『Ask.fm』の使い方!――「人間性」と「信用」を交換する


こんにちは。眠いですね、はい。

佐々木俊尚さんの『自分でつくるセーフティネット』という本を読みました。



内容については後日書きたいのだけど。今回は一部引用で紹介。

“自分の人間性をさらけ出すと、自分は信頼を得られる。実はインターネットって、こういう「交換」が得意なシステムなんですよね。”
自分でつくるセーフティネット』(佐々木俊尚)


『自分の人間性やプライベート』と『信頼』を交換している――というのが言わんとするトコロ。

「信用」と「プライバシー」を交換するような仕組みがインターネットにはあって、信頼を得たり、教えてもらうためには、『交換条件』としてプライベートや人間性、情報の提供が必要、ということ。

で、「もうちょいボクも人間性をさらけだしたほうがいいのなかなぁ」と思いました。

そこで、「『Ask.fm』でもやってみようかなぁ」、と。


『Ask.fm』
とは、一言でいえば「質問SNS」

質問をしたり、質問に答えたりするシンプルなSNS。
基本的に誰にでも話し掛けることが可能で、匿名での質問も可能。


(類似サイトとして、ザ・インタビューズというのもあるけど、閉鎖する噂があったりで、Ask.fmをやってみることにしましたよ。)




『Ask.fm』の使い方


ask.fm

“使い方”といっても、めちゃめちゃ簡単で。

次の5つのステップをふめば、終了です。おそらく(´・ω・`)


1. ask.fmのアカウント作成


まずは、ask.fmのアカウントを作成。

メールアドレス登録、もしくはTwitter、Facebookのアカウント認証をして、アカウントを作成。(メールアドレス登録の場合、名前と生年月日の入力が必要)

※尚、ユーザー名は後から変更できないので注意!また、ユーザー名が自身のask.fmページのURLとなる。(http://ask.fm/[ユーザー名]

私はTwitterでのアカウント認証にしましたよ~。


2. プロフィールやプライバシーの設定


Ask.fm プロフィール

プロフィールやプライバシーの設定を行いましょう。

いずれも【設定】から行います。

【プロフィール】項目で、アイコン画像やサイトURL、私の紹介文などをのせましょう。


Ask.fm プライバシー

【プライバシー】項目では、“匿名の質問を受け付けるかどうか”を選択できます。

他、通知設定などもここで行えますー。

ちなみに、【デザイン】の項目から背景画像の変更ができますヨ。


3. 試しに自分自身に質問してみる!


Ask.fm 質問

ためしに、自分自身に質問してみましょう。

上バーの『プロフィール』から行えます。

[匿名で質問する]にチェックをいれると、匿名での質問ができます!)

「出身地は?」とか、なんでもいいので、質問すると、じぶん宛てに質問が届きます。

届いた質問に対し、文章で答えることもできるし、[ビデオアンサー録画]というのがあって、動画で答えることもできます。(最大2分の録画可)すげぇ。

他人に質問する場合は、これと同様で、他者のask.fmプロフィールベージから、その人に質問すればOKです!


4. 友達を検索してみよう!


【友達】という項目から、Twitter/Facebookで、知り合いがask.fmをやっていないか検索できます。

日本ではまだまだユーザー数が少ないサービスなので、発見できたら貴重ですよ…。

ためしに質問してみて、ちょっかいかけてみるのもいいかもしれません。

また、ask.fmはあくまでも“SNS”なので、フォローすることもできます。単なる、質問サイトではないですよー。

フォローすると、その人の質問の受け答えが、【ウォール】(Twitterでいうところのタイムライン)に流れます。

また、質問の受け答えの箇所でマウスオーバーすると、[ハートマーク]がでるので、Facebookのように“イイね!”することもできます。

※ただし、“イイね!”は取り消せません(2014/10/21現在)

他、[プレゼントを贈る]などという、なんともいえない機能もあります。


5. 広めよう!


※2015/06/18現在、なぜかウィジェット機能が使えなくなっています。また使えるようになるのか、わかりません。

さて、無理やりテンションをあげて、自身のask.fmのページをツイートしたり、Facebookにのせて広めてみましょう!

また、質問ウィジェットを自分のサイトなどに埋め込むことも可能です。これ便利。

【設定】⇒【ウィジェット】でコードを取得できます。

Ask.fm 埋め込みウィジェット
[CSS編集]もできるみたいなので、器用な人はカスタマイズしてもいいかも。


アプリもあるよ。


ご多分にもれず、アプリもご用意してくれてます。


こちらは試してないのでわかりませんが、スマホでマメにチェックしたい人や、いちはやく通知で知りたい方はいいんじゃないでしょうか。うん。


というわけで、質問あれば。ないと思うけど。


忘れないで欲しいのが、ask.fmに登録しなくても質問はできるということです。

というわけで、匿名でもかまいませんので、なにか質問あればお気軽にどうぞ。なんでもいいです。

下記より行えます。




ぜんぜん集まらないと思いますが、もし質問あれば気軽にください。

この際、「頼むから死んで」といった罵声でもいいので。いや、質問サイトなので、できれば「頼むから死んでほしいのだけど予定はいつ頃?」といった質問形式でお願いします。


★★★

ちょっとテキトウなところもありますが、ask.fmの使い方について書いてみました。

こういうことを始めると、「人間性やプライベートをさらけだすしか脳がない」あるいは「クソみたいな承認欲求」となってしまうのが大体のオチですが、「はい、おっしゃる通りで」と、先輩にも伝えといてください。

それでは、@ryotaismでした。


こちらの関連記事もどうぞ