「やりたいこと」を「やりたいとき」に「やってみる」@バカ的打開案


さぁ、ブログ書くぞ。いいか、読むなよ。ゼッタイ読むなよ。何のタメにもならないことを今から書くからな。ただの自分語りをするからな。

さて、ちかごろ、考えるんだよ。

『私は一体、人生で何がしたいんだろう?本当にやりたいことは何だろう?』

もう、よくわからん。自分が何をしたいのかがよくわからんのです。

タスク管理や手帳活用、種々のライフハック術。習慣を変えてみたり、悩みごとを紙に書き出して整理してみたり。あらゆることを試す。

すると、自分の人生が“すっからかん”であることに気づかされるんだよ、これが。

嫌ってほど、自分には何もないことに気づかされる。

『私は一体、何がやりたいんだろう?わからない&見つからない。私の人生って、何もない』

中身がない。芯がない。退屈。つまらない。空虚。夢や目標もない。

「これでいいのだろうか?このままでいいのだろうか?」と云う感じになる。焦り、とりあえず、情けない。

かといって、その現状を「打開する術」が一向に見あたらない。悶々として、煮詰まって、停滞状態が続く。これが本当にキツイ。

そんなとき、ないですか?

最近、ボクはずっとそんな感じです。やってられませんわ!


『仕事をしているときの時間に身を任せる』状態



……で、こういったとき、人生に煮詰まっているとき、どうなるか?

『時間に流される』、という事態になります。

わかりやすいところが、「仕事」ですね。

だいたいの仕事は、忙しいです。

『仕事をしているときの時間に身を任せる』状態。

仕事をしているときの時間に身を任せ、とりあえず、いったん回避する。

ありますよね、こういうの。失恋したら、それを忘れるために妙に仕事に精がでるってやつ。

ところがね、根が真面目だと、仕事終わって家に帰ると、やっぱ考えちゃう。

いいのかわるいのか、ボクは「明日やることノート」や「4行日記」などを習慣にしていることもあって、考えちゃうんですよ。ボクの人生このままでいいのか、って。滑稽ですなマジで。中学生かよって感じですぜ。

「人があがいている姿」ってのは、間々、かっこよく言われますが、そんなもんじゃなくて、単に“精神的に幼いだけ”なんじゃなかろうかと思いますぜ。

これがね、結婚もしてて、子供もいれば、こんなことにはならんと思うんですよ。人生が空虚やら、どうのこうの、まったくチンケなお悩みごっこですよ。独身で一人暮らしなんざして、暇だから、悩むんでしょう。どうぞ笑ってください。


『やりたいこと』を『やりたいとき』に、やればいい



「幼いお悩み事」――とはいっても、当の本人からすれば、けっこうマジで悩んでいるわけだ。

なんとかせにゃならん。こじらせると、ヤバイことになりそうだよ。

『このままでいいのだろうかと、人生に悶々としている。そんな重苦しい、停滞状態が続いている』

こういうの、つらいよな。まさに今のボクがそういう状態っすわ。

で、思ったんですよ。

「あれ?俺って、そもそもこんな人間だったっけ?こんなんじゃなかったよな??」って。

子供のころ、10代のころ、20代前半、自分がうまくいってたときのことを思い浮かべてみる。

そのとき、どうだった?自分はどういう性格だった?どういう“動き”をしていた?


それを参考にしたらいいんじゃないか。

それって人によって違うと思うんですが、今回はボクの場合を書いてみるよ。

ボクがこれまでの人生でうまくいってたときって、思いついたことを、思いついたまま実行していたときだった。やりたいことをやりたいままやっていた、そういうとき、色々とうまくいってた気がする。

で、ボク、思ったんですよ。

「やりたいこと」を「やりたいとき」に「やる」。
これでいいんじゃないかって。

実に「バカな解答」ですよね。いかにもバカが考えそうな、典型的バカ的発言だなって、ボクもそう思いましたよ。「落ちたな、俺」って。

ちょっと、自分でも笑っちゃいました。

が、結局は、もう、こういうことなんじゃないか、と。

考えこんでも、自己分析しても、思考の整理しても、深みにハマり込んで、一向にぬけだせないんだし。

それだったらね、そんな状況なんだったら、

深く考えず、『やりたいこと』を『やりたいとき』にやってみる。即時的に、欲求のまま、“楽しそうだから”という理由だけでやってみる。

何か少しでも「おもしろそうだな」とか「ちょっとやってみたいな」とか、そういうのがあったら、『深い意味』とか『強いやりがい』とか考えずに、衝動にまかせて、やっちゃう。「なんか、楽しそう」、それだけでいいんだ。


それって、“うまそうな料理に飛びつく行為”みたいで、単細胞で、やっぱりバカっぽいのだけど、少しは何かが変わるんじゃないか。停滞している現状に、いくらか「ヒビ」をいれてくれるんじゃないか。

そもそも、ボクみたいなバカなヤツが、かっこつけて難しく賢く考えたって、うまくいかない。

なぁ?身の丈にあった、バカなりの“バカっぽい”発想でいいじゃないか?

『賢いやり方』なんて探そうとするな。『自分を高く見積もる』のはよせ。バカっぽくても、それでうまくいきそうなら、それをやればいいんだよ。

ボクはそう思った。


***

関連として、この前、『テストが近づくと部屋の掃除を始めてしまう』異常なパワーを活かそう!という記事を書いた。

内容を簡潔にいうと、「煮詰まってるなら、別のことやろうぜ」ってこと。

大事なことはある。その事を深く考えて、動けなくなってしまうことがある。

そういうときは、気分転換がてら、別のことでもやってみたらいいんじゃないかって、そう思う。

以上、恋人のできなさそうな、自分語りでした。今日も罵声をありがとう。@ryotaism


関連記事っぽいやつ