Youtubeに音楽映像をあげる時、押さえておくべき4点


Youtube上には、たくさんの音楽映像があがっています。

しかも他者がアップするのではなく、表現者側が自らの手でアップしています。

その際、以下の4点に気をつけるべきじゃないかと思います。


  1. 【埋め込み許可】にしておいていいのか?
  2. 【標準のYoutubeライセンス】になっているか?
  3. 【プライバシー設定】はどうする?
  4. 【カテゴリ】は音楽でよいか?



1.【埋め込み許可】にしておいていいのか?


Youtubeではアップロードする際に、【埋め込みを許可】するかどうか選択できます。

埋め込み許可にすると、バンバン、ブログとかに貼り付けられます。

「それは願ったり叶ったりだ!」というかもしれませんが、

見方を変えると、“勝手に貼られる”ということでもあります。

どんなふうにして利用されるかわかったもんじゃないですよ?


たとえば、ブログとかで、アクセスを集めるために利用されることがありますよ?


埋め込みを不可にする設定方法



【手順】: 動画の編集画面 → [詳細設定] → [配信オプション] → [埋め込み許可]のチェックをはずす → [変更を保存]



2.【標準のYoutubeライセンス】になっているか?


初期設定では、【標準のYoutubeライセンス】になっているので、これは大丈夫だと思いますが、一応。

Youtubeでは、所有するライセンスと権利を二種類から選択できます。

  • 【標準のYoutubeライセンス】
  • 【クリエイティブ・コモンズ(表示)】

この、【クリエイティブ・コモンズ(表示)】とは何かというと、

クリエイティブ・コモンズ ライセンスとは、著作権者のクレジット表示を条件に、あなたの動画の複製、配布、または改変を他者に許可するものです。

(詳細は「クリエイティブ・コモンズ - YouTube」を参照)

つまり、【クリエイティブ・コモンズ(表示)】になっていると、クレジット表示はされますが、色々と手を加えられたり、複製して配布されますよ。

※ライセンスと権利の選択方法は、【埋め込み許可】の設定画面と同じところにありますので、上記画像を再度ご覧ください。



3.【プライバシー設定】はどうする?


動画アップの基本中の基本。

Youtubeではプライバシー設定を次の3つから選べます。

  • 公開(通常の一般公開、誰でも見ることができる)
  • 限定公開(リンクを知っている人のみ見ることができる)
  • 非公開(指定した人のみ見ることができる)

一般公開にすると、だれでも見れちゃいます。

場合に応じて、【限定公開】を利用するのも手です。

(たとえば、ファンのみに限定したメルマガを発行している場合など)


プライバシー設定の選択方法



※手順: 動画の編集画面 → [基本情報] → [プライバシー設定] → [変更を保存]



4.【カテゴリ】は音楽でよいか?


音楽映像をのせるわけですから、無論、カテゴリは[音楽]です。

カテゴリ違いのものばかりのせていると、ペナルティをくらったり、低評価をくだされる可能性があります。

が、最近の音楽ライブは、[音楽]カテゴリだけで一括りできない側面があります。

たとえばゴールデンボンバーのライブ映像などは、見方によっては[エンターテイメント]カテゴリに属しています。

また、最近のPV・MVは凝ったものが多く、[映画とアニメ]カテゴリに属していても問題ないものがあります。

(最近では、「銀杏BOYZ - 東京終曲 (MV)」は約43分もあって、まるで映画のようです)

社会風刺をメインにした歌ならば、[ニュースと政治]カテゴリでいけるかもしれません。

※カテゴリの選択方法は、【プライバシー設定】の画面と同じところにありますので、こちらの画像を再度ご覧ください。



***


以上、思いついたことを書いてみました。

前半は、「どんなふうにして利用されるかわかったもんじゃないですよ?」、後半は「こんなふうに利用できますよ?」という話でした。

どこかの誰かの参考になればと思います(´・ω・`)

それでは(´・ω・`)@ryotaismでした。



こちらの記事もどうぞ♪