Google検索に顔写真が表示されない人へ

どうも。

Google検索した際、一度や二度は見かけたことがあるかもしれません。


Google検索 顔写真


↑画像のように、

投稿者の「顔写真」をGoogle検索結果に表示する方法について。

一般的には、次の方法が紹介されています。


1. Google+に登録する

  • プロフィール設定をする
    本名と顔写真の登録
    ※顔写真は、なるべく顔がはっきりわかるもの
  • [基本情報] → [リンク] → [寄稿先]に、自身のサイト登録
  • Google+ - アカウント設定のところで、[検索結果でプロフィールを見つけてもらえるようにする]にチェックをいれる。

2. 自身のサイトに著者情報を埋め込む


  • 以下のコードを<head>内にいれる。
    <link rel="author" href="https://plus.google.com/「自分のGoogle+のID数字」" />

3. 構造化データテストツールでチェック


※このやり方について、もっと詳しく知りたい方は「Google検索 顔写真」で検索するとたくさんでてくるので、そちらを参考に。


以上が“一般的”なやり方なのですが、

待てど暮らせど表示されない……。なぜだ……。


が、これから書く、以下のことをすべて行えば、

高確率で顔写真が表示されるのではないかと思います。

実際、私はこれらを行って2日後、顔写真が表示されたので。さいきん。


Google検索で顔写真が表示されないときの打開策


Googleロゴ

  • Google+を更新させる
  • プロフィール情報を埋める
  • プロフィール写真に名前タグをつける
  • 記事に著者情報を明示する
  • Googleバッジをサイトに貼る
  • Google著者情報登録

※冒頭の「一般的な方法」をすでに行っていることが前提です。


Google+を更新させる


具体的には、

  • 「投稿しましょう」
  • 「サークルに人を追加しましょう」
  • 「コミュニティに参加しましょう」
  • 「コメントにリプしましょう」

以上の4点です。

「ちゃんとGoogle+を使っていますよ」というサイン。

サークル追加は10人、コミュニティ参加は5グループ。

コメントのリプは、[注目の投稿]から適当なものを3つ見つけて。

一日だけですが、私はこれらを行いました。


Google+プロフィール情報を埋める


プロフィールをなるべくすべて埋める。

仕事や、住んでいるところなど。

また、なるべくすべて「一般公開」にする。


プロフィール写真に名前タグをつける


Google+の[写真]から、アップしたプロフィール写真を選択し、「名前のタグ」で自分の名前をつける。


記事に著者情報を明示する


サイト<head>内だけでなく、それぞれの記事の投稿者を明示させる。

私は記事の下に、以下のコードをいれました。

投稿者: <a href='https://plus.google.com/117360244852221930721?' rel='author' target='_blank'>福森亮太</a>

数字の箇所は自身のGoogle+の数字ID
投稿者名はGoogle+と同じ名前であること
※見えなくしたり、隠さないこと


Googleバッジをサイトに貼る


下記リンクからGoogleバッジの作成ができます。


できたコードをサイトに貼りましょう。

私はブログのサイドバーに、[アイコン(小)]を貼りました。


Google 著者情報登録


これまでのことをすべて行って上で、下記サイトからGoogle+プロフィールをリンクさせましょう。


同一ドメインのアドレスあればベストですが、私は異なるアドレスを入力、登録しました。



すべて行った、その結果……


Google検索

これらを行った二日後、無事に顔写真が表示されました。

やや面倒ですが、これらすべてを行えば、表示されると思います。

ポイントは、自身のサイトとGoogle+との間で「相互リンク」がしっかり行われていること

他、ブログの投稿記事は最低でも50以上はあること、ちょこちょこ更新していることも大事だと思います。

労力は要りますが、Google検索からの流入が顕著に増えました(Yahoo!は変わらず)。


ちなみに、スマホなどのモバイルにおいても、顔写真は表示されます。

Google検索 顔写真


***


SEO的にどうとか、そんなんじゃない。

アクセス数を増やすためとか、そういうのでもない。

せっかっく本名で、顔出しでネットをやっているなら、

「こういうのやってみたら?できるんだし」という選択肢。

基本的には、こういうの、匿名の人にはできないことなんだし。