Instagramにハマれないのは俺がダサいからか?

Instagram


『Instagram』、オシャレな写真共有アプリ! 俺も、使ってみたい! 俺もそのオシャレな仲間にいれて!!」


――と、前々から切に願っているのですが、いまだにその輪の中に入れていません。

「俺がダサいからだ…。だから俺には使いこなせないんだ!こんなオシャレなもの、俺にはハードルが高すぎる!」

と、あまり自分を卑下するのもよくない。

俺がダサいからInstagramを使いこなせないのは大前提として、一体どのあたりがハマらないのだろうか?

ちょっと考えてみた。


Instagramにハマれないダサい俺



正方形の写真が苦手


「正方形サイズ」の写真が気持ち悪くて仕方ないんです。

俺、古い人間で、ついていけないです…。

なんとか、せめて、黄金比にしていただけないでしょうか。


いや、正方形でも素晴らしい写真はたくさんあります。

でも、正方形サイズで良い写真を撮ることは、難しいといわれています(たぶん。知らないけど、きっとそうだろう)。

というのも、正方形の枠内で見栄えのよい構図を定めることって、難しいんですよね。ボクにとっては。

ちなみに、写真のサイズが一般的には「長方形」であるのは、初心者にも優しいからでしょう。おそらく。

そういうわけで正方形、苦手です。撮るのも、見るのも。


写真エフェクトについていけない


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.android

実際、Instagramアプリを使ったことはある。

で、真っ先に思ったこと。

「エフェクトの種類が多すぎて、迷っちゃって、だんだんダルくなってきたんですけど!」


Instagramには写真加工機能があって、たとえばトイカメラのようにオシャレに加工できたりする。

が、フィルター種類が多くて、いまいち、どう使い分けていいのかわからない。わからんのです。

まぁ、それは私の性格がルーズだからかもしれないのですが、これに付随してもう一点ある。

「みんな、無理してエフェクトかけてないか?」
ということ。

「加工機能があるんだから、とりあえず使っている」、そんなイメージがあって。ちょっとそれは違うんじゃないかって。

素材はいいのに、無理にオシャレを着せて、逆におかしな出来栄えになっちゃってる。

たとえるなら、「厚すぎる化粧」「きつすぎる香水」「濃すぎる味付け」。

Instagram全体に、そんな雰囲気があって、「もう、普通の写真でいいよ!無理して加工しなくていいよ!」と思ってしまう。

Instagramのエフェクト加工が過剰で、余計で、裏目にでてしまっている。

オシャレというか、“派手”な界隈に、近寄れなくなってしまった。


Twitterでいちいちクリックしないと見れない



これはもう仕方ないんですが。

以前は、Twitter上で見れたんですよね。

「画像を表示する」があって、プレビューでみることができた。

でも、昨年の暮れから、Instagram側の判断で、Twitter Cards非対応になった。

クリックして、Instagramのサイトに飛ばなきゃ、見れなくなった。

これ、Twitterユーザーとしては、面倒なんですよね。

正直、Twitterのタイムライン上に、Instagram経由の画像URLがあっても見ない。「その場で表示してくれません?」って。


ちなみにTwitpicとかなら対応している。

下記のように、直接、画像がみれる。埋め込みも含め。


※投稿動画なら「Vine」がTwitterに対応している。(関連記事:「Vine(Twitter動画投稿)を試してみた」)


ということで、めんどくさがりのTwitterユーザーであるボクには、Instagramは大変なシロモノ。


***


以上。

ボクがInstagramにハマらない理由をざっくりと書き記してみました。

当然、向き不向きがあること。

冒頭で述べたように、「俺がダサくて、古い人間で、ついていけてないだけ」、というのはあるでしょう。

なので、すいませんでした。

気を悪くされたたら、100%無視でご足労願います。

では。