五月の蝿(RADWIMPS)の歌詞は二律背反である

五月の蝿 / ラストバージン

RADWIMPS『五月の蝿/ラストバージン』

発売前から『五月の蝿』の歌詞は話題になっていました。




…さて、この歌、この歌詞をどのように解釈すればよいか。

戸惑いました。

歌詞と睨めっこしていると、

「あれ?こういうことかな?」と、思いついたことがあったので、記そうと思います。

(注)以下、私の完全な妄想である。






昨今のラブソングへのカウンター



この歌を聞いて、あるいは歌詞を読んで、記憶に残るフレーズは、“許さない”

僕は君を許さない もう許さない もう許さないから


昨今のラブソングにみられる、

“会いたくて会いたくて”を代表とする、同じ言葉を繰り返す、シンプルな強調表現


強調したい感情を、同じことを“二度言う”形式。

「大好き」という感情を伝えるのに、「好き」という言葉を二度言う、ある意味、淡白な表現方法。

この逆をRADWIMPSは突いたのではないか?

昨今のラブソングにみられる淡白な“二度言う”強調表現を用いて、「好き」の対局にある「憎悪」を二度言うことで、昨今のラブソング(あるいはその歌われ方)へのカウンターを図ったのではないか?

先ほど、“ある意味、淡白な表現方法”と述べたが、

「『好き』という感情はそのような淡白なものではなかろう」という、風刺的な意味合いが込められているように感じた。

まずこれが一点。



愛という憎悪


マニフェスト

さて、一見すれば、これは「憎悪の歌」である。憎しみという感情。

が、途中、次の歌詞が挟まれている。

激動の果てに やっと辿り着いた 僕にもできた絶対的な存在
こうやって人は生きてゆくんでしょ?
生まれてはじめての宗教が君です

また、ネット上ではこんな声もあがっている。

「これはもしや究極のラブソングではないか」

要は、「好きすぎて逆に憎い」というもの。

“嫌い嫌いも好きのうち”。

歌詞に込めらている憎しみの総量は、そのまま愛情の総量ではないか。

よって、「裏返せばラブソングではないか」、と。

あるいは、大いなる失恋ソングともとれる。

「こんなにも好きである」のに、君に手が届かない。

対処として、好きという感情のベクトルの矛先を逆に向ける。

だが、ベクトルの熱量自体は変わっていない(減らすことができない)。

つまりは、

「好き」という自身の感情を遠ざけるために、その反対を向いたのだが、熱量がそのまま保存されているが為に、「憎しみ」という形に転化せざるをえなかった。



二律背反、“あやふや”な結末


生春巻き [DVD]

憎しみの歌であるが、同時に、愛の歌でもある。

が、しかし、どうだろう。

そのように簡単な、“ありがち”な歌を、RADWIMPSが歌うだろうか。

歌詞と睨めっこしていたら、最後の文で、ふと気づいた。


の愛する我が子が いつか物心つくとこう言って喚き出すんだ
「お母さんねぇなんで アタシを産んだのよ」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」
……
  そこへ僕が颯爽と現れて 両の腕で彼女をそっと抱きしめる
は何も悪くないよ 悪くないよ 悪くないから


は何も悪くないよ 悪くないよ 悪くないから”という最後の箇所は、一見すれば、『生まれた子供』のことを言ってるように思われる。

が、一度、全文を読んでいただければわかると思うが、

歌詞内おいて、相手女性のことを、終始、『君』と呼んでいる。『君』と称している。

また、『生まれた子供』のことは、『彼女』と呼んでいる。

つまり、最後の最後で、(「相手女性」のこと)は何も悪くないよ 悪くないよ 悪くないから”と言っているのではないか。


が、これはあくまで私の妄想である。

というのも、最後の『君』を『生まれた子供』として読んでも、問題なく歌詞は完結するからである。

つまり、どちらともとれる歌詞となっている。

私は思った。

「この憎しみは愛の裏返しである」、なぞ云うわかりやすい詞ではない。

最後の最後まで“あやふや”にしている。

否、“あやふや”にせざるをえなかった。

「君を憎んでいる」という命題、「君を愛している」という反命題。

そんな「二律背反」が、自己矛盾が込められている。


愛と憎しみが背中合わせで同居しており、ラブソングともとれるし、単に憎んでいるだけの歌にもとれる。

どちらも同じだけの妥当性をもっている。

先のことを持ち出せば、

『君』のことを『生まれた子供』と読むこともできるし、『相手女性』として読むこともできる。いずれも妥当。 

前者、『生まれた子供』とするならば、「憎しみの歌」となる。一方、後者とすれば「愛の歌」となる。

“どちらともとれる”、つまりは、“あやふや”なのであり、

読み手が一つの結論を導き出せない作りとなっている。


というより、そうせざるをえなかったのではないか?

「愛」は「好き」という言葉のみで、淡白にあらわせるものではなく、その反対である憎しみでもあらわせることができ、「愛」をそのような混沌複雑なものとし、単純な結論が導き出せないものとし、結句、そうして作られた歌が『五月の蝿』ではないか。


あれこれ考えた末、

命題と反命題が共存している「二律背反構造」、それが私なりの『五月の蝿』に対する解釈である。


***


いわずもがな、以上は私の妄想である。

「お前、それ違うよ」という意見もあるだろうが、まぁ、一般人のブログなんてこんなもんです。レベルの低いものですから、どうぞひとつ穏便に願います。

「なかなか面白かったよ」という天使は、別の記事もあるので、よろしければ。


この中でも書いたけど、RADWIMPSを聴くたびに思う。

「ついに、クラスにいる秀才がロックを始める時代になったか」、と。


それではまたお会いしましょう。@ryotaismでした。


音楽関連の記事





Evernote Clearlyを使えばめっちゃ見やすくなるよ!


みんな、Evernote、使ってる?

「いや、ぶっちゃけあんまり使ってないんだよ…」

「なにそれ?知らない」

じゃあさ、Evernote Clearlyは知ってる?

すばらしいサービスだよこれ。作成者に敬意。


で、今日はね、

Evernoteを知らなくても、使っていなくても、

「『Evernote Clearly』は便利だよ」ってことを書きます。




Evernote Clearly


http://evernote.com/intl/jp/clearly/


「Evernote Clearlyってなに?」

たとえばさ、広告だらけで読みにくいWEBページあるよね。

そんなとき、文章にだけ集中したいよね。

Evernote Clearlyのボタンをクリックすると、不要な広告をとりはらってくれて、文章だけを読みやすく表示してくれる。

加えて、ワンクリックでそのページをEvernoteに保存できる。


Evernote Clearlyはソフトじゃなくて各ブラウザのアドオン。拡張機能です。

インストールすると、ブラウザのどこかしらに下記のマーク、ボタンがあらわれる。

http://evernote.com/intl/jp/clearly/

で、読みたいページでこのボタンをクリックすると、文章のみの、シンプルな表示に切り替わる。


↓ちなみに紹介動画がある。







簡単な使い方



使い方もへったくれもないんですが…。

  • マーカーをひける
  • Evernoteに記事保存できる
  • 文字サイズや背景色をカスタマイズできる
  • 印刷ボタンがある

まぁ、この4つがメインです。

(文字サイズや背景色は[アルファベットボタン]→[カスタム]から変更可)

Evernoteへの記事保存も視野にいれると、タグやらノートやら、いろいろカスタマイズできる。

けど、今回はそれについてはパスする。

Evernoteを使わずにClearlyを便利に使うという話だから。



Evernoteを使っていない人でもClearlyは便利!




Evernote Clearly、言うまでもなくEvernoteと連携しているサービス。

ワンクリックで、そのWEBページをEvernoteに保存できる。

(「Evernoteって何?」という人はググってみよう。)

こりゃあ便利だな、って思うけど、

でもさ、Evernoteって、ボリューミーで高機能だけど、使いこなせる人って少ないんだよね。

でもだからっつって、Evernote Clearlyを使わないのはもったいない。

Evernoteを使っていなくても、「Evernote Clearly」は便利に使えるよ。

だって、本当にキレイにシンプルに文章のみを表示してくれる。

わずらわしい広告を排除し、読むことに集中ができる。

物は試し、一度使ってみるといいよ。ほんとおすすめだから。

たとえば、『まとめ系サイト』とか、広告ばかりでごちゃごちゃしてて見にくいじゃん?

それを非常に見やすくしてくれる。

別にそれをEvernoteに保存する必要なんてないんだ。

ただ、シンプルに見やすくするためだけにEvernote Clearlyを利用するのもいいんじゃないか。

ボクはそう思うし、そのように使っているよ。

で、たまに、すごく良い記事を見つけた時だけ、Evernoteに保存している。マーカーつきで。

物は試し。Evernote Clearlyを使ってみてはいかが?

ほんとおすすめです。


★★★

ちなみに、「縦書きで読みたいんじゃ!」という人はsmoopyがおすすめです。


ボクは「Evernote Clearly」と「smoopy」の両方を、状況で使い分けています。

これらのツールを用いると、あきらかに読む速度が変わります。

ネットで大量の文章を読んだり情報を摂取するような時代です。

少しでも読みやすくして、速読でさっさと消化してしまいましょう。

それではまた。@ryotaismでした。

  • 発売日 : 2012/12/06
  • 出版社/メーカー : コクヨ

ネットで本名を晒す危険性~低能本名主義に愛を込めて花束を~


先日、読んだ。




うん。これはある。これはあると思うぞ。

ポイントはふたつだな。

  • ハイリスクなことに気づいていない
  • リアルにおける影響力の無さを証明している

これはあると思うぞ。

かくいう私も本名だし(Twitterもブログも)。

“リアルの世界において影響力がないから「本名」で活動している、あるいは活動ができるのだ”

これはまったくそうですな。うむ。

「あとあと後悔するぞ」&「ネットで本名でやってもリスク大きいよ。You、それに気付いている?」&「本名だからつって、偉いことなんて何もないぞ!」



なぜネットで本名を名乗るのか?



以前、ボクはこんな記事を書いたっけ。


「リアルな世界で影響力がないから、ネット上でちょっとがんばろうや。いいことあるんじゃない?」ってこと。

メリットはゼロじゃないんだよ。たぶん。

匿名よりも本名のほうが説得力(というか圧迫感)が増す。

「リスクあるのに本名でやってるよコイツ」、ある種の「ガチでやってる感」があって、「たかがネットなのに、コイツ真剣にやってるんだな」、というのは幾らかあるんじゃないかと思います。

……ま、そんなことよりも、なんつーか、結論、

「匿名の人」は、会える気がしないんだよ。


匿名のカキコミは「へぇーおもしろいなぁ」とは思うけど、街中にある壁の落書きみたいなもんで、どこの誰かもわからんし、落書きの主とは会えないよね、基本。

匿名のカキコミは「見かける」で終わる。参考程度で終わる。

他方、実名のカキコミは「会える」で終わるかもしれない。


実名は匿名の人よりもリアリティがあって。この世界に生息している、現存していると思える。匿名は幽霊っぽいけど、実名は「この人は本当にいる人だ」と思える。


いずれも「思える」「思ってしまう」というレベルだけど、

この差、あるんだよ、ボクの中で。しかもけっこうデカイ差が。

読んでもらえるような人じゃなくて、会ってもらえるような人になりたいって、たまに思うんだよ。たまにだけど。だから本名を使うのかもしれないね。


また、ネットを職場にするならやっぱ本名じゃないか?とか、あと、ネットとリアルの境目とか、「もうそんな時代じゃねぇだろ」的解釈もある。

まぁそんなのはどうでもよくて、

「俺のリアル(現実生活)なんてクズでカスで死にたいから、せめてネットでは本名でいく」という自暴自棄もあるだろう。



賢くないのでネットで本名を使ってしまう



で、最初に戻るけど、

「リアルでダメなやつだからこそ、ネット上で本名を名乗ることができる、あるいは名乗ろうとする」

という背景があります。

全くそうだろうな、と思います。

てか、ネットで本名を使用するメリットなんて、あんまり無いんだよね。あったとしても、“そういう可能性がある”という域を越えん。

つか、むしろリスクのほうが多い。


「え、じゃあ、なんで本名でやるの?バカなの?キミ、バカなの?」

まぁ、一言でいえば、そのとおり。バカです。

先ほど記述したメリットなんざ、それこそ「リアル(現実)でダメな人」の発想なのかもしれません。「そんなんだからお前はリアルでダメなやつなんだよ!」って話。

たぶん、賢明な一般人はリスクをきちんと把握し、ネット上で本名を使用せず、「匿名」を選択すると思います。

(賢い、賢いよ。俺、そんなに賢くなれないよ。てか、本名を使っているのも、“なんとなく”だよ、ぶっちゃけ。ペンネーム思いつかなかっただけっす。消して、だれか俺を消して。)


そういや、以前、こんな記事も書いたよボクは。


「本名にしなきゃ生前の記録にならんだろ」という、極めて低能な文章ですが、これは前述した自暴自棄の延長でもあり、根底には安っぽい「死にたい願望」が流れています。

結句、泥沼化、負のスパイラルに溺れ死にます。

いいことなんて、ひとつもありゃしない。

ネット上で本名を名乗るメリットはたいして無く、むしろリスクのほうが多く、まとめると、「実名やめましょう、匿名でいきましょう」となります。

つまり、ちょっとバカじゃないと、つか、バカだから本名を名乗るのです。



バカになりたい、人生に失敗したい



さて、横暴、いきます。

バカになりたいんですよ。人生に失敗したいんですよ。

マゾヒスティックなやつです。バイアスはタナトス。

「リスクのほうが大きくても、あえてそっちを選びたい」んですよ。

みんなが「本名なんてなんのメリットもねぇよ」といえば、「じゃあそっちを選ぶよ」というひねくれクソ根性でもあります。

そのほうが失敗する率が高くても、そっちのほうがボクには面白いんです。

本名でいくか迷っていた時、「本名を拒む流れに逆らうほうが面白そうだ」って、一瞬、思ったんですよ。

で、「ボクがそう思ったように、みんなにとってもそのほうが面白いんじゃないか?」って、一瞬、思ったんですよ。


たとえそれで失敗しても、「あーもう、死んでやろうじゃないか」って。壊れていく感じ、失敗して終わっていく感じが気持ちよくて。ボクみたいなカスにもデカダンス思考あるんですね。

価値観の話。

「成功も失敗もせず終わる」ならば、「失敗して終わる」ほうが、納得して死ねる。

ともすれば、「失敗して終わっていく様」には、美しさがある。

『勝者の笑顔よりも美しく感ぜられる後ろ姿が、敗者にはある』って、ボクは信じているんですよ。

ボクはそっちをとる。

本名を名乗ることが敗者の愚行だとしても、そっちのほうが面白い、そっちのほうがキレイな負けっぷりとなるなら、ボクはそちらを選ぶ。


ただ、思う(ここ重要)。

本名だからっつって、なんもスゴイことなんてない。

もしも本名であることを笠に着て偉そうにするなら、それこそマジでバカだ、と。バカだけどそのバカになっちゃあいけない、なぜなら、その失敗は美しくなかろう、と、そんな価値観はある。


***


すまん。またつまらん長文を書いてしまった。

でもブログに書かないと、うっかり、現実生活で友達にこういうこと話してしまいかねない。

そんな迷惑行為をまぬがれただけでも、まぁよかった。

じゃ、また来てくれよ。雨の日も風の強い日も待ってるから。





猫の癒し画像(photo by @y_kuru)


私がTwitterでフォローしているkurusaki (@y_kuru)さんが、猫画像をちらちらと載せていて、

「んー、癒されるなぁ」と思ったので、ちょっとのせておきます。



猫の画像(photo by @y_kuru








***


ちょっとでも「イイね」と思った方は、

氏のブログを一度のぞいてみてはいかがでしょう?



んー、オレも何か撮りたくなってくるなぁ。

と思いますけど、クレイアニメをつくる根気はさすがにないな(-_-;)

現在制作中みたいだけど、とんでもなく時間がかかる作業だと思うけど、

その過程を楽しみに追っかけていきたいと思います。

では今日はここまで!


音楽を聴くことを一切辞めてしまおう@NO MUSIC LIFE!


以前、こんな記事を書いて。


まぁ、つまりは、ウォークマンが壊れて、強制的に音楽を聴けなくなった、と。

で、「音楽のない日々」を過ごすようになって。

今までは仕事終わりの電車内とか、買い物の時とか、

必ず音楽を聴きながらだった。

けど、「無音」になった。

(いや、実際は無音じゃなくて、雑踏、騒音、自然の音、人の声……、いろいろと耳に入ってくるわけですが)


で、どんなふうに変わったよ?って。

毎日がやたら重くなった。

具体的にいうと、

「自分の人生を誤魔化す時間が減った」。


「音楽を聴かないススメ」「NO MUSIC LIFE」について、ちょっと書く。


音楽を聴かなくなったら「自問する時間」が増えた!



音楽を聴くという行為は、不安を誤魔化してくれるんですよね。

そのへんは以下に書いた。


ボクが音楽を聴く理由の大半は、

「現実逃避」
「暇つぶし」「慰め」「誤魔化し」なんすよ。

漠然と、たいした理由もなく、膨大な時間を、音楽の視聴についやしてきました。

(ごめん、マジで音楽やってる人。でも本当なんだ)


で、音楽を聴かなくなった近頃の私。

たとえば、仕事終わりの電車内。

今までなら、ストレス発散みたいな感じで、音楽を聴いてた。「あ~音楽、リラックス」みたいな(リラックスなんざボクみたいなカスにはちょっと早いよね…)。

で、今じゃ、その音楽が無いわけさ。聴かなくなった。

すると、「自問自答する時間」が一気に増えた。

強制的に、一日を振り返ったり、明日のことを考えざるを得なくなった。

音楽がないから、暇なんだよ。電車内。

すると、沸々と浮かび上がってくる。

「このまま一日が終わってもいいのか?」

「明日から、ボクは将来どうすべきなのか?」

などなど。

人生が、“むきだしになる”という表現がふさわしい。

ボクの人生、ボク自身の人生。

かくれていた不安。

本当は面と向かわなきゃいけなかった問題。


今までは音楽を聴くことで、そういった『めんどくさいこと』を考えずにすんでいた。

というか、“めんどくさいから”音楽を聴いてごまかしていたんだよね。

で、その音楽がなくなることで、結果、人生を真剣にマジメに考えるようになった。

かくれていた不安、本当は面と向かわなきゃいけなかった問題がむきだしになって、

自問自答する時間が増えたんだよね、音楽を聴かなくなったことで。

そのぶん、しんどいよ。めんどくさいよ。

でも、少し、マジメに人生を考える時間が増えた。

音楽を聴かない時間を増やすことで。


NO MUSIC LIFE!



ボクにとって、音楽は“やさしく現実逃避させてくれる”道具だった。

「そんなバカな!そんなはずがないだろ!音楽とは崇高なもの!ボクにとっては、かけがえのないものだ!!」と、言いたいよ。否定したいよ。でも、ふりかえってみたとき、大半が『暇つぶし』で聴いていただけだったんだよ。それがボクの現実だった。

音楽に人生を変えられたとか、特段、無い。

「泣いた…」とかいうのもない。うらやましい。

で、思ったんよ。

中途半端に音楽を聴くくらいなら、

『音楽を聴くことを一切辞めてしまおう』、と。

ボクみたいなカスが中途半端に音楽を聴いていると、『都合の良い現実逃避』や『弱者のための女々しい慰め』とか、そういう下等な理由ばかりで、ろくなことにならない。

“百害あって一利なし”といわれる、煙草みたいなオチ。

結句、何も生まれない。それどころが“現実から目をそむけさせる”障害となっていた。

だったら、今すぐやめた方がいい。やめたい。

音楽を聴くのも、いい。音楽を聴かないのも、別によい。

音楽周辺の同調圧力なんざ、気にするこたぁない。


でも、なかには、「本当に音楽を愛している人」がいる。

そういう人は、それでいいと思う。

たくさんの価値観を吸収して、成長していくのだろうと思う。

が、ボクのように、

音楽を「なぐさめ」や、「暇つぶし」程度に利用している、

あるいは、人生の不安をその場しのぎで「ごまかす」、

そんな聴き方をしていたって、なにも生まれない。ボクはそうだった。

「音楽が人生に好影響をもたらしている」ように感じていても、じっくり考えてみると不要だった、また、実はマイナスの影響をもたらしているということはあるだろう。

みんな、「音楽って素晴らしい!」って言うよ。

だから、ボクも「そうなのかな」って思うよ。

でも、みんなが「イイ」と言うものほど、疑ってかかる。

あやしい。みんながみんな、「イイ」って言いすぎてる。

無料だろうが有料だろうが、音楽は「需要が高い」。

その真逆を突っ走ってみたら、ボクは、ボクのドブ底のような人生を少しはキレイにできるんじゃないか?終わってしまった人生を、またゼロからやり直せるんじゃないか?

…なんて大げさだが、んなわけないのだが、

「NO MUSIC LIFE」、試しに送ってみてはどうだろうか。

ちょっとは何かが変わるかもしれない、しれないよ?って。


***

ボクのような人間は他にもいるんじゃないか?って、

そう思ったから、こういう記事を書いてみた。

音楽はそこまでいいものか?

なんか、固定観念や周囲の影響とか、そういうの多々ある気がするんだよ。

そんじゃあまた。音楽が苦手な人たち、わずかな同胞よ。また来てくれたら、ボクは跳んで喜ぶ。本日もありがとう。


音楽関連の記事




Amazonでお茶ペットボトル2lを激安で買う?

神戸茶房・烏龍茶

『コンビニで105円のパックのお茶を買うより、2リットルのペットボトルを買ったほうが安い』

そんなこたぁ当たり前だ!オレだってわかっとる!

しかしボクはなぜ…その、“当たり前”をやってこなかった…?

理由は簡単だ。


  • 買いに行くのが面倒だ
  • スーパーから2リットルを持ち帰るのは大変だ
  • そもそも買うことを忘れてしまう


なんとかならないものか…。不甲斐ないオレ。

あ、そうだ、Amazonがあるじゃないか。

前回のお米につづいて、今度はお茶を買ってみよう。

検索。

『2リットルのお茶で最も安いもの』をサーチ。発見。


  • 発売日 : 2012/11/06
  • 出版社/メーカー : 富永貿易

原材料・成分
烏龍茶、ビタミンC

商品紹介
中国福建省産茶葉100%。
やわらかな甘みの「水仙」とのどごしの良い「色種」をバランス良くブレンド。
上品な香りが広がるすっきり心地良い飲みやすさ!
「神戸茶房」はお手頃価格でおいしさと安全をお届けするお茶のブランドです。
お食事のお供に、レジャーに、リラックスタイムに!



1,380円÷12本=115円

つまり、[2リットル1本:115円]。

うん、まぁ、安い。神戸茶房おそるべし。送料無料だし。


が、スーパーなら[2リットル1本:98円]で売ってる。

いつもはそっち買ってたんだよね。

でも重いし、忘れるし、買わないし、、、

で、結局、コンビニの紙パック1リットル105円のお茶を買うんだし。


じゃあ、115円のこちらを最初から買っておいたほうがかしこいんじゃないか?

馬鹿なオレでもそれくらいはわかるぜ。

お茶は保存がきくから、多めに買っても問題ない。

おし。クリック、購入。



神戸茶房・烏龍茶


烏龍茶、到着!

先ほど、届いた。

2リットル12本。

なかなか重い。。。

とりあえず布団の上に置く。そして開封。

烏龍茶12本

取り出す。

烏龍茶2
神戸茶房・烏龍茶(2リットル)

表示を確認。

烏龍茶3

成分は普通の烏龍茶ですね。そりゃそうか。

では早速…。



飲んでみた



…うん、ふつうの烏龍茶。

おいしいし、なんら問題ない。


特段のこだわりがない人や、喉をうるおすのが目的なら、もうこれでじゅうぶんでしょ。

うむ、節約だ!

いや、しかしキミはこう云うんだろ?

「自分で湯を沸かしてお茶葉でつくったほうが安いよ」

「スーパーならもっと安いよ」

わかってるけど、めんどくさいんだよ。

で、結局、コンビニでお茶の紙パック買っちゃうんだよ(2回も言わすなよ)。

それを考えると、amazonで買ったほうがいいだろ?安くすむだろ?なぁ、そうだと言ってくれよ。

さて。

今後はAmazonで2リットルのお茶を買うようにしますから!オレ!そういう独身でいきますから!!


***


以前、Amazonで格安お米を注文した。

そのとき、満足度が非常に大きかった

「Amazonで食品を買うっていいじゃない!」、と。

ネットで食品を買うことに抵抗をもっていた過去のオレはいない。

生活関係のものはすべてAmazonで買い揃えてやろうかとたくらんでいる独身、それがオレだ。

オレは人生が楽しい。きっと楽しい。

じゃあまた。また来てくれよ。きっとだぜ。いつも読みに来てくれるんだからキミはまた来てくれる、オレは信じている。じゃあまた。



  • 発売日 : 2012/11/06
  • 出版社/メーカー : 富永貿易

  • 発売日 : 2011/09/02
  • 出版社/メーカー : 藤井商店


関連記事



「Youtubeアノテーション」の使い方(音楽PVでの活用)


音楽に特に興味があるわけでもないのですが、ちょっと思ったことを。

Youtube上での音楽PVについて。

「“アノテーション”をもっと活用したらいいんじゃないか」



“アノテーション”ってなに?



アノテーションっていうのは、動画の上にテキストやリンク重ねること。

わかりやすく動画作ったよ。見て!これ見て!



※アノテーションは、標準のYouTube プレーヤーと埋め込みプレーヤーで表示されるが、モバイルやタブレットでは表示されないっす。


こんな感じ。うん、わかった。でも使い方わからん。そうか。



Youtubeアノテーションの使い方



  1.  [動画の管理] を選択
  2. 編集する動画の [編集] ボタンの右にある下矢印をクリック
  3. [アノテーション] を選択

以上だよ。


で、[アノテーションの追加]から以下のどれかを選択する。

  • 吹き出し:
    テキストを表示する吹き出しを作成。
  • スポットライト:
    ユーザーがこの部分にマウスを移動すると、あらかじめ入力しておいたテキストが表示される。
  • 注(メモ):
    テキストを表示するボックスを作成。
  • タイトル:
    動画のタイトルを表示するテキストオーバーレイを作成。
  • ラベル:
    動画の特定の部分を呼び出して名前を付けるラベルを作成。


(このへん、詳しくは動画アノテーションについての詳細にのってるよ!)


で、「挿入位置」「文字の大きさと色の指定」「リンクの追加」をなど行っていくわけさ。



活用例


  • 動画内にURLがあるなら、その部分を枠で囲い、アノテーションでリンクを貼る(関連付けられているウェブサイトについては後述)
  • Youtube動画の概要欄に歌詞やサイトURLを掲載している場合、「概要に歌詞をのせています」とか挿れる
  • 動画作成したものの、後日、変更点があった場合、注釈をいれる

……などなど。

基本テクニックは、「動画内における目立たせたい『部分』を枠で囲い、アノテーションを組み込む」

想像力次第でアノテーションはいくらでも応用ができる。

アノテーションをメインに据えたもの、「アノテーション活用を前提に、そこから逆算して動画を作成する」、なんてことも。

クリエイティブな作品もつくれるかもしれないね…。



動画内のクリック率をあげよう


何でもかんでもリンク貼れるってわけじゃない!

動画の外じゃないよ。動画の中。

で、先ほど書いた「リンクの追加」ってのが大事になってくる。

ただし、Youtube動画内に追加できるリンクサイトは限られている。

いくつかあるのだけど、現状、有効的なのは以下。

  • 動画
  • 再生リスト
  • チャンネル登録
  • 関連付けられているウェブサイト

「今、一番見てほしいものはどれか?」を踏まえ、いずれかを選択する。

で、今回とりわけ重視するのが、「関連付けられているウェブサイト」

基本、リンクとして貼れるのは、Youtubeの動画やチャンネル、Google+のみ。

で、唯一、外部リンクとして貼れるのが「関連付けられているウェブサイト」。ここマジ重要。



「関連付けられているウェブサイト」の登録



[動画の管理] → [チャンネル設定] → [詳細設定]

ここで自身のサイトURLを登録することで、

「関連付けられているウェブサイト」のアノテーションを作成できる。

必ず登録しておこう。マジ損ない。



著作権フリーの無料音源を作っておこう



持論で申し訳ないが。

『音源を売るために、著作権フリーの音源を用意しておく』

価格のついた音源、本丸とは別に、

“みんなにどんどん使ってもらえる”ような、著作権フリー・商用利用可の音源を、宣材としてひとつは用意しておく。


これを配布、拡散させる。


先日、Youtubeで「無料オーディオライブラリ」が公開されたことは記憶に新しい。(YouTube、無料オーディオ・ライブラリー150曲を公開―ダウンロード、リミックス、商用利用すべて可 | TechCrunch Japan)

    “利用される音源”の時代。

    人様に使ってもらえるような、「社会的に利用価値のある『素材』」を提供する。

    「プライドを捨てろ」というわけではない、ひとつ用意するだけでいい。

    「やりたくないことをやる」のは「やりたいことをやる」よりも深い行いだったりする。



    で、この著作権フリー音源がダウンロードできるページが用意できたら、言うまでもなく、アノテーションによる「リンクの追加」→「関連付けられているウェブサイト」。

    「youtubeで無料で聴かれて終わり。死にたい」、ではなく、一歩進める。

    “見るだけ”、“聴くだけ”で終わらせない。


    アノテーション活用によって動画内の「クリック率」を上げる。


    ***


    売れたいと思っていない人には、なんの価値もない記事でしたね…。すいません。


    Youtubeでの音楽PVはまだまだ進化する。こんなもんじゃあない。

    ではまた。また来てよ。おうまた来るよ。嘘ばっかり!!いやほんとだよ!…ありがとう。じゃあ待ってるから。

    音楽関連の記事





    Youtube関連記事