優『BREAK MY SILENCE』

以前、5月1日に、私は次の記事を書いた。


“先ず、自分自身の「懺悔」あるいは自分の「恥部」をさらけだすべきではないか。高橋優の歌詞にはそういった、彼自身の恥部があまり見受けられない(あってもキレイにみえる、あるいはキレイにみせている)
高橋優は大衆のリアルな欲望を歌ったが、自分のリアルな欲望を歌っているだろうか。”



一度、全文に目を通していただけるとうれしいのだが、なかなかの反響をいただいた。ほぼ私への批判であるが…。

私は高橋優と同い年ということもあって、以前から注目している。


そして今月、高橋優のアルバム『BREAK MY SILENCE』が発売された。


『BREAK MY SILENCE』


このアルバムの発売に際し、インタビューでこう答えている。


ハダカで転がることが必要だと思ったんです。鎧をつけることは簡単だし自分を守れるけど、そんなことじゃダメ。傷付く覚悟を持って、自分からハダカにならないと。

──鎧というのは具体的には?

自分をよく見せようとする気持ちですかね。

(中略)

高橋はいいシンガーだって言ってくれる人と同じくらい、高橋はダメなシンガーだって言う人がいないといけない。

(中略)

例えばイジメられていたとか、人見知りだなんて曲も書いたけど、それって本当は恥ずかしい部分だし、いちいち歌にする必要がないと思ってたんです。



あついぜ!高橋優!

なんか、ブログで変なこと書いてすまんかった!完全に私が悪い、つか、ダサい!

なるほど、いままで、“いちいち歌にする必要がないと思ってた”のか。

ということで早速、今回のアルバムを聴いた。



高橋優『BREAK MY SILENCE』





アルバム『BREAK MY SILENCE』では彼自身の“恥部”が表現されている。

『人見知りベイベー』『CANDY』、『足フェチ』など。

自身の人見知りな部分や、『CANDY』ではいじめ体験について。

露骨なほどに、自分の恥部をだしてきた。

私は思った。

「肉弾戦できたか」、と。

つまり、「むこうからぶつかってくれるのを待つ」のではなく、「高橋優のほうから聴き手にぶつかってきた」のだ。

しかも“けっこう強引”に、こちら側の扉をこじ開けるようにして。


たとえば、『CANDY』という曲。



この曲で、高橋優は自身の「いじめ体験」について歌っている。

いじめ体験については、誰しも口をつぐみたくなる。

あまり他人に踏み込まれたくない部分であり、ゆえに、人にも話さないようにする。

その部分、“入ってくるな”という部分に、高橋優は“入ってきた”ということ。


ここで重要なのは、「経験」ではなく「体験」であるということ。

思い出や記憶で残っている「経験」で述べていない。

しかし今回、彼自身が「体験」した“体”でもって、直接的にぶつかろうと試みている。身体性をだしてきた。

肉弾戦というのは、そういうことだ。

ぶつかられた側は、否が応でも反応する、そんな肉弾戦。

“ぶつかってきやがった”というのが、今回のアルバムを聴いた私の感想である。


また、「リアルタイムシンガーソングライター」という彼のキャッチコピーは、そういうものであるべきじゃないか。

つまり、“リアルタイム”とは、社会のことではなく、自分自身の“リアルタイム”であって、今回のアルバムでそれを出してきているように思えた。



強引さが裏目にでていないか?



一方、これとは別件で、危惧しているところもある。

たとえば次の曲とPV。


『同じ空の下』





先ほど私は、“強引に扉をこじあける”と書いた。

これは、“強引”の悪い部分がでてはいないか?


“目指してた世界こそ違ったけれど
似てる境遇で頑張ってる君を想ってる”

“一人ぼっちでも 孤独とは違うよ
同じ空を見てる”


もともと目線が異なる他人と、同じ目線に立とうとしている。

それが自分よりも高い目線ならまだしも、

自分よりも“低い目線”と同じ目線に立とうとすると、背を曲げ、低い姿勢をとらなければならない。

この姿勢をとることは非常に難しい。


なぜなら、ともすれば、“見下ろす姿勢”となってしまい、不快をもたらしかねないからだ。

もともと“同じ目線”であるなら問題ないのだが、自分より低い目線と同じ目線にたとうとするのは、非常に難しい。

「同じ目線にたとうとすること」が裏目にでることがあるし、この曲には少しそれがでているような気がする

もちろん、その強引さ、同じ目線にたとうとすることが「訴える力」となり、土足でふみこむくらいじゃないと「伝わらない」ことがある。

それは誰しもできることじゃない、一定の人間力がなければできないし、高橋優にはそれがある。

しかし、いきすぎるとエゴイスティックな他者への干渉となってしまう。それは優しさでもなんでもない。

自分の目線の視界に“入ってくる”ことは、ありがたくも、時に目障り、邪魔となる。

そのへんの危惧がある。

皮肉にも、彼自身の、人間力の大きさゆえに。


***


今回のアルバムを聴き、総じて思ったことは、

「肉弾戦できやがった、こっちにぶつかってきやがった」

ということ。

じゃあ、もう、こちらとしては、ぶつかってきたのだから、応えるしかない。

今回はそのブログでした。

次曲も楽しみにしています。

ぶつかってきたら、また応えたい。

もちろん、全力で批判もする。

彼自身、「それを求めているのだ」と、インタビューで答えているのだから、私も本音で書かねばならない。

関連記事



音楽関連の記事



BREAK MY SILENCE(初回限定盤)

僕らの平成ロックンロール

高橋優LIVE TOUR~この声って誰?高橋優じゃなぁい?