売れなきゃ意味がない?『売れている音楽=いい音楽』ではないけども。


そこらじゅーで言い尽くされている議論ですが。

「売れている音楽」=「いい音楽」とは限らない、という話。

んなもん、当たり前ですよね。

“売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメンだよ。”とは、甲本ヒロトさんの言葉ですが、まったくその通りで。

(でもあれですよね、「いい音楽」とか「売れている」とか、定義が曖昧だ。そのへんは厳密にしたところで“おもしろくない”ので今回はやめておきましょう、うん。)

売れているものがいいものとは限らないわけです。

さて、いきなりですけど、大別します。横暴ですいません。


  1. 『売れなくてもかまわない、いい音楽をつくるんだ』という精神
  2. 『売れるものがいいとは限らない、でも売れなきゃ意味がない』という精神
  3. 『いい音楽をつくれば、いずれ売れるだろう』という精神 


上記、3種類のタイプがいると思うんですよ。大別したら。

(3番目のタイプは、後述しますが、いちばん苦手です。)

どの態度が健全な音楽マンシップであるかなんて、わからない。

好みの問題。「好み」で甲乙つけるしかない。

ということで、「好み」を綴っていきます。好みの話ですよ、今からするのは「好み」の話ですよ(しつこい)。



『売れなきゃ意味がない』という精神



ボクは2番目の、“『売れなきゃ意味がない』という精神”が大好きです。

「売れているものが正義」とか「売れなきゃ何もいう資格がない」とか、そういうことじゃなくて、んなこと全く思っていなくて、ただ単純に、そういった“精神”が好きなんです。

『売れていないなら、どれだけいい音楽を作っても意味がない』
という精神って、なんか、わかりやすいじゃないですか。

良し悪しの基準がわかりやすい。さらに、“売れなきゃ意味がない”というストイックさもそこにはあって、好きです。

逆にね、『売れなくても、いい音楽ならOK』という精神は、なんだか苦手です。

「え!? 売れたくないの?? いや、嘘でしょ!なんでそんな嘘つくん!?」とか思ったり、なんで堂々と「売れたい」と公言しないのかもわからない。「正直さ」がどこにあるのか、それが正直な思いなのか、判断するに戸惑う。

あ、でも、いるんですよ。

『売れなくてもかまわない、いい音楽をつくるんだ』という、めちゃめちゃ純粋な精神をもった人。純然たる音楽マンシップをつらぬく人。

こういう人って、いる。いや、いるんだよほんと。

そういう方々は、なんというか、“向こう側の世界”にいるんだよ。音楽の住人で、狂信的で、ほかのことが見えないほど、「音楽=我が人生」という人。「売れる」とか、そんなこと考えたこともないし、全く興味がないという人。

こういう人は実際いる。

いるのだけど、“向こう側”にいるんです。

その熱量は、ボクみたいな音楽ミーハーには共感ができない。ついていけない。なので、述べようがない。なにも言いようがないので、「そうですか、わかりました。以上です」で終了。

他方、『売れているものがいいとは限らない。でも、売れなきゃ意味がない』という精神、これはちょっとわかるんですよ。わかりやすいから。


「売れたい」「好きなことを職業にしたい」「お金がほしい」とか、そういう欲望、これは理解できる。ボクにだって、そういう気持ちがあるから。

だから、『売れなきゃ意味がない』という精神は、他者と共有できる、理解がしやすいんですよね。

『いい音楽をつくりたい』という欲望はボクにはわからないけど、『売れたい、売れなきゃ意味がない』という欲望ならわかる。その“モノサシ”なら、ボクも持っているから。

結果、ボクの「好み」は、必然的にそちらに決まる、と。

いや、冒頭で連ねた3タイプ、おそらくどれも、「いい音楽をつくりたい」という気持ちと「売れたい」という気持ち、どちらももっているのだろうと思う。

でも、優先順位というか、「何を必須としているか?」が異なる。

『売れなきゃ意味がない』という人にだって、“いい音楽を作りたい”という気持ちはもちろんある。けれども、それよりも大事なこととして、『売れること』を必要不可欠、必須条件としている。

いい音楽をつくる、んなもん、当たり前っちゃ当たり前の話だ。

さらにその上をいこうという態度、『いい音楽であっても、売れなきゃ意味がない』という発想が、精神が、ボクは好きなんだ。

共感もできるし、又、ストイックでもあるから。



『いい音楽をつくれば、いずれ売れるだろう』という精神



さて、ある意味、今回の本題にいきます。

コレですよ、問題なのは。

『いい音楽をつくれば、いずれ売れるだろう』という精神

これはね、「主体性の問題」だと思うんですよ、これに関しては。

他人に任せの、楽なやり方を選んでいるように感じる時がある。他己本位というか…。

『いい音楽を作り続ければ、いずれ認めてくれる』という精神は、ちょっと解釈をかえれば、『人に認められる』という課題を人任せにしているんじゃないか?

「一旦、ほうっておく。その『難しいこと』は、いずれなんとかなる」、そんな気持ちがあるんじゃないか。

それって『向き合っていない』感じがするんですよ、売れるという課題に対して。「きっとなんとかなるだろう」って、それって、見方によっては、「避けている」ようにも見える。

こういうタイプは、得てして、コンクールとか賞レースには参加しない人が多い。(というか、苦手)

理由は、他者の視界にコチラ側から入ろうは思わないから。『いい音楽を作っていれば、いずれこちらに目を向けてくれる』と思っているから。

はたして、そうなのかな?

『いい音楽を作って待っているだけ』で、他者はこちらを向いてくれるのかな?

「いい音楽作れば、いずれ認めてくれるだろう」って、その根拠も曖昧だし、何より、主体性に欠けていないか、と。

「自然発火」を待っているようなもの。

極端な話、「たきぎと新聞紙とマッチは用意した。あとは、ほっといたら火がつくだろう。だれかが火をつけるだろう」と、待っているようなもの。

「棚からぼた餅」的な発想で、つまりは、『幸運待ち』なんですよね。

『いい音楽をつくれば、いずれ売れるだろう』という精神、その好き嫌いにおいて、ボクのネックとなっているのは、『待っている』というところ。

それは、ボクの『好み』ではない、そういうのは好きだと思えない、という話。『好み』の話です。

「他者の視界には何がみえているか?そこに自分がうつるにはどうすればいいか?」、他者の目線や存在を意識し、「売れる」ということに繋げる“主体性”が好きです。ボクはそのほうが「好み」です。


***

今回もまた、えらそうなことを書いてしまった。

まったく、「なんだこいつ生意気だな、死んでしまえ」という感じだろう。

これ以上、生き恥を晒してどうしたものだろうか。助けてください。

以上、@ryotaismでした。


こちらの記事もどうぞ♪