『Youtube動画じゃなくてライブに来て下さい』といわれて鬱になりそう


困った。困ってしまった。

歌い手さんがこんなことを云うんだ。


「動画じゃなくてライブに来い!
Youtubeじゃ何も伝わらない!音楽の素晴らしさはライブじゃないと伝わらない!」


困った。オレ、困った。

そんなことを云われて、オレ、どうしていいのかわからない。なんだか泣きたくなって、「謝らきゃ」って思った。

ごめんなさい。

ボクは音楽をそこまで崇高なものだと思っていなかった。

ごめんなさい。

真剣な歌い手さん、ごめんなさい。

「Youtubeじゃなくて実際ライブに来てほしい。でなきゃ伝わらない」

ああ…、Youtubeで音楽を聴いていたボクには、音楽を聴く資格なんてないんだ。ああ、ボクは最低だ。歌い手さんがそう云うのだからきっと間違いない。

歌い手さんがこう云う。

「ライブは素晴らしいものだ」「Youtubeじゃ伝わらない」って。

なかには、Youtubeの動画内で、「Youtubeじゃなくてライブに来てほしい!」と訴える人もいる。

怒られた。

歌い手さんに怒られた。

ごめんなさい。Youtubeで聴いていてごめんなさい。




さて、ボクは音楽に期待していない。

といっても、

『偉そうにすんじゃねぇよ。は?音楽?何がそんなにすげぇんだよ。歌い手は音楽に啓示を受けたかもしれないが、こちとらそんなこと知ったこっちゃない。うぬぼれるのもいい加減にしろ。音楽を聴くのに資格なんてないのに、聴き手にその資格を問うとか何様だよ。てか、ライブが一番というならCD音源を出すなよ。YoutubeにMV・PVを一切あげるなよ』

とか、そこまで過激なことは思っていない。

が、その気持は少しわかる。

ボクは別段、音楽をリスペクトしていない。

そこまで素晴らしいものだと思っていない。そう思えたことがない。

ライブなんて二番でもいい。カバーだろうがパクリだろうがどうでもよい。そこまで音楽に期待していない。歌い手さんと同等の熱量を持ち合わせておらず、どちらかと云えば、音楽に無関心なほうである。

そのような人は私以外にもいるかもしれない。

「Youtubeじゃ伝わらない、ライブじゃないと伝わらない」

そんなふうに歌い手さんに云われると、ちょっと嫌な気分になる。

でも、ため息をつかず、めげてはいけない。そう云われてもうんざりしてはいけない。

自分なりの聴き方でいいんだよ。

ライブなんて行かなくたっていいんだよ。

Youtubeだけで音楽を聴いてもいいんだよ。

音楽の正しい聴き方なんて無い。

歌い手さんがYoutube動画をディスって、ライブをゴリ推ししてきても、無視すればいい。

歌い手さんによって嫌な気分にさせられても、気にするな。


『自分なりの聴き方』でいい。

一体、何が悪いんだ?

ボクはYoutubeで聴いて、感動したんだよ。

その感動をぶち壊すようなことはするなよ。

「Youtube動画じゃ何も伝わらない」?

ふざけんじゃねぇよ。

ボクはね、キミの歌をYoutubeで聴いて、今日も出勤前に口ずさんでいたんだよ。

「Youtube動画じゃ何も伝わらない」?

ふざけんじゃねぇよ。

Youtubeで音楽を聴いていた「これまでのボク自身」を、そこで得た「感動」を、台無しにするようなことを言わないでくれよ。

ヒキコモリだったボクは、そうしてキミの歌と出会って、キミの音楽から力をもらったんだよ。

「Youtube動画じゃ何も伝わらない」?

ボクには伝わったんだよ。

外に出られなかったボクの心に、薄暗い鬱々とした部屋の中に、キミの歌は届いていたんだよ。

気づいてくれよ。どうか、気づいてくれよ。


「ライブこそが音楽の醍醐味」であったとしても、それが音楽のすべてじゃない。

気にするな。

ボクらはボクらなりの、『自分なりの聴き方』で聴けばいいんだ。

ライブだろうが、動画だろうが、どんな形でも届く方法を模索すべきであって、

「Youtube動画じゃ何も伝わらない。ライブに来い」、…いいかげんにしてくれ…いいかげんにしてくれよ。

そんな言葉は聞きたくない。

歌い手が自由に音楽を創るように、聴き手側も、音楽の聴き方を自由に創っていくんだ。

音楽を聴くのに資格なんてない、聴き手にその資格を問うようなことだけは、もう言わないでくれ。

「正しい聴き方でしか聴いてはいけない」というならば、ボクには音楽を聴く資格がない。さようなら。

音楽関連の記事




リア充アピールとは無意識の心理?@飲み会の集合写真


こんにちは。どこからどうみてもリア充の者です。

今日も読む?ありがとう。

さて、FacebookやTwitter上で、

たとえば飲み会の集合写真などの画像をのせて、

「私の日常は充実してるよ!」という他者へのアピール。

俗に、“リア充アピール”と呼ばれるものですが、

これって、「けっこう無意識だよな」と、先日思った。

もちろん、意識してリア充アピールをされている御仁もおられるだろうが、だいたいは、大半は、あんまり意識していないんじゃないかって。

本人からすればリア充アピールでは全くない、しかし結果的にリア充アピールとなっている。

そういうのがほとんどじゃないかなあ。



リア充アピールの大半は無意識である



この前ね、実家に帰省するとき、高速バスのって。

途中、パーキングエリアで休憩停車して。

そしたらね、窓から浜名湖が見えたんだよ。

こいつがきれいでさ。

陽を反射して、キラキラと美しい浜名湖が、目の前に広がっている。

パーキングで降りる予定はなかった。降りるのが面倒だったし、別段、トイレにも行きたくなかったし。

けど、窓から浜名湖がみえて、

「これ、一枚写真をとってTwitterにのせよう!」

って、思ったんだよ。とっさに。

ところが立ち止まった。

待て。ちょっと待て。

「バスから降りるのでさえ面倒なのに、なぜ外に出てまでも写真を撮ろうと俺はしているんだ?」
、と。

そして私はこう思った。

「もし、これ、うっかり写真をとって、Twitterにのせたら、いわゆる“リア充アピール”となってしまうんじゃないか?」


いかん。これはマズイぞ。

「こんなにもキレイな景色を俺は今日見ましたよー、充実してますよー今日めちゃめちゃ充実してますよー」と、リア充アピールになりかねない。

考え過ぎかもしれない。

が、リア充アピールして満足を得たい気持ちが、私の中に2%くらいはあるのではないか?それを私は100%否定しきれるか??自信はない。


ところで、私は他人の目を気にする人間だ。

「他人の目など気にするな!」などと、スマートなことを云う人がいるが、だいたいそういう人ほど他人の人生に突っ込んでくる。関わってくる。

『おまえは他人の目を気にしないかもしれないけど、他人の目におまえの行いが目に入るんだよ』
、ということがよくあるよね。

「他人の目など気にするな!」などと孤高を気取る者は、案外、孤独じゃない。

というのも、他人の視界に入り込むから。

孤高ではないんだよね、実は。


話がズレた。もとに戻す。

そんな「他人の目を意識する私」であるから、

リア充アピールとなってしまうことを恐れた。

たとえ2%程度しかアピールの気持ちがなくても、避けなければならない。それに気づいてしまった時点で、もはや私の中では100%だからだ。

かくして、写真を撮ることを私はやめた。

今回は“たまたま”気付くことができたけど、ほとんど無意識に、私は写真をTwitterにのせようとしていた。

で、思った。

「あーそうか、『リア充アピール』って無意識にやっちゃうものだな」って。

今回のケースは軽い無意識だけど(実際、自分で気付けたし)、でも重度の場合は、「リア充アピールだ!でた!リア充アピール!」などと云われても、「え?そうなの?」と、自分で気付けないくらい無意識ということもあるだろう。

結果的にリア充アピールにはなっているが、本人にその意識がない。つまりは無意識にやっちゃってんだよね。

これがほとんどでしょ。



飲み会の集合写真の件



さて、キミはこう云うだろう。

「飲み会での楽しそうな集合写真をのせる、これは無意識じゃねぇだろ!ぜってーわざとだろ!意図的な牽制行為!」

う、、、否定しきれない。否定しきれないよ!!

ごめん、ちょっと論点をずらすわ。ごめん。

飲み会の集合写真をのせる意図は私にはわからない。

が、これに関しては「どっちも非リア充なんじゃないか」って。

リア充アピールだとかいって叩く者も、飲み会写真のせてリア充アピールする者も、結局どっちも非リア充なんだよ、日常に満足してないんだよ。

どっちも非リア充、日常に満足していないから、だからそういうことをやっちゃうんだよな。

真のリア充はアピールなんてしないし、リア充アピールだとかいって揶揄もしないだろうし。

「でたー、リア充アピールでたー!うざ!」などと叩く者は、日常が非リア充だから、嫉妬だろう、つまりは。

誰も見たくない飲み会の集合写真をわざわざのせる人は、虚勢だろう、つまりは。

斯様な『嫉妬』や『虚勢』は、自分の日常に満足がいってないがゆえの反動だろう。



リア充アピールとか、どうでもよくね?



ちなみに私はリア充アピールを否定しない。

「日常に不満足だからリア充アピールをする、つい虚勢をはり、自慢をしてしまう」

いいじゃないか。

おお、さすが人間、不完全!完璧なわきゃねぇ!ってことで、『本質的』だと思うし、別にいいんじゃないかと思う。


が、「リア充アピールとかどうでもよくね?小せぇなぁ。やりたいことやりゃいいじゃん?」と、明言するのはいかがなものか。

この発言は、先程述べた「他人の目など気にするな!」という人々によくみられる光景だが、ちょっとそれはどうなんだろう?、と。

なぜか。

ここでようやく最初に言ったことに戻る。

「無意識」に自慢していることがあるんだよね。


で、後から気づいて反省することあるよね。

これって、自分で自分のことをコントロール、理解しきれていないからやっちゃうんだよね。

無意識は防ぐことができないよ。

が、「汝自身を知れ」。

自分のことを、自分なりに理解しようと努めること、

または、自分の行いを自分の意志で行うこと、

これって大事じゃないか。


ボクらは動物だよ、所詮動物。

だけど、同時に人間だ。

じゃあ人間ってなんだよ?

動物なんだから「動物」って言っちゃっていいのに、なんで「人間」っていうのがついてくるんだよ?

「リア充アピールなんてどうでもよくね?やりたいことやりゃいいじゃん?」、じゃなくて、

ボクはそれって、「動物側に逃げるよね」って思ってしまって、思考なき欲求の奴隷で、さらには「無意識に任せておこう」っていう安住に浸る行為に思えてしまうんだ。

ボクは動物だ、だけど、無意識ではないところ、つまりは“人間的なところ”を追求してみたいから、「『無意識』に自慢する行為」をそのまま引き受けることはできないんだ。

人間は不完全だけど、そこの「不完全」を受けいれてはいけない。というか、「不完全」に開き直ってはいけない。

人間の本質的不完全とは、「完全に努めた結果、どうしようもならない『不完全』の現れ」であるから。



「ところでさ、じゃあさ、飲み会の集合写真は無意識じゃなくて『意識的』なんだから、人間的でいいんじゃない?」

うん。意識的ならいいと思うよ。腹黒くとも、計算高くとも、いいんだよ、自分の意思で行っているなら。

でもさ、だいたいは次のどっちかだよね。

無意識、あるいは、開き直って思考放棄した自省なき意識、

これ、どちらも今回ボクが述べた理想から、はずれてしまうんだよな。



***


以上、支離滅裂、思いつくまま書きなぐってみました。

今日は仕事が休みです。

外は天気がいいです。

ボクは室内でブログを書いています。

ごめんな。今回はリア充アピールしちゃって。

じゃあまたな。




Paperwhite(2013)レビュー@買うか迷っている人へ!


Kindle Paperwhite(2013)を購入して3週間がたちました。

「実際、どうよ?」「買って損した?」

など、ちょっと書いてみる。

買おうか迷っている人の参考になれば。


  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon



漫画は不向き?



これはみなさん気になるところだろう。

先日、実家に帰省する際、

高速バスの中で、Paperwhiteを使って『ブラックジャックによろしく』全巻を読破した。(ちなみに全巻無料。すごすぎる)

“Paperwhiteは漫画には不向き”、という意見をよく耳にする。

これはおおむねあたっている。

理由は、画面が小さいから。

そして小さいと、文字が読みにくいから。

漫画に関しては、ipadや通常タブレットのほうが絶対に読みやすい。

しかし、だ。

私は普通にバスの中で『ブラックジャックによろしく』を読んだ、読むことができた。

つまり、“読めなくはない”。

また、文字の小ささはそこまでストレスではない。

ただし、ipadなどと比べると漫画の読みやすさでは負ける、圧倒的に負ける。

また内蔵容量も4Gなので、漫画には不向き。

なので、漫画重視の人は、Paperwhiteはやめておいたほうがいい。

が、「活字重視です、でもたまにはちょっとだけ漫画読みたい(年に数冊程度)」という人は、特別問題ない。




ハイライトやメモ機能、辞書検索はどうか?



Paperwhiteには様々な機能がある。

マーカーで線をひけたり、メモを残せたりする。

これは大変便利に思える。

が、実際は、使用頻度は高くない。

また、特段使いやすいとも思えない。

過度な期待は禁物。

ただし、「辞書検索」は別格である。


これはクソ便利である。

単語を長押しするだけで、瞬時にその意味が表示される。

オンラインでなくとも、機内モードでも辞書機能は利用できる。

本を読んでいて、「この単語の意味、わからないなぁ。まぁいっか、飛ばそう」といって、なぁなぁにしていた読み方がなくなる。


そういった“なんとなく読み”が解消されるのはデカイ。

内容を正確に読み進められる。



画面の美しさ、コンパクトさ



Paperwhiteに惹かれる理由の多くはこれだろう。

「コンパクトさ」に関しては、確かにそうだし、軽いとも思う。

が、これが最大の魅力だとは思わない。

また、「何千冊も収納できる」といっても、そこまでの読書家は稀有だろう。

一方、「画面の美しさ」

これはすごい。とんでもない。

(ただし、活字に限る。イラストや漫画は特段美しいとはいえない)

活字の読みやすさ関しては、ipadやスマホなど、足元にも及ばない。

目が疲れない。長時間、読むことができる。

「アプリ利用やネット閲覧などはしない、そんな余計なものはいらない、ただ、私は活字を美しく読みたいんだ」


そんな人に、Paperwhiteは損をさせないだろう。



タッチや反応の速度



これは大事なところだ。

以前、ブログでも書いたが、

Paperwhiteに限らず、電子書籍端末というのは、まだまだ発展途上である。


たとえば、画面が切り替わる瞬間、少し暗くなったりする。

また、強制終了もしばしばある。

数年前のandroid端末のように、動きがもっさりすることもある。

処理速度やタッチの反応がいいとは、断じて言えない。

ipadなどを普段から使っている人からすれば、「使えねぇ」と思う人が絶対にいる。

「発展途上の端末」ということがイヤなら、Paperwhiteは買わないほうがいい。




バッテリー持ちはどうか?



「8週間バッテリーがもつ」と記載されている。

これはスゴイ!と誰しも思う。

が、「8週間もたない」というのが現実だ。

一週間程度だと思ったほうがいい。

Wi-Fiモデルにせよ3Gにせよ、「受信」が最もバッテリーを消費させる。

機内モード(Wi-Fiオフ)にしておけば、いくらかバッテリーはもつが、大変面倒であるし、それでも8週間ももたない。

「5日~7日程度もてばじゅうぶんだ」と思える、また、ちょくちょく充電することが億劫でない、これが前提だ。




iPad miniや通常タブレットで迷っている



正直、iPad miniと迷っている時点で、Paperwhiteの購入はやめたほうがいいかもしれない。

そもそもが全く異なるものである。

たしかにiPad miniでも書籍は読めるが、

「書籍を読むこと」、ただそれだけを求めているならば、iPad miniなぞ最初から選択肢に入らない。

「活字を読むことのみに専念する」と、割り切れるならばよい。

が、なかなか決まらず、迷っているならば、そこまで読書にこだわりがないのだろう。

Paperwhiteは、「読書を重視する人」、ただその一点に向けて作られているのだから、そこからはずれる人にはそもそもが向いていない端末である。



値段ははたして安いのか?



Paperwhite(2013)の価格は今現在、9,980円である。

11月30日までに購入すれば、1,980円ぶんのクーポンがついてくる。

ipadなどと比べると非常に安く、値段にひかれる人もいるだろう。

活字を読むのが好きな人には、この価格はおそらくちょうどよい、安いとも思わないが、高いとも思わないだろう

が、活字が苦手な人からすれば高い、というか、買わないほうがいい。

9,980円というのはあくまで初期費用であって、その後の電子書籍購入こそが本当にかかってくる費用。

ちょこちょこ購入する意思、支払ってもよいという気持ちがなくては、単なる9,980円の板で終わる。



自炊に向いているか?



自炊ファイルを読み込むことはもちろん可能だ。

が、それを中心に使うならば別にPaperwhiteでなくてもよい。

大量の自炊ファイルとなれば、Paperwhite4GBには少々荷が重いし、それならば、microSDを利用できるkoboのほうがよい。

いわずもがな、Paperwhiteはkindleサービスを利用してなんぼの端末。

自炊ファイルではなく、オーナーライブラリーや日替わりセールといったkindleサービスを、快適に、積極的に利用できるそうか?、購入前に自身に問うておこう。



本好きは電子書籍が苦手?



一見、趣旨からズレているようにも思えるが「Paperwhiteを買うべきかどうか」において、これは重要な部分だ。

これに関しては以前、ブログで少し触れた

「紙の本が好きな人でもPaperwhiteは楽しめる」、というふうに私は考えている。

事実、私がそうであった。

古書や表紙などにこだわるマニアでないなら大丈夫だろう。

普通に本を読み、楽しんでいる人、また、本で知識を増やしたい人、Paperwhiteはこういった人の読書の妨げになることはない。



『Paperwhiteを買うべきか?』まとめ



どういう人が買うと損をしないのか。満足を得られるのか、まとめる。

まずは、以下の4点にYesといえるか。

  • 漫画は不向きであるがよいか?
  • 高機能や処理速度、バッテリー持ち、コンパクトさに“強すぎる”憧れは無いか?
  • 発展途上の端末でもよいか?
  • 「iPadなどとは違う」と割り切れるか?

さらに、以下の4点にあてはまるか?

  • 活字の美しさを求めている
  • 自炊ではなくKindleサービスを積極的に利用したい
  • 活字での読書が好きである
  • 電子書籍に異常な拒否反応はない

こういった人であるなら、価格9,980円は高くはない

この問いすべてに「OKのサイン」をだせるなら、おそらく損はしない、満足を得られるのではないかと思う。




最後に、私の感想を少しだけ。



ちなみに私は、「買ってよかった」と心底思っている。

「目が疲れないキレイな画面」、「辞書機能」、この2点が特に満足がいっている。


「いい買い物をしたなぁ」という声が聞けたなら、幸いだ。

あと、もし購入された方は、以下のKindle関連記事も参考にしてみてください。

それではまた。


  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon


Kindle関連記事



電子書籍と紙の本の違いを書いたけど読む?


興味ないね。興味ない話だよ、まったく。

でも、書こう。

電子書籍と紙の本の違いって、映画を映画館でみるかDVDでみるかの違いじゃねぇかって。


俺ね、紙の本、めちゃめちゃ好きだよ。

でも、最近、Kindle Paperwhiteを買って。

電子書籍ってのが一気に身近になったんだよ。

紙の本が好きな人の中には、「電子書籍なんざ邪道。俺は嫌いだね」と云う人もいるだろう。

でもさ、それぞれ、別物だよ。

そして、それぞれ、良さがあるよ。



購入までの過程



紙の本を買うとき。

ボクはこういうことがよくあった。

本屋までチャリで激走する。

「どけどけぃ!本を買うんだ!俺は、今から本を買うんだ!道をあけろぃ!!」とか思いながら、本を手にしている自分をニヤニヤと想像しながら、全力でペダルをこぐ。

「そういう気持ち悪いヤツは死んでくれ」って感じだけど、欲しいから、早く読みたいから。うざくても仕方ない。

さて、いよいよ入店だ。

「お、雨が降りそう。さっさと買わねぇと帰りに本が濡れちゃうな」なんて思いながら、入店。

で、求めている本がどこにあるのか店員に聞いて。

やさしく案内してくれた女性店員に、童貞的精神の私は、なぜか意味もなく照れたりして。

途中、「へぇー、今こんな本が売れてるんだ」とか、「店のレイアウト、ラノベ中心だな…」とか、いろいろ思ったりして。

で、最後、レジで紙のカバーをほどこしてもらう。

慣れているんだね、店員さん。

器用に素早く、本を包んでいく店員を見つめる俺。

モノを受け取った私は、まるで女の子と手をつないでいるみたいに、わくわくして、ドキドキして。大事に本を胸に抱きかかえる。

店の外に出れば、いまにも雨が降りそうな曇天模様。

「そうか、今日は家でおとなしく本を読め、と。なるほど、そうか。天が告げている。何を読む?そうさ、今買ったこの本さ!こいつを今日は堪能しまくるんだ!死んだ目の少年!」

颯爽と、自転車にまたがる俺。

購入したという妙な満足感、まるで恋をした時のようにニヤつく俺。

周囲の景色がどこか輝いて見える帰路。

心のなかで俺はつぶやく。

「今日はいい一日になりそうだ」


……と、こんなふうに、

紙の本を買う時って、購入の過程(読むまでの過程)に、ちょっとした物語があるんだよね。

読むまでの過程の中に、いろいろな景色がある、景色をみる。いろいろな感情がある、感情がうまれる。

これが“紙の本を買う”ってことだ。



他方、電子書籍ってのは、本屋に行かなくても、ワンクリックで購入できる。

物語もクソもねぇ。数秒で終わっちまう。


でさ、お見合い結婚か恋愛結婚かっつったら、

恋愛結婚のほうを、だいたいの人は選ぶよね。

結果は同じであっても、そこにいたるまでの過程を重んじるから。過程を楽しみたいから。過程こそが思い出となるから。


そういった過程、物語が、電子書籍購入にはまるで抜け落ちている。



映画を映画館でみるかDVDみるかの違い



紙の本は、購入までの過程に物語がある、移り変わる景色がある、

これってさ、映画を“映画館”で観るっていうのと似てるよね。


「真ん中の席で見たいなぁ」とか、「となりの客、携帯いじっててうざいなぁ」とか。

映画館ってそういうのがあるよね。「客、少なかったなぁ」とか。

で、そういった映画以外のところが、思い出になったり、映画を観にいった記憶として残ったりするんだよね。

彼女と家でDVDをいっしょに観るのと、映画館でいっしょに観るのって、やっぱ違うよね。

なんか、映画館でみたほうが、思い出になるよね。

手をつないで映画館まで向かう道中とか、観終わったあとの帰路での会話とか。

「本屋で紙の本を買う」ってのも、つまりは、そういうことなんだ。

過程の中で様々な景色をみて、目的・本件以外のところに物語があって。それがイイんだよな。



かたや電子書籍ってのは、映画をDVDで観るみたいなもんで。

見慣れた自分の部屋で映画をみたって、「はい、映画みました、以上」、これで終わり。終了。

電子書籍もこれと同様で、「買いました、読みました」という、一本道の文脈しかない。寄り道の景色がない。


でもね、DVD鑑賞には、映画館にはない魅力がある。

じっくり落ち着いて観れるとか、値段が安いとか。

電子書籍も、まさにそうだよね。

気軽なんだよ、気軽。映画をDVDで観るように。



臨場感があるか、ないか



もう一点あって。

DVDよりも映画館のほうが音がいいし、迫力がある。

ここだよ、ここ。ここも似てる。

平坦なディスプレイで電子書籍を読むのと比べ、紙の本には奥行きがある。ページをめくる音だってある。
本ごとに異なる重量感がある。

つまりは、臨場感があるんだよね、紙の本には。


電子書籍で本を読むのって、すげー淡白だよ。

ページめくりも、ワンタッチだし。風がふいても、動じないし。持ち方も一定、目線も一定。

でもだからこそ、すげー処理速度で読み終えることができる。

また、買いに行く手間もない。

購入の際、文字の大きさを気にする必要もない。

紙の本がもつ生々しさ、臨場感はなくとも、“たくさんの情報を素早く得る”ということが、電子書籍ならば幾らか可能。



最後に



トータルで考えると、紙の本のほうが優っているようにみえるけど、

「映画館でみるかDVDでみるか、どっちのほうがいいか?」なんていう問いが意味をなさないように、それぞれにそれぞれの良さがある。

そりゃあ、映画館で観たいけどさ、まぁ、DVDのほうがいいときもあるよね。それを誰も否定しないよね。

これと同様に、紙の本と電子書籍も、自然と、うまく棲み分けがされていくだろう。

では今回はこのへんで。

頭が痛くなってきたから今日はすぐ寝る。



  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon


関連記事



Kindleクーポンを残高0まで有効活用:1980円を膨らませる!


11月30日までに、Kindle Paperwhite(2013)を購入すると、Kindle本の購入に使える1,980円分のクーポンがもらえる。

もしも購入を迷っているなら、早い方がいいぞ。

  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon


さて、このクーポンをとことん有効的に活用しようじゃないか。

どうするか?って。

今から書くよ。

ああ、そうだ、俺の貧乏性は大前提だぜ。。。



Kindle日替わりセール



「Kindle日替わりセール」をご存知か。

毎日1冊、24時間限定でKindle本の人気作・注目作を、通常価格から50%OFF~の特別価格でご提供!


……これね、素晴らしいよ。

利用者にとっても、販売方法としても。

「やられたなぁ」という感じ。

50%OFFだから1,980円分のクーポンだけでも相当数の本を買えるぞ。

日替わりセールを活用しない手はない。


「……とはいってもねぇ、キミ、まだまだ電子書籍は高いよ、キミ」

仰るとおりだ。

だが、少しずつ、それは変わっていってるぞ。



電子書籍はまだまだ高い?



ぶっちゃけね、電子書籍っていっても、まだまだ安くはない。

紙の本と比べ、せいぜい2~300円安い程度。

「ブックオフで買ったほうが安いんじゃね?」

と聞かれれば、「うん、そうだね」と言わざるを得ない。

が、Kindle日替わりセールは別だ。

安い、これは安いぞ。

「え?そうかな?んなことないでしょ…」

いや、ちょっと俺の話、聞いてくれ。



「Amazonポイント」を忘れちゃいないか?



前から欲しかった、『虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)』

通常、Kindle価格は571円。紙の本なら756円。



これが下記画像のように、日替わりセールで74%オフ、199円になっていた。

おお!!即時購入!!


※現在は日替わりセールは終了しているよ

まず、これだけでも安いよね。

「うん、そうだね、わかったよ、じゃあまた」

Just a moment please!

「Amazonポイント」を忘れてはいないか!


「99pt」
、Amazonポイントがつくぞ!!



Amazonポイントで1980円を膨らませる!



Amazonポイントは、対象商品のご注文時に貯まります。
貯まったポイントはAmazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円分としてご利用いただけます。

※ちなみに、Amazonポイントの残高は、マイポイントページで確認できるぜ。



で、先ほどの『虐殺器官』。

価格は199円。

Amazonポイントは99pt、つまり99円分が貯まる。

ということは、199円-99円

つまり、実質負担は100円と考えられる。

これは安い!ブックオフに負けてない!!


で、念のためにいっておくと。

クーポンを利用した注文でも、対象商品であればAmazonポイントは付与される。

したがって、「クーポンを利用してAmazonポイントを貯める」という方法が可能。

そして、貯まったポイントはクーポンがなくなった後に利用する。

こうすれば、1,980円だったクーポンをそれ以上の金額に膨らませることができる。



まとめ



「『日替わりセール』+『Amazonポイント』を利用すれば、Kindleクーポンをとことん有効活用できるんじゃないか!?」


今回は、そのような話でした。

「糞野郎の分際で、まぁまぁいいこと書くじゃないか」と思った人は、ツイートでもイイねでも、なんでもしてやって。


が、何度も云うが、Paperwhiteのクーポンは11月30日までに購入しないとついてこないので要注意だ。あと、Wi-Fiモデルのみで、3Gにはクーポンはないぞ。

じゃあまた。



  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon



Kindle関連記事



Push to Kindleの使い方:FirefoxやChromeで「あとで読む」?


Kindle端末をもっているなら、これを是非。


気になるWEBページをKindle端末に送信して、「あとで読む」ことができる。

それをワンクリックで行えるのがPush to Kindle

これがな大変便利で、素晴らしいサービスです。



「Push to kindle」の使い方



まず、下準備が必要。

Push to Kindleを利用するために、

まずはPush to Kindleのメールアドレスを認証しておこう。

認証していないと、いくらKindleに送っても届かないからね。。。


■ 下準備 

「My Kindle」⇒「パーソナル・ドキュメント設定」⇒「承認済みEメールアドレス一覧 」⇒「Eメールアドレスを追加」⇒「kindle@fivefilters.org」を追加

「パーソナル・ドキュメント設定」のページから、送りたいKindle端末の「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を確認できるので、メモしておこう。


これで下準備は完了。

さぁ、早速使ってみましょう。

Push to Kindleの使い方は3つある

  • ブラウザの拡張機能として使う
  • ブックマークレットとして使う
  • スマホやタブレットのアプリで使う


ブラウザの拡張機能として使う


利用しているブラウザにあわせて、下記リンクからインストール。


ブラウザのどこかしらに『本のマーク』が出現。

Kindle端末に送りたいWEBページ上で『本のマーク』をクリックすると、以下のようなページがあらわれる。


あとは、「Send!」をクリックすれば、数分後にお持ちのKindleにWEBページが送られる。



ブックマークレットとして使う


正直、ブックマークレットは拡張機能とほぼ同じである。

(別段、拡張アドオンをインストールしなくてもいいくらい…)

「拡張機能を増やしたくない」という方は、ブックマークレットでもじゅうぶんだと思われる。

Push to Kindleのサイトに飛び、[Simple to use] ⇒ [Bookmarklet]

Push to Kindle


上記のようなボタンがあると思うので、

ブラウザのブックマークバーにドラッグ&ドロップ。

あとは先ほどと同じ。

Kindle端末に送りたいWEBページで、ブックマークレットボタンを押す。




スマホやタブレットのアプリで使う


アプリもある。


ただし、有料である。

※iPhone/iPad用のアプリはない


PCのほう(拡張機能、ブックマークレット)で一度試してみて、便利だと思ったなら、アプリの購入を検討してみてはどうだろう。


***


以上です。

「キレイな活字で読みたい!」という時は、いいんじゃないかな。

それではまた。

Enterキーを押しまくっていたら、なんだか腰が痛くなってきた。。。



  • 発売日 : 2013/10/22
  • 出版社/メーカー : Amazon

  • 発売日 : 2013/11/05
  • 出版社/メーカー : Amazon


関連記事



Googleの検索履歴は無効にしておこう


すでにご存知かもしれませんが。

Google検索は、検索履歴を利用して、

関連性の高い記事を優先的に、検索結果に表示してくれます。


なので、同じ言葉を検索しても、人によって検索表示は異なります。

(この、「検索履歴のカスタマイズ」についてはこちらに詳しくのってます → 検索履歴のカスタマイズ - 基本情報 -


曰く、“探しているものがすばやく見つかる“ように、

だそうですが、

けっこう、余計なお世話だったりします。

ちなみに、Googleアカウントをもっていなくても、あるいはログアウトしていたとしても、Cookieを使用して、ブラウザに関連付けられている過去の検索情報に基づき検索結果がカスタマイズされます。


Googleアカウントでログインしている状態での検索、および、ログアウトしている状態での検索、

どちらの場合でも、検索履歴が検索結果に反映されているということです。


どのような不都合があるか?



これね、確かに便利だよ。

自分の興味があるジャンルを優先的に検索結果に表示してくれる。

でも、情報がかたよってしまう。

「あれ?このサイト、以前も見たよな?」とか、

最悪の場合、

「これだけよく目につくのだから、これ、すごく流行ってるんだ!」

などという誤解を犯してしまう。

なので、検索履歴のカスタマイズを行わないように私はしている。

ではそのやり方を。つまり、検索履歴を反映させない方法を。



検索履歴を無効にする方法



ログインしている状態としていない状態、両方で設定が必要です。


Googleアカウントにログインしている状態



  1. http://history.google.com/history/にアクセス
  2. [歯車マーク]をクリック
  3. [設定]を選択
  4. Google検索を[オフ]にする


ログアウトしている状態



  1. https://www.google.com/history/optoutにアクセス
  2. [検索内容に基づくを無効にします。] をクリック


以上で基礎は終わり。

あとは、使用しているブラウザに応じて、キャッシュと Cookieをクリアしておけばよいでしょう。

ブラウザでのそれぞれのやり方は下記リンク参照。



***


ネットには大量の情報があふれています。

検索力が高い者ほど、自分の興味のある情報ばかり検索してしまい、視野が狭まってしまいます。

また、まとめ系サイトなぞは、ある種の情報操作もあって、ついついその影響を受けてしまいます。

視野を広げてくれる、且つ、中立的な情報を、なるべくは得ていきたいものです。

それでは。