地位・収入・外見で判断するのが恋愛、だから恋愛をしなくなった人


間違ったことを書く、今から『間違っていること』を書きます。いつも通り、無視してください。バカがバカなことを言っているだけです。それで終わり。

さて、人間というのは、「地位・収入・外見」で他人を判断してしまうところがある。

『そんなことないよ!みんながみんなそうじゃない!』と云うけれど、生きていく中で、そんな場面に幾度も遭遇するだろう。

そういう目線で見てくる他者、あるいは、他者をそういう目線で見てしまう自分に、遭遇するだろう。

実際、大事なんだろう、「地位・収入・外見」というのは。

なんで人間が「地位・収入・外見」を重視するか。ああだこうだ、どうのこうの、理由はいろいろあるんだろう。

そのへんは省くとして、結局のところ、逃れられない。「地位・収入・外見」を重視する、という本性。不純ではなく本能的なもんだろうと思う。

「イヤになる、人間がイヤになるよ」って、そんな人間性を軽蔑したって、そういう部分からは逃れられない。

無論、「地位・収入・外見」で人を判断しない人はたくさんいる。

しかし、それで判断してしまう人も、やはりたくさんいる。

どちらが優れているかなどと、考えても仕方がない。

問題なのは、『自分がどう思うか』『自分がどう考えるか』、だ。

例えば、「恋愛」。

恋愛において、「地位・収入・外見」のみで異性を判断するだろうか?

かっこいい男、かわいい女、というふうに外見で判断することはあるだろう。

しかし、キミはこう云う。きまってこう云う。

「もちろん地位・収入・外見は大事です。でも、それより重要なのは相手の性格や中身です」、と。

大多数がこのような意見を云う。(実際、自分自身もそうではないだろうか)

立派な意見だ、立派だと思う。

しかし、現実はなかなかそうはいかない。

さて、そんな立派な意見をもつ人と巡り合えなかった人は、どうなるだろう?

出会ってきた人が、「地位・収入・外見」で判断する人ばかりで、そんな境遇だった人は、一体どうなるだろう? さらに、その本人が、"地位も収入も外見も乏しかった場合"、どうなるだろう?

言うまでもない。

「恋愛」など、しなくなる。


苦手になる。果ては、興味すらなくなってしまう。

「私は地位・収入・外見で判断しないのに、周りはそればかりで判断する」と、他者と自分の考え方との間に、ミゾが生まれてしまうだろう。

そんなとき、達人はこう云う。

「キミは視野がまだ狭いんだ。大多数は中身や性格を大事にしているのだ。したがって、見えていないだけ、まだ気づけていないだけだ。よく見れば、探せば、いる。たくさんいるんだよ。」

達人はそんなことを云う。確かに、正しい、そうかもしれないと思う。

が、彼や彼女は、精一杯努力した、している。

「達人の意見はわかるけれども、でも、それ、本当ですか?どこか、そんなことは、所詮は“キレイ事”なんじゃないか、と思うのです」

キレイ事、そんなことは所詮、キレイ事なんじゃないか。結局は、地位・収入・外見が最も大事なんじゃないか。

そうして、じわじわと遠ざかっていく、恋愛から遠ざかっていく。諦めていく。

あるいは、開き直る。「自分も結局は地位・収入・外見で判断する人間なのだから、もうそういうことでいいか」、と。恋愛に対し、少々投げやり気味になる。

いずれにせよ、どこか諦めていく。もういいや、って。「恋愛において、やっぱ地位・収入・外見は大事なんだ。もうそういうことでいいか」と、幕引きをする。




さて、繰り返す。

問題なのは、『自分がどう思うか』『自分がどう考えるか』、だ。

「自分は地位・収入・外見で人を判断しない」というならば、それをつらぬけばいい。

もし、出会う人出会う人が、その信念にそぐわないのならば、「恋愛などしなくてよい」。

「恋愛っつったって、所詮は、地位・収入・外見で判断されてしまう」、もしも恋愛がそういうものであるならば、捨ててしまえばいい。“つまらない”といってしまえばいい。

「恋愛とは、地位・収入・外見など度外視して、相手の中身に惚れることだ」と思っている。しかし、周囲がそうでないのならば(地位・収入・外見ばかりで判断するのならば)、そんな周囲とは恋愛などしなくてよい。「バカですね、そんなのバカです」といってしまえばいい。

何がいいたいかというと、地位・収入・外見で判断されてしまう程度のものなら、そんな恋愛はつまらないんだし、そんなものは人生には不要、恋愛などしなくてもよい、ドブに捨ててしまえばいい、ということ。つまり、「気にするな」、と。

***

最後に、理想論を置き捨ててとんずらしたいと思います。

自分の信念をつらぬき、それにそぐわない恋愛ならばと、探すのをやめた瞬間に、求めていた「恋愛」はおとずれるのではないか――。

それでは、独身男の説得力なき力説、書いてて虚しくなった@ryotaismでした。


ブログアクセス数(5月)


メモ、記録用。5月のブログアクセス数。


サイト訪問者数(5月)



5月の記事数は、7本。
ユニークユーザー数、26,244。
ページビュー、40,646。



検索訪問数、25,038。



 ページビュー   ユニークユーザー   検索訪問数   一日平均訪問   記事数 
 2013 


  
 2月   338 74  36  5   30
 3月   2,171  992  647  40   37
 4月   4,300  2,608  1,962  95   28
 5月   9,121  5,942  4,583  210   16
 6月   20,405  13,854  10,421  500   16
 7月   33,958  22,216  16,964  800   19
 8月   35,895  21,879  16,660  800   13
 9月   44,426  27,603  20,288  900   16
 10月   29,218  17,652  15,543  550   19
 11月   32,277  20,414  19,189  650   14
 12月   51,532  32,772  30,438  1,050   14
 2014 


  
 1月   65,987  41,512  38,098  1,300   17
 2月   40,890  25,902  23,573  900   20
 3月   48,521  31,223  28,191  1,000   14
 4月   50,082  32,431  30,686  1,080   17
 5月   40,646  26,244  25,038  850   7

※解析はGoogle Analytics

一日の訪問者数でみると、おおよそ850。


5月の記事


先月、主な記事4本。



5月、ふりかえってみて


記事数が7本と、激減しました。個人的に色々と悩みがあって、なかなか書く気がおきませんでした。

"ああだこうだ"と悩み、考えている時期というのは、目に見える結果は出にくいものですが、目に見えないところで精神的醸成は進んでいるんではないかと思います。たぶん。

ただ、何もしないと何も変わりませんので、淡々とYoutubeで読書実況は行っております。先月は4作品と、珍しく快調に読んでおります。

興味がない人が多いと思いますが、“「やりたいこと」を「やりたいとき」に「やってみる」”というのは、なんとも気持ちが良いものです。

最強に暇、という人はYoutubeのほうもどうぞ。




それでは、6月もよろしくお願いします。


関連記事:アクセス数

Gmail:携帯に転送する方法!


こんばんは。

Gmailに届く大事なメールの、チェックが遅れてしまうことがあります(´д⊂)‥ハゥ

どうしたものか。

んー、そうか。"指定したアドレスから届くメールを、携帯にも自動転送する"、そうすれば、リアルタイムに、すぐチェックすることができるんじゃないか。見逃すってことも減るんじゃないか。

というわけで、先日、設定しましたよ。



特定のアドレスからのメールを携帯に自動転送する方法:Gmail



まずは、パソコンでGmailを開きましょう。

右上にある[歯車マーク]をクリックし、[設定]を選択しましょう。




続いて、項目のなかから①[メール転送とPOP]を選択し、②[転送先アドレスの追加]から、転送する自分の携帯アドレスの入力&登録を行います。




数分後、登録した携帯アドレスにGoogleからメールが届きます。(※1)

まずは文章内の指定URLをクリックし、リクエストを承認しましょう。

次に、メールで届いた[確認コード]をGmailに入力し、確認しましょう。

(※1)メールが届かない場合、一度、携帯側の迷惑メール拒否設定を解除するか、個別で[
@gmail.com][@google.com]ドメインを指定受信してみましょう。




続いて、設定項目のなかから①[フィルタ]を選択。②[新しいフィルタを作成]




Fromの箇所に、"携帯に転送したい特定のメールアドレス"を入力します。

こだわりがなければ、それ以外の入力項目は無視し、[この検索条件でフィルタを作成]




いよいよ最後です。

[次のアドレスに転送する]にチェックを入れ、[アドレスを選択]で、先ほど登録した自身の携帯アドレスを選択。

先ほど同様、こだわりがなければ、あとは、[フィルタを作成する]




以上で、完了です!

Gmailの画面上方に、以下のような画像がでていれば大丈夫でしょう。




***

やってみると、とても簡単でした。

唯一つまづいた部分としては、[確認コード]が携帯になかなか届かなかったところ。迷惑メール拒否設定を一時的にすべて解除することで、無事に届きましたが。

というわけで、@ryotaismでした。

読書好きになるかどうかは最初の一冊目が肝心である。


このまえね、こんなことあったんよ。

『好きな小説ある?あったら教えてよ!』
って、友達に聞いたんです。

そしたらね、その人が、

『ほとんど本とか読まないんですよー。逆に、なにかオススメのあったら教えて下さい!』
って。

で、ボク、そんときに思ったんですよ。

『オススメの本かぁ……んー、軽はずみなことは言えないなぁ
って。

なぜか。

……と、その前に。

ボクはね、普段、本を読まない人でも、"面白さ"を知れば、きっと読書を好きになるだろうと思ってるんですよ。

つまり、本の"面白さ"をまだ知らないだけであって、知ればきっと好きになるだろう、と。

だから、『どういう本を最初の一冊目に読むか』というのが、すごく大事だと思うんです。

一冊目の本がつまらなかったら、そのマイナスイメージは本人とってかなりデカくて、再び本を手に取るのは数年後になってしまったりする。

なんでもそうだと思うけど、最初のきっかけでつまづくと、苦手意識がうまれてしまう。逆に、最初がうまくいくと、得意意識がうまれる。

要は、『最初って、とても大事だよね、なぜなら、その後に影響を及ぼすから』ってこと。“最初が肝心”と云う。

最初に出会う本が、面白かったか、面白くなかったか――その後の分かれ道となる。

したがって、普段本を読まない人にどの本をオススメするか、慎重にならざるを得ないんです。

というのもね、これ、ボク自身の実体験なんです。

ボクが読書の面白さを見出したのは二十歳以降で、ずいぶんと遅咲きでした。

というのも、高校のとき、ボクは『ロスト・ワールド』という小説を買って――。


当時、『ジュラシックパーク』という映画が好きで、それをきっかけに購入したのだけど、これ、読んだことある人ならわかると思うけど、けっこう内容が“ムズイ”んですよ。

聞いたこともない科学用語が散りばめられていて、すごく難解に感じた。

ボクは国語能力が低かったし、そもそも『ジュラシックパーク』を読むのを飛ばして、続編の『ロストワールド』から読み始めても、いまいち内容がわからなかった。

で、初めて購入した小説なのだけど、おもいっきりそこで挫折しちゃったんですね。苦手意識がうまれてしまった。

以来、しばらくの間、小説を読むことも買うこともなかった。

二十歳を過ぎてから、ひょんなきっかけから再び本を手に取ることになったのだけど、苦手意識の期間はずいぶんと長いものだった。

そういったボク自身の経験もあって、『最初に読む本って大事だよな』、と思うのです。

――といっても、「じゃあ最初に読むといいオススメの一冊はなにか?」、考えても適切な答えはだせないのだけど。

とりあえず、軽はずみに言っちゃいかんなぁと、そんなことを思ったのです。

なんだか他愛もない話をしてしまいましたが、お付き合いありがとうございました。

以上、@ryotaismでした。