アイドルの「物語性」にだまされてはいないか?


『物語』ってやつ。

あるいは『物語性』ともいうかな。

サブカル評論の人たち、よく言ってるけどさ。

『今現在にいたるまでの過程、その物語』

そんな物語(過程)にこそ価値があるって。

それはお金や数字ではあらわせない。だからこそ価値があるって。



売れない頃、路上でパフォーマンスしていたアイドルが、
今では、武道館で大勢の客から歓声をあびている。

「物語」がここには存在する。

ピンポイントな今現在“だけ”じゃない。

今現在までの過程を含んだ『今現在』。

単なる点じゃなくて、線の上にある点。

「物語」があるんだよね。

彼女たちが武道館にあがるまでの「物語」。歴史。

それは数字ではあらわせない。

ただ単に武道館でライブをしているんじゃない。

彼女たちの過去、今に至るまでの物語が、その武道館ライブには込められていて、見る者は感動がこみ上げてくる。

単純に武道館でライブをしているというわけではないのだ。

そんなこんなで、

「物語や過程こそが大事なんだ」という人をよく見かける。

さて、一石投じる。

そんなに『物語』っていいものか?

『物語(性)』があればそれでいいのか??



以前、私は次の記事を書いた。


私はこの記事の中で「数字であらわせるもの」を重視した。

「それこそがおもしろいんじゃないか」、と。

「数字であらわせないなら、単なる趣味で、つまんないよ」って。



数字で表せられない「物語」



これはあくまで私の価値観だから無視してくれ。

というか、恥ずかしいからこれ以上は読まないでくれ。


先の例を、再度もちいる。

売れない頃、路上でパフォーマンスしていたアイドルが、
今では、武道館で大勢の客から歓声をあびている。

    これ、何がいいんだ?どこに感動があるんだって。

    正確にいえば、これだけではおもしろくないのだ。

    たしかに物語性はある。

    売れない過去があって、しかし今ではこんなに大勢の人の前でパフォーマンスをしていて。

    そんな物語、ちょっと感動的だけどさ。

    いやでも、何かごまかされていないか?

    その物語、たしかに「物語」だけど、そこには「数字」が存在していない。

    数字で表せられない抽象的な物語に、僕たちはどこかごまかされてはいないか?


    数字がないから、その物語には説得力がないんだよ。

    “数字で表すことのできる”物語こそが、真に物語とよべるのではないか。

    “数字で裏付けが取れる”、ということが肝心なのだ。

    あやふやではなく、数字で換算する。



     年齡   メンバー   客数   CD売上数 
     路上時代   15歳   5人   50名   2000枚 
     武道館の今   20歳   3人   2万人   30万枚 


    どうだろう?この数字をみて。

    まったく感動しないだろう。

    感動とは「情景」である。

    まぶたの裏にうつる景色である。

    情景が思い浮かぶこと、それが感動を生む。

    数字の世界には、まぶたの裏に残る景色は存在しない。

    「物語」は数字の世界ではない。数字では計れない価値がそこにはある。

    しかし、そこには表で示したような、歴然とした『数字の動き』が存在している。

    これは一体どういうことなのか?

    つまり、「物語」とは、数字で見ると酷くつまらない、感動しない。

    しかし、感動する「物語」の裏には、「数字の動き」がはっきりと存在しているのだ。

    “数字で裏付けが取れる”ことが、感動する物語(性)の条件である。

    したがって、数字の動きがない物語は、物語に違いはないのだが、感動しない、つまらないという結果となってしまう。

    数字の動きが存在しない、数字で裏付けが取れていない物語に、なんとなく感動してはいないか。

    「物語」という言葉のもつ魅力に、ごまかされてはいないか。なんとなしに賛辞をおくってはいないか。

    本当に感動する「物語」。

    本当の「物語」の裏には、数字が流れている。


    そこを見過ごしてはいけない。

    “だまされてはいけない”と、その物語を疑ってかかる。

    はたして数字で裏付けがとれているのか、と。


    ***


    以上、私の糞みたいな価値観を書いてみた。

    「お前はバカだな」と言ってくれ。

    どうか言ってくれ。

    無反応だと、まるで私は死んでいるみたいだ。

    それでは、また。