水をジャブジャブつかいながら「脱原発」と主張すること

water

ひきこもっていたときのカードローンがしこたまあるから、そちらの利子を優先的に支払っていたら、すっかり水道代の支払いが遅れてしまった。

蛇口をひねっても、水が出ない。

水道がとまってしまった。

すぐに支払いを済ませて、TEL。

「じゃあ、すぐに水がでるようにしますね」と、水道屋さん。

やさしい。ありがとう。そしてごめん。


で、私は都内へと出勤。

昼過ぎに気づく。

「あ、まずい」

一度でも水道が止まったことのある人なら、共感できるかもしれない。

「蛇口、ひねったままだ……」

そう。おそらく、いまごろ、蛇口から「ジャージャー」と水が流れている。流れっぱなしである。

といっても、職場を離れるわけにもいかない。

終電で帰宅。

「やはり。」

蛇口から水が、ジャージャー流れている。

今日の間、彼は延々と流れて続けていたのだろう。

すぐに水をとめた。

私は思った。

「もったいない」

「……ん?でも、俺、毎晩、シャワーを浴びているけど?」



毎日お風呂に入る必要があるか?


water2

私はほぼ毎日、風呂に入ったりシャワーを浴びている。

まったく、贅沢な話だ。

カネも無いくせに。お金が貯まらないのは当然だ。


「蛇口ひねれば水がでる国」、日本って国は、なかなか発展している。

でも、毎日、お風呂に入る必要なんてないんじゃないか?シャワーも含めて。

私は思った。

翌日が仕事休みであり、尚且つ、特別な人と会う予定もないなら、その晩はお風呂に入らなくてもいいんじゃないかと。

節約というのもあるけど、一日くらい入らなくたって、どうってことない。昭和はそうだったと聞く。

「習慣」となっているから、風呂に入っているようなもので、そこまで必要性がないんだよ。私の場合。

仕事があったり、人と会うなら、話は別だけど、

本を読んだり、ドラマ見ているだけだろ?俺。風呂、必要か?

「シャワー浴びないと気持ち悪いんだよ~。汗かいたし~。」とか、そんなスマートな人間じゃないだろ?俺。

暇つぶしか習慣で行なっているにすぎない。

思った。

『休日の一日くらいは、風呂に入らなくていい、シャワーも浴びなくてもいい』、と。


今回、水道がとまって、ふと思ったこと。

「よく考えりゃ、風呂って、ジャブジャブと、相当な水を、贅沢に使っているよな」って。

水は使い放題、無制限な資源、そんなイメージが当たり前のようにある。

でも、「蛇口をひねっても水がでてこない国」もあるわけで。

住んでいるのが日本だから、当たり前に思えるだけで。



水をジャブジャブつかいながら「脱原発」と主張すること


water3

ところで。

ボクだけかもしれないけど、

「水をジャブジャブと消費している人」が、“反原発!”と叫んでるのは、なんか、違和感があるんだよな。

『それは、まったく別問題だよ!お前はバカすぎるな!』

いや、その通り。すんません。

原発の危険性は、まったく別次元の話であるし、

入浴というのは、動物が水浴びをするように、必要な行いだと思う。

でも、なんか、反原発の人たちの中に、『水、もったいな』とか、「そういう感覚ってあるんかな?」って、思うときがあって。

「水、贅沢に使い過ぎだよなぁ、人類」、そんな感覚をもっている人が、「原発いかんぜよ」というのは、なんか、しっくりくるんだよな。


「資源」を大切にできる人が「原発の危険性」を訴えるのは、すんなり理解できる。

でも、資源を大切にしていない人が、原発どうのこうのって言っても、「え? なんか、信頼できないなぁ」って、どうしてもボクは思ってしまう。


話がズレるけど、

動物を虐待している人が、人間を大切にできるだろうか。

「いや、できないだろう……」って思わないですか?

もちろん、「動物を大切にする人が、人間を大切にする」とは限らない。

けど、そのほうが、“ありえる”って思えるんだよな。

「動物も大切にするし、人間も大切にする」

このほうがしっくりくる。理にかなっているような。


話がズレまくったけど、

節水とか、“もったいない感覚”とか、そういう人が脱原発っていうのは、「そうだよな、キミはそういう結論に至るよな」って思えるけど、

ジャブジャブと水を消費することを何とも思わない人が、“脱原発”というのは、ボクにはまだ受け入れがたいです。


***


そんなこんなで、

「風呂は二日に一回くらいでもいいんじゃないの?」って、思いましたよ。

なんなら三日に一回くらいでも、たいした支障はないよ(きれい好きとか、例外はもちろんあるけど)。

じゃあまた。