「時間を金で買う」という視野をもとう!


“時間を金で買う”なぞ云う言葉がある。

最近、ボクはこれを実践している。

なんだか贅沢なお話のようだけど、ボクは過去、えらく貧乏だった時期があった。

今でこそ普通に収入があるからそういったこともできるんだけど、そのときの記憶は完全にトラウマであり、あの頃に戻りたくないと心底思うし、必死こいて節約や貯金にいそしんでいる。

反面、“時間を金で買う”といったことも行っている。


どちらも必要だが、どちらかが欠ける


だいたい、次のどっちかなんだよな。

  • お金はあるけど時間がない
  • 時間はあるけどお金がない

だいだい、どっちかだよね。

ボクはね、今、“お金はあるけど時間がない”という状況だ。

『は? ナニ贅沢言ってんだよ。てめぇなんか、人としてクズの分際だろうが』って、まぁ待て。人並み程度の収入があるというだけの話で、今までボクは随分貧乏だったんだ。多少、斯様な言い分をしたっていいだろう。それに、この先、全く逆になる可能性は大いにあるんだ。ボクだってこんな発言をしていながら、違和感があるんだよ。

……でもさ、あれじゃないか。

「お金」も「時間」も、両方必要、両方大事だとは思わないか?


どちらか片方――どちらかに偏りすぎていると、不満足に帰結しちゃうんだよ。片方が欠けているために、何かが足りない感じ、満たされないんだよな。具体的には、「時間があるのに、お金がないからやりたいことができない」とか、 「お金はあるのに、時間がないから使い道がない」とか。

『そういうのを、“ないものねだり”のクズの分際っていうんだよバカが』って云うかもしれないけど、ボクが云いたいのは、両方のバランスが大事じゃないか、と。


「お金」と「時間」のバランス



「お金」と「時間」、どちらかが極端にあってもいけないし、かといって、どちらも満たそうたってそうはいかない。

うまく両方のバランスをとって、どちらもそれなりに満たせたらいいんじゃないか?って。

たとえば、“お金はあるけど時間がない”という状況であるなら、時間をお金で買ってみる。

逆に、“時間はあるけどお金がない”ならば、その時間をお金を稼ぐことに費やしてみる。

そうすると、片方は削れて減ってしまうけど、もう片方は増えるよね。

そして、それぞれを同じ高さ、同じ量に調整しみる。

「お金」と「時間」、どちらかに偏らないように心がける。

ボクなんて、独身のボンクラだ。物欲もまるきし無い。

使い道がないんだから、節約せずともお金が貯まる。

かたや、“時間が充分にある”とは言い難い。

深夜に帰宅して、翌日は早朝で、休日は溜まった疲れから昼すぎまで眠りこけている。

進撃のニートであった頃と比べると、「やっぱ時間がないなぁ」などと思うんだよ。あつかましい話だけど。

でもそこで、「まぁ仕方ねぇな」と開き直るのはいかがだ?

そんなとき、この言葉がおりてくる。

“時間を金で買う”

うまくお金を使って、時間を短縮する、時間をつくりだす。

例えばさ、こんなふうに。

「映画みたいなー。レイトショーなら安いし、ちょっと待つか」

じゃなくて、“時間を金で買う”つもりで、1800円払ってすぐその場で観る、とか。

「サランラップなくなった。スーパーなら安いし、スーパーまで買いに行こう」

じゃなくて、近くのコンビニで200円のサランラップを即座に買う、とかさ。

バスの待ち時間がけっこうある場合、ワンメーターで行ける距離ならタクシーを利用する、とかさ。

“時間を金で買う”っていったって、そんな大きな話じゃない。

こういう、『身近なこと』をボクは言っている。

何万も使って“時間を金で買う”わけじゃあない。

わずかな金額で、時間をつくりだせるなら、時間を金で買ってみてもいいんじゃないか。

お金の節約は大事だ。そりゃあ大事だ。無駄遣いはよくない。金がなきゃ、時に死ぬ。

でも、時間も同じくらいか、もしくはそれ以上に大事だ。人生を大切にしたいと思うならば、「時間をどのように過ごすか」をボクらは考えるだろう。


「お金」と同じくらい「時間」も大事



“時は金なり”、なんてことを先人は云う。時間は取り返せない。やっぱり有限で、貴重なシロモノなんだよな、時間は。いつか必ず死ぬ定め、すなはち人生とは、終わりがやってくる『限られた時間』のことに他ならない。

“時間を金で買う”、これはお金の無駄遣いではない。過剰な贅沢でもない。

「お金を節約する」のではなくて「時間を節約する」という、堅実なる『節約の部類』なのだ。

お金は大事だから、ついついお金を第一優先にしてしまいがちだ(まして貧乏な過去があったら尚の事そうだろう)。が、それと同じくらい、時間も大切にしてみてはどうか?

現状、もし両者のバランスにおいて、「お金」のほうがちょっぴり多いなら、少しだけお金を投資してみても、大きな損にはならないだろう。同じ量/同じ高さになるよう、バランスよく両者の釣り合いをとる。配分する。調整する。

時間もお金も、どちらも必要であるし、欲しているのだから、「どちらかが物足りない」という不満足の度合いを減らすことに努めてみる。

『“時間を金で買う”なぞ、てめぇには100年早ぇわ』って話だけど、現状における「お金」と「時間」のバランスがどうであるかを冷静にみつめ、その時時の状況にあわせて微調整することは、お金の使い方と時間の過ごし方と、誠実に向き合っているようにボクには感ぜられる。

時には、“時間を金で買う”。

斯様なる贅沢の所業は、不遜な態度のように思われて、ついためらってしまうものであるが、少しでも有意義な時間をつくりだせるならば、それは歴とした、真っ当な「お金の使い方」であると思う。


お金を優先しすぎて時間を見失うことは、どうしたってある。

が、“時間をお金で買う”という視野と行動は、お金だけでは満たせない、物足りなかった部分を埋めることを時に可能せしめるだろう。


***

以上、ちょっと思ったことを書いてみた。

節約や貯金ばかりに執着してしまって、時間を蔑ろにしている自分を省みた。

にしても、数年前のボクには考えられなかった文章を綴ってしまった。なんだこれは?たいしてお金もないくせに。どういうつもりだ?阿呆だな私は。

それではまた。@ryotaism