独自ドメインのメリットって何?


Bloggerブログを始めて半年。

独自ドメインにしたよ、昨日の夜。

・これまでのアドレス
http://rfmori.blogspot.com/

・独自ドメイン適用後
http://www.rfmori.com/


“独自ドメインって何?”

という方は、ググってください。

つまりは、オリジナルのブログアドレスにしたよってこと。



独自ドメインにするメリット・デメリット



これに関する記述は腐るほどあるけど……。

ちょっと書いてみる。


正直、迷った。

「独自ドメインにするメリットってあんのか?」って。

ぶっちゃけ今のままでもなんら問題はないし、変に手を加えると、悪い方向にいっちゃうんじゃないか、と。



デメリット



急にアドレスが変わっちゃうんだから、検索に影響がでるんじゃないの?って。

長い目でみれば良い方向にいくとは思うけど、

検索頂上付近の記事が、一気に転がり落ちる可能性がある(何が起きるかわかんないんだよね、アルゴリズム界)。

いや、逆に、深海で眠っていた記事が浮上する可能性もあるけど、あんまり期待できなさそうで…。

(ちなみに、旧アドレスにアクセスした場合、独自ドメインの方にリダイレクトされる。そのへんは問題ないのだが、たとえばGoogleに表示されるアドレスは旧アドレスのままなのかな?……わからん)

あと、

ソーシャル数(ツイート数やイイね、ブクマ数)がゼロになる。

そりゃそうだよね、表示アドレスが変わるんだから。

まぁこれは別にいいんだけど、反響の計測が白紙となる。

積み上げてきたものがゼロになる感じは、気分の良いものではないよね…。



メリット



これはBloggerのみに関することだけど、

今年から、国別のドメインにリダイレクトされる仕様になって。

[.com]と[.jp]、どっちを本命にすりゃいいんだよ問題。

が、独自ドメインにしておけば、一発クリア。

唯一のBloggerでのストレスが解消される。

アナリティクス解析も同様。

あと、

やっぱ信頼度や、ブランド性というか。


アメブロでいうと[ameblo.jp]、Bloggerでいうと[blogspot]の部分、こういうのがアドレスに含まれていると、「あ、趣味でやってるのかな」的なイメージがあって。

独自ドメインであれば、「ちょっとマジでやってますよ」的な気概をもてて、それは極めて安っぽい優越感ではあるけど、まぁ、悪い気はしない。

それに、

独自ドメインの取得は、おそろしいほど費用がかからない。


今回、[rfmori.com]を年間680円でムームーから取得したんだけど、

680円 ÷ 365日 = 約1.9円/1日

うん、安いよね。

このコストでそれなりの「充足感」を得られるなら安いでしょう。

今後も長くブログをやっていこうと思うなら、独自ドメインのほうが、「愛着」がもてる。


メリットは他にも、サーバー変えたときに便利とかいろいろあるけど、そこらじゅうで言われてることだから割愛。

というか、「サーバーが廃止されたときに困るからオリジナルドメインを所得しておこう」とかいう言及は、どうでもよい。

んなもん、めったに潰れんし、潰れたら潰れたで「ま、しゃあねぇな」って話ですよ。

他、SEO的にどうとかっていうのもあるらしいけど、難しいからボクには関係ない。



それでも独自ドメインにした理由



独自ドメインをとろうがとらまいが、別にどっちでもいいんじゃないかと思う。

それでも独自ドメインを取得した理由は、何か変化を加えたかったんだよね。

ブログは、デザイン(見た目)はもちろんのこと、「装飾する」という行為が楽しい分野。

で、そこには「独自ドメイン」も含まれるよ、って。


実際、独自ドメインに今回してみて、妙な充足感あるし。

「あ、やってよかったな。なんかうれしい」って、そういう気分を得ることができた。

独自ドメインの最大のメリットはそこだよ、『気分』だよ、『気分』の話。

ブログをやっていくうえで、『気分』ってめちゃ重要だよ


「愛着」が増すとか、コストかけてるっていう「マジ度」とか、「装飾」の楽しさとか、ブログの醍醐味ってそういう『気分』を味わうことなんだよね。

独自ドメイン取得が、『気分』にいくらか貢献できるなら、いいよね、いいよ。

と思います。

じゃあまた。




50万の借金を完済して今思うこと


約一年、いわゆる“ひきこもり”だった時期が私にはある。

その生活模様は、小説『夏の駄駄』に綴った。

貯金は数ヶ月で尽きた。

一人暮らしであるために、クレジットカードによって家賃や光熱費をまかなっていた(実家暮らしと一人暮らしで異なる“ひきこもり”事情 )。

結果、50万にまでカードローンがふくれあがってしまった。

“カードローン”といえば聞こえはいい。が、これは借金だ。いずれ返さねばならぬ金を借りているのだ。

「これ以上、借金が増えるのはマズイ」と感じた。


私は働き始めた。

「働く意味」が見つからなくても、働かなくては死んでしまう。ただそれだけのこと。

また、「契約を“とる”」ということが心底嫌でも、だましだましやらなきゃいけない。

「死ぬほどやりたくないこと」であっても、やる。

「やりたいことだけやって生きていきたい」って、そう思うよ、俺だってそう思ってるよ。

でも、泣きたいくらいに私には才能がない。

ひきこもっていたらお金がなくなるだろう。

働かずに、叶わない夢を追い続けていたら人に迷惑をかけるだろう。

どんなことをしてでも、お金を稼がないと、生活できない、生きていけないんだよな、世の中は。

もしくは、周りに甘えて生きのびるかのどちらかだ。


死んだら楽になれる。生きていく辛さから逃れられる。

けれど、どちらかと言えば死にたくないし、死ぬ手段もよくわからない。

とりあえず、生きる方向で生きる。

私は生きているのではない、“生き延びているだけ”だ。

そんな私の現実、結論に、

「ああ、私は凡人、凡人なのだ、私は」

と、“死にたくない”人間一般としての自分を自覚した。


さしたるスキルをもちあわせていない私は、勤め先を探す。

見つけた職場で働く。日々、節約する。

結果、無事に完済することができた今月――

私は今、何を思うか。

実は、さしたる思いはない。

「ああ、こんなものか」、くらいにしか思っていない。

なんでかって、借金をこさえたことを失敗だと思っていないし、返済したことを成功だとも思っていないからだ。

すべては、“結果的にそうなった”だけであり、自然のなりゆきだ。

“何も思わない”だなんて、あんまりアタマが悪いというか、感覚が鈍いのかもしれない。

が、そんな鈍感な私でも、繊細な、敏感なところはある。

いまでも思うこと。

たとえ叶わない夢でもあっても、死ぬまで追い続けるべきだということ。

前向きな志ではない。

それ以外の選択肢が私にはないのだ。

そうでもしなければ、あんまりにも不甲斐ないからだ、私の人生は。圧倒的に。

生きているのか死んでいるのかわからない、境界線のあいまいな、“なんだかよくわからない毎日”をずっと過ごしてきた。

はっきりしないぼんやりした世界の中で、生きているのかなんなのかよくわからない自分――。

一瞬でいい、一瞬だけでいいのだ。

一瞬でもいいから、輝いてみたい。
一瞬でもいいから、すごいことをやってみたい。
一瞬でもいいから、涙がでるほどがんばってみたい。

そんな一瞬さえもなければ、どうやって死ねばいいというのだろう。

死んでも死にきれない、というか、どうやって死んでいいのかわからない。

私はせめて、“死ぬことに納得して死にたい”

叶わなくても、叶えるような気持で生きないと、死んでも死に切れない。

死にたくなくても、死にそうなところに自分をもっていかないと、あんまりにも不甲斐ないんだ、私は。一瞬さえも輝けないのだ。


死にたくないから働く。

借金が増えるとしんどいから、お金を稼ぐ。

が、借金もその返済も、さしたる事情ではない。

そんなことを度外視せねばならぬほど、あまりにも私は情けない。

「死ねない、いつ死ぬかわからないのに」、それは情けなく、不甲斐ないとしか言い様がない。

選択肢なぞひとつしかない。

がんばること、死ぬことに納得できるような瞬間があること――、叶わない夢でもあっても追い続けること

借金も返済も、そのひとつしかない選択肢を選んできた“結果”にすぎない。


***


50万の借金を完済し、今後にたいして思うこと。

人生に一度失敗した場合、二度目の失敗は、一度目の失敗を大きく上回る形で失敗すること、そんな覚悟をもつこと。

つまりは、50万借金したら、次は100万借金する気持でいくこと。

バカでも怠惰でも、もうなんだってよい。

凡人のグズにあたえられる選択肢は限られている。

大きな志を叶えて“強く喜んで”死にゆくか、大きな失敗をして“強く悲しんで”死にゆくか――、いずれかであれば死ぬことに納得ができようもの。



関連記事:実家暮らしと一人暮らしで異なる“ひきこもり”事情



「チャンネル1」#6~10


こんばんは。こんにちは。

先日、『チャンネル1』という一人動画を始めました。

当初、“Ustream生放送で撮ったものをYoutubeのせていく”というやり方で続けていく予定だったのですが、大きく変更します。

Ustreamの使用を一切辞めて、録画のみをYoutubeにアップすることにしました。


理由は、「誰も生放送なんて見ないだろう」ということです。

そんな感じで、今後は生配信を辞めてYoutubeのみでやっていきます。



「チャンネル1」#6~10





収録内容(個別動画リンク)



***


引き続き、がんばってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

よかったらYoutubeチャンネル登録してみてください。


『チャンネル1』 - channel one -


“しゃべることはあるか?”

※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。


LTE Settingの使い方:スマホの電池を長持ちさせる!


スマホ、Xperiaなんですけど、

Xi・LTE回線、速いんですけど、電池の減りも速いんですね。

LTEの電波を探すからだろうね。

つまり、「3Gエリアと4Gエリアで、コロコロと電波が切り替わるからなんじゃないの?」って。

「じゃあ、設定で『3G回線オンリー』での接続にしてみたらどうよ?」って。

それを簡単にできるアプリがあるんですね。すごいですね。



LTE Setting




このアプリを使って、3G回線オンリーにしたら、

すんげー電池が長持ちしました


いや、これほんと。

感覚的には3倍以上は長持ちしている。

これを使えば、LTEを使用せず、3G回線のみにすることができるわけか。

ドコモでいうと、FOMAのときと同じ電波にできるってわけですかい。

なになに、アプリの説明書きによれば…

Xperiaを推奨しているけど、Android (4.x)でも使えなくはないみたいだね。


使い方


  1. アプリをインストール
  2. アプリを起動
  3. 「優先ネットワークを設定」から「WCDMA only」を選択

LTE Setting
WCDMAとは3G通信のこと

以上ですか。簡単ですな。

で、戻すときはどうすんのさ?

LTE Setting2

なるほどね。

「やっぱLTE回線も使いたいよー」ってときは、

「GSM」(2G、海外とかで利用)とか必要ないし、

初期設定ではなく、「LTE / WCDMA」にしておけばいいや。


※ちなみに、データ通信OFF(モバイルネットワークOFF)にしたり、スマホの電源をおとすと、自動で初期設定に戻るので注意。



このアプリ、他にもいろいろ項目や機能があるけど、これ以外はあまりいじくらないほうがいいみたい。

アプリの説明書きに、

ラジオバンドの変更は行わないでください。
設定を戻すことができなくなります。

ってあるし。

使い道としては、今回説明した、

  • LTEを除外し、「WCDMA only」に設定する

これのみでいいでしょう。

それだけでもじゅうぶんだから。


***


いや、実際、3G回線オンリーしたら、ほんと電池がが長持ちした。

そりゃあね、LTEじゃないから多少速度は遅くなるけど、

動画とかじゃなく、ネット閲覧程度なら3Gでも気にならないよ。俺は。

しかし、こういう便利なアプリをつくる人ってすごいよね。

超便利。

じゃあそろそろ寝ます。@ryotaismでした。




  • 出版社/メーカー : Anker


ロジクールC270を使ってみた感想


一人動画「チャンネル1」では、

ロジクールC270という格安WEBカメラを使用しています。




ちょっとレビューしてみました。



Logicool C270




「Logicool C279」


【Amazon】http://amzn.to/14aX3j7
【製品&ソフトウェアダウンロード】http://bitly.com/1872yir


内臓マイクがいい。集音性。

あと、やっぱり、コスパが素晴らしい

この値段でこれはすごいな。

Skypeとかで使うだけならじゅうぶんだと思う。

気になるのは固定フォーカス(40cm以上)のところくらいかな…。


動画でもちょっとしゃべりましたが、

C270よりもちょっと性能の良いC525というのもあります。

これも安いんだよね…。これでも良かったかも。




***


「チャンネル1」では今後も色々紹介できたらと思います。

よろしければyoutubeチャンネル登録してみてください。

ではでは。



『チャンネル1』 - channel one -


“しゃべることはあるか?”


※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。





人気キーワード検索ツールサイトのまとめ!


「今、ネットで何が話題になっているんだろう?」

そんなとき、ありませんか?

まぁ、あんまりないよね。

年に一度、あるかないかだよね。

でも書くよ。私が普段みているサイトについて。


  • Googleトレンド
  • Yahoo!検索データ
  • kizasi.jp
  • @nifty:@search:瞬!ワード



Googleトレンド(急上昇ワード)



まずは、おなじみ、Google。


ふーん。

あれ?(パソコンから見て)画面左のほうに、なんかあるぞ。

“急上昇ワードを全画面で表示します”


ふむ。クリックしてみた。


おお、なんかすごいぞ。

しかも、左上にある窓窓アイコンから、表示数をカスタムできる。

なんか、ちょっとした暇つぶしにもなるね。


埋め込みコードもあるみたいだよ↓



コード
<iframe scrolling="no" style="border:none;" width="250" height="250" src="http://www.google.co.jp/trends/hottrends/widget?pn=p4&amp;tn=10&amp;h=413"></iframe>

赤数字で幅と高さを調整できる



Yahoo!検索データ



続いて、Yahoo!。


右のサイドバーメニューにある、「最新」「デイリー」とかをクリックすると、表示が変わる。

サービス別ってところには「動画」「人物」というのもある。

いいね。便利で。Yahoo!だから信頼度、高いし。

ちなみに、Googleトレンドとは、ちょっと違う結果がでるよ。



kizasi.jp



これ、ここ、けっこうすごいんだよ。


特にね、「チャンネル」ってのがすごい。



おお、なんかいろいろ網羅してるねー。

あと、「ツール」から、ブログパーツやらいろいろあるみたいっす。埋め込みとか。



瞬!ワード



最後は、nifty。


@niftyの検索キーワードを集計、検索数が急上昇したキーワードをランキング形式でご紹介。 キーワードに関する人気のサイトやTwitterの情報も見ることができる。


上部バーの「一回前」「二回前」ってのは、「一時間ごと」ってことだね。わかりやすくていいね。

キーワードに対する、ツイートやサイト関連を同時に見れて、体系的に知れるかもね。


***


ずらっと、僕が暇なときに見ているものをあげてみた。

ぜんぶ見るのも面倒だからどれかひとつにしたいけど、

人気キーワード、サイトごとによって微妙に違うんだよね。

当たり前だけどさ。

僕の場合、「Googleトレンド」を見ておもしろいのがなかったら、今日あげた別のサイトを見るようにしてる。

読む本がないとき、暇なときは、いいんじゃないですかね、こういうのをながめるのも。





「チャンネル1」#1~5


こんばんは。こんにちは。

先日、『チャンネル1』という一人動画を始めました。

私のような凡人が、どんだけしゃべることがあんねん?、と。

なんもしゃべることなんてねぇだろうが、って。

いや、ちょっと待てよ。待ってくれよ。

足掻いてみたいんだ、と。

そんな気持で始めました。

“極力、毎日放送する”

ひとまず、五日連続で生放送はできました。

というわけで、第一回から五回まで、リストでまとめました。



「チャンネル1」#1~5





収録内容(個別動画リンク)




***


引き続き、がんばってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

よかったらYoutubeチャンネル登録してみてください。




『チャンネル1』 - channel one -


“しゃべることはあるか?”

※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。

Shlonger:Twitterで140字以上つぶやきたいとき



以前、ちょこっと「Shlonger」についてのレビューを書きました。


ほんのちょっと書いただけなのですが、

センキュー的なメールをご丁寧に頂戴しました。

ありがとう、泣いたよ俺。ひきこもってインターネットやっててよかったよ。友達いなくてよかったよ。


で、メールの文面。

We just added two changes to the Shlonger:
1. Additional Japanese translation (share on Twitter button and view counter).
2. Sidebar menu, that allows you access to all your messages. Just click on the top left icon.


英語、In Englishじゃん…。

まかしとけ。学生時代英語サークルの幽霊部長だった俺にまかしとけ!

ふむ。なるほど。

「ちょこっとリニューアルしましたよ」
ってことか。

よし、あらためてレビューしてみるべ!


Shlonger


「Shlonger」

Shlongerについて、以前のレビューで次の特徴を並べた。


  • 日本語対応サイト
  • 保存した文章を編集できる
  • 【気分】をあらわす顔絵文字がある
  • ページビュー閲覧数が確認できる
  • ページに広告が貼られていない

こちらに変更点はない。

ページ閲覧数と邪魔な広告なしは、あいかわらず素晴らしい。


使用法は、

  1. TOP画面から文面を入力し、[文章を保存]、
  2. TwitterなりSNSなりで、そのページを共有

以上、実にシンプルなり。




注意点としては、「リンクを知っている誰もがテキスト(作成ページ)にアクセスできる」「入力した文章を編集できない」という点。


で、本題。

今回、加えられた機能、「サイドバーメニュー」の追加について。



サイドバーで記事管理ができる



上記画像のように、保存したページの一覧をサイドバーでみることができるようになった。いいね。

ただし、文面の編集はやはりできない。

いくつまで保存できるかは試してないのでわからないけど、相当数はいける模様。


使用例としては、たとえば「イベント告知」など。

Twitter140字でイベントの時間、場所、出演者をまとめることは難しいので、こういうツールを使うとよいかもしれない。歌い手さんはLIVE告知とか。

または、イベント情報は140字内で収め、イベントにかける思いをShlongerにしたためるとか

使い方はいろいろあるかと思います。



雑感


http://shlonger.com/

文章入力時に、気分(顔文字)を選択できるのだが、

種類が少ない、やや個性が足りないかな、と。

日本ではLINEスタンプが流行っていて、

金額を払ってスタンプ購入する人もいて


こういう顔文字とかが意外と重要なわけです。

これは日本独自で、ガラパゴスってるわけです。

日本では「顔文字」は軽んじちゃいけない分野なわけで。海外と比べ。

LINEみたく、めちゃめちゃ個性的な顔文字とか追加したらいいんじゃないかと。


あと注文があるとするなら、日本語訳がぎこちないところか(^_^;)

このあたりの初級英語なら、有志で日本語訳手伝おうかと思案中。


***


斯様なShlongerですが、

マイナーな私にも親切にメールをくれるくらいだから、

きっと素晴らしい方が運営されていることでしょう。

応援しております。

Best wishes for Shlonger!!





関連記事



Youtube Live配信のやり方と注意点

youtube logo

昨日、『チャンネル1』の第一回を放送しました。

そこでも申し上げたのですが、

目下のところ、「Youtube Live」を始めることを目標としております。

「Youtube Live」とは、UstreamのようにYoutube上で生配信できるものです。

しかし、誰もがすぐにできるものではありません。



「Youtube Live」の条件



  • YouTubeのコミュニティガイドラインを順守していること
  • 100人以上の登録者を持つチャンネルであること


以上が条件だそうです。



コミュニティのガイドライン


[チャンネル設定] → [機能]

パートナーの承認を得て、上記画像の箇所がすべて[良好]であること。

[チャンネル設定] → [機能]から確認できます。



チャンネル登録者数100人


[チャンネル設定] → [機能]

ガイドラインを順守し、且つ、100人以上の登録者をもつことができれば、「ライブ イベント」の資格があたえられるようです。

こちらも同じく[チャンネル設定] → [機能]より確認ができます。

(画像では、残念ながらまだ100人いないために、“資格がありません”と表示されています…。)


※以上の条件を満たしせば必ずLive資格が与えられるというわけではなく、ガイドラインにそって[良好]な状態を継続することが大事だと思われます。

※「Youtubeチャンネル登録」については下記リンク参考。




生配信する際の注意点



先日行った生放送はYoutube Liveではなく、Ustreamでした。

Ustreamで生録したものを、そのままYoutubeに共有したのですが、問題点が……。


生配信というのは、データ送受信が盛んです。

なので、動画がカクカクになりました↓





これはカメラではなく、「パソコンの低スペック」が原因だと思われます。

録画したものをアップするのであれば何ら問題はないのですが、生配信だとこういったことが起きます。完全にナメてました…。

「Youtube Live」の資格が与えられるまで(100人にいたるまで)、しばし時間がかかります。

その間は、「PCのスペックを整えること準備期間」とでも思っておきましょう。

がんばってお金貯めるかぁ…。むー。

っていうか、7年前のパソコン使ってるって、そもそもどうなのよ俺問題。


***


『チャンネル1』では、「チャンネル登録者数100人」を第一の目標としています。

ということで、ということで、

というわけですので、お願いします……。




基本、私のほうからからむことはないのでご安心ください。

まだ一本しか撮っていませんが、これからどんどんやっていきます。

簡易的で間接的な、都合の良い関係性を築きましょう。

それではこのへんで。




『チャンネル1』 - channel one -


“しゃべることはあるか?”
日々の「ニュース」と「言葉」をピックアップ。
超個人的な一人情報シェア番組。
極力毎日更新。

※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。



関連記事



『チャンネル1』開設


ちょっとご報告を。



『チャンネル1』 - channel one -



『チャンネル1』 - channel one -



“しゃべることはあるか?”

日々の「ニュース」と「言葉」をピックアップ。
個人的な一人情報シェア番組。
極力毎日更新。

※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。


というようなことをやります。

なんのこっちゃよくわかりませんが……。

まぁ、「動画でしゃべる」っていう、ただそれだけです。


出演は私ひとりで、配信はできれば毎日やりたいです。無理だろうけど。

時刻は、仕事の都合でまちまちになるのですが、そのへんはTwitter(@ryotaism)にて随時報告していきます。


もうちょい具体的にいうと、

  1. まずUstreamで生放送、
  2. 放送後、録画をYoutubeにアップ

という流れ。一本の尺は短く、長くて10分程度。

話す内容は、

  • 日々のニュースや情報のシェア
  • 日々の個人的思い

……などなど。

例によって、具体的に何も考えていない。

が、今回はけっこうマジだ。マジでやろうと思ってる(なんの説得力もないが)。

ウェブカメラまで勢いで買ってしまったくらいだから。



いつまで続くのかわかりませんが、何もしないよりマシかと。何をやるにしもてスピードは早いほうがいい。たぶん。

失敗ばかりの人生で、またしても失敗を繰り返すかもしれませんが、何度失敗してもチャレンジし続ける人生でありたい。そうでもしなければ、もはや救いようがないなあ俺。


***


私のような凡人でも、しゃべることがあるのか。

いや、凡人であるからこそ足掻くべきじゃないか。

そんな気持でがんばろうかと思います。

少しでも有益であれば、幸いです。

これに関しては、Twitter(@ryotaism)にてツイートしていきますので。






『チャンネル1』 - channel one -


“しゃべることはあるか?”
日々の「ニュース」と「言葉」をピックアップ。
超個人的な一人情報シェア番組。
極力毎日更新。

※配信予告はTwitter(@ryotaism)にて行います。


オリンピック、東京に決まったけど金の話ばかりだな


仲条さんがツイートしていて、「ま、たしかにな」、と思いました。



「なんか、金の話が多すぎるぞ!!」
って。

たしかに。多い。

経済効果とか、費用がいくらかかるとか、あと、震災にからめたりとか。

それはとても大事なことだけど、本来、話の中心はそこじゃないよなあ。そこじゃないはず。

遠い海外じゃなく日本で行われる。

祭りの興奮を近くで感じられる。

東京で俺ら、オリンピックを楽しめるんだよ。

それ、いいよね、「楽しみだね」って。

先ず以て、そういう感想がふつうだろう。

が、ウラには金にまつわる色々があって、一時の祭りのために、誰かが、多くの人が苦しむかもしれない。

これはこれでやはり重要で、その視点はもつべきだろう。

けど、皆が皆、そればかりに言及していると、

これからオリンピックを目指そうとする子どもたちにとって、「オリンピックってそんなゲスい大会なのか。ツマンネ」となりかねないわけで。

日本のスポーツ力および魅力の低下、スポーツへの無関心につながったり。長い目でみれば。


そもそもオリンピックに興味があるのか



これについて、ボク、思うんですよ。

そもそも、今回の東京招致以前から、

『我々はオリンピックにどこまで興味があったのか?』

あんまり、そこまで、興味ないんじゃないか。

だから、お金とか経済のほうに、目がいってしまうんじゃないか。


以前から、オリンピックというスポーツの祭典が大好きだったら、「お金の話を一番目にしないだろう」って。

かねてからのオリンピック好きは、「お金の話」は二番目で、まずはオリンピックというスポーツの話をするだろう。

あの競技に注目したいとか、日本のスポーツがどうなるかとか、純粋にスポーツについて論じるだろう。

実際さ、今回東京に決まって、涙する競技者がいたよね。

あの人たちは、経済うんぬんじゃなく、「スポーツの魅力」に軸足をおいている。

で、そこまでオリンピックというスポーツ大会に興味ない人は、「経済の側面」から考察している。興味が無いからそっちのほうに目がいってしまう。

あるいは、興味がないがゆえに、この話題に関して、“経済の側面からしか論じられない”。

と、なんか、そんなふうに感じたんだよね。


***


「オリンピック」にも「経済」にも興味がないって人もいるだろう。

そういう人にとっては、どうだっていいことかもしれない。

まぁでもこんだけ話題になっているし、ちょっと考えてみるのもいいかもしれないね。たまには。

じゃあまた。