お金にならない仕事をしているか?


どうですかね。いや、ボク自身がそうだ。

「仕事をするならお金がほしい」
あるいは「お金をもらえるから仕事をする」

そりゃそうだ、そうだろう。

たいせつな人や自分自身を守るために、お金が必要なときがある。

口先だけの道徳なんかより、お金には実効力がある。

それに、金欲と云えば聞こえが悪いが、だれだって贅沢がしたいもんだ。

それを罪深いことだとは思わない。

お金には魅力があるんだよ、なんだかんだ。

たとえばさ、仕事が多少きつくても、お金がもらえるから、我慢ができたりする。

給料が入ると「許せる」んだよな。

給料を手にすることで、仕事のしんどさを、「許す」ことができる、「忘れる」ことができる。


まったく、バカバカしい。ひどく悲しくなる。

お金には魅力がある、よくわかんないけど、とりあえず魅力がある。

“よくわかんない”理由としては、いろいろな場面でお金は応用がきくから、特定できないんだよな、その魅力を。

特定の、一部で、効果的なんじゃない。

使い道、使い方がいろいろあって、お金は応用力がハンパねぇんだよ。いろんな場面で活用できる。

だから、漠然と魅力的であり、また、常に魅力的である。

つーか、そもそも、生活するためにお金は必須っていう。

……まぁ、んなことはどうだっていい、どうだっていいんだよ。

当たり前のことだ。

でもね、たまに思うんだよ。

たまさにさ、

「お金にならない仕事」が魅力的にみえるときがあって。


そういう話を今日はしたい。



「お金にならない仕事」



「お金にならない仕事をがんばってみたい」って、そう思う瞬間がある。


『おいおい、また始まったよ、てめぇはいつまで厨二病だよ?イタいんだよ』って、キミはボクを馬鹿にするけれど。

さて。

「お金がもらえるから仕事をがんばる」

言い換えれば、仕事をがんばる理由は、お金がもらえるから。

これ、実にシンプルだよね。

がんばる理由が明確だよ。

じゃあ、問うてみる。

『がんばる理由がなくても、人はがんばることができるか?』

どうだろう?キミはどう思う?

がんばる理由がなくても、人はがんばることできるかな?

理由や目的がなくちゃ、人はがんばれないのかな?

「いや……、そりゃそうだろ」

うん、そうだろうね。ボクもそう思う。

がんばる理由がないと、人はがんばることができない。

じゃあさ、ちょっと話を戻すけど、

お金にならない仕事をがんばってるやつってのは、一体、何を理由にしてがんばっているんだろ?

お金や家族のためっていう、よくある“ベタな理由”じゃなくて、それ以外の理由でがんばっている人。いるよね?

「なんの得があるんだよ?」ってツッコみたくなる。

彼らは、お金以外の何を目的としてがんばっているんだろう?

「お金にならない仕事」、そういう場面、ない?

「こんなことやったってお金がもらえるわけじゃない」、そんな場面。けっこうあると思うんだよね。

そういう場面で、ふたつに別れるんだよ。

がんばる人と、がんばらない人。

お金がもらえないのにがんばる人、そして、お金がもらえないからがんばらない人。

ボクはそういうときにね、「お金にならないのに、たいしたメリットもないのに、“慈善的”にがんばっている人」って、なんか魅力的にみえるんだよな。

「は?馬鹿じゃねぇか?何かっこつけてんだよ?そんなにモテたいか?」

いや、ここでは他者目線の話をしているんじゃない。

「お金がもらえないのに、たいしたメリットもないのに、がんばる人」、そんな人が魅力的にみえて、時に、自分もそうなりたいと思うことがあって。

お金になる仕事には、目が輝く。

お金にならない仕事は、目につきにくい。


極論いっちゃうと、「お金になる仕事をがんばる」なんて、誰だってがんばるよそりゃ。

他方、「お金にならない仕事をがんばる」ためには、お金以外の理由を見つけなくてはいけない。

それって、むずかしいことだ。

お金以外の、がんばれる理由を見つけること。

さぁ、一体それはなんだろうね。



お金を目的にして、お金を稼げていない



繰り返すよ。くどいよ。

お金になる仕事には、目が輝く。

お金にならない仕事は、目につきにくい。


「お金になる仕事」っていうのは、見つけやすいんだ。

お金自体が、魅力を放っているから。


逆に、「お金にならない仕事」は無視してしまう。見つけにくい。

もう一度問うてみる。どうなんだよ?どうなんだよって。

お金以外でがんばれるものがあるか?

キミはこう言う。

「はぁ?うるせぇよ。お金には魅力があるんだから、必要なんだから、お金を目的にがんばってもいいだろうが」

ボクもそう思う。

でも、そう言うけれど、どうだろうか。

「そんなキミはまったくお金を稼げていないじゃないか?」


どうだよ、どうなんだよ。

つまり、お金を目的にしていながら、お金を手にしていないじゃないか。

ボクはそういうときに、こう思うんだよ。

「じゃあ、お金以外のことを目的にすべきじゃないか」、と。

いや、少し違う。

そもそも、「お金」を理由や目的にしてがんばることが不向きな属性なんじゃないの?って。わたし自身が。

むいていないんだよ、得意じゃないんだよ。

だから、だったら、「お金以外の目的を探そうぜ」って、

「そっちのほうがお前にはむいているんじゃないの?」って。


キミはこう言う。

「は?お前、バカ?お金が必要だっつってんだろ」

うん。そうだ。

でも、ボク自身に必要なのは、お金だけじゃないんだよ。



“がんばること、がんばる自分”がまずは必要だ!



ボク自身に必要なのは、お金だけじゃない。

“がんばること”も必要なんだ。

ところで、がんばってる?

何かを必死でがんばってる?

そこで、「お金を目的にしてがんばれるものがある、同時に、その目的を達成している」と答えられる、

そういう人は、それでいいと思う。

でも、「お金を目的にがんばることができない、あるいは、その目的を達成できていない」、

そういう人は、「お金以外の目的でがんばれるもの」を探したほうがいいんじゃないか。


お金は必要だ。どうあがいたって、お金は超必要だ。

けれど、それ以前の問題でぶつかっているんだよ。

なにか?

“がんばること”だ。

そもそもが、がんばっていないんだよ。

お金を稼ぐ以前の問題だよ、これは。

まずは、何よりもまずは、「がんばること、がんばれるもの」が必要であり、

「がんばれるものがない、取り組んでいることがない」って、お金を稼ぐ以前の問題だ。

だから、「まずはがんばれることを探そうぜ」、って。

「お金にならない仕事」であっても、それをがんばれる自分がいるなら、まずは、そんな自分自身を最優先に大事にしてやろうじゃないか。

お金を稼ぐ稼げないなんてのは、そのあとだろう。

「お金にならない仕事」は無意味じゃない、がんばれる自分がいるなら、意味がある。発展性がある。

逆にさ、「お金」を目的として、がんばっている、

といっても、お金を稼げてないという本末転倒っぷり、あるいは、実は何一つがんばっていない、がんばれていない、

それって惨劇じゃあないか、まったく。


***


ダラダラと冗長でクソみたいな文章が続いてしまった。

要点はひとつ。

「お金にならない仕事にもうちょっと着目してもいいんじゃないか」って。

お金が稼げていないからって辞めちまうのは、もったいなくないか、って。

がんばれる自分がそこにいるなら、それでいいんだよ。

なんか、ボクはそう思うんだよな。キミは腹を抱えて笑うけども。

じゃあまた。