『笑顔』の作り方――“笑顔が苦手”なのは、私の怠慢と努力不足です。

笑顔 画像

『笑顔』が苦手なキミに向かって書いている。

うまく笑顔がつくれないキミのことだ。

先に言っておく。

それはキミの『怠慢』だ。

笑顔を作れないのは、単にキミの努力不足、『怠慢』である。

普段から笑顔である人、ニコニコしている人がいるだろう。

彼らとキミは違う。

キミの場合、努力しなければ『笑顔』にはなれない。

『気づけば、笑顔になっていた』などということは、ありえない。

自然な笑顔など、待てど暮らせどやってこない。

“楽しいことがあれば”、“環境がよくなれば”、自然と『笑顔』になる――そんなわけがない。『怠慢』にも程がある

笑顔な苦手である者は、笑顔になるための努力しなければ、『笑顔』にはなれない。


そんな話を今回は書いてみる。

これは『笑顔』が苦手なキミにむかって書いており、そんなキミが笑顔になるための、死に損ないによる文である。


『笑顔』を求めているか?


まず、「別に『笑顔』じゃなくてもいいんじゃない?自然体が一番だよ」などと思っている人は、これ以降、読まなくてもよい。馬鹿げた文章が続くだけである。

「笑顔になりたい」「笑顔が必要だ」と思っている人の参考になればと思う。

――さて、なぜキミは「笑顔になりたい」と思うのだろう?

“自然体でいいはずなのに、なぜ笑顔になりたいのか?自然体がイチバンじゃないですか? ねぇ? そうでしょう? 自然体がイチバン!”

そう言われても、なぜだかキミは納得がいかない。

そんなものは、『怠慢』でしかないんじゃないか?、と思っている。

つまり、「自分を変えたくても変えられない、そんな自分自身への言い訳なんじゃないか?」と、『逃げ』であるように感じてしまう。

そんなキミを応援したい。いや、応援させてほしい。

「笑顔じゃなくてもいいよ。自然体がイチバンだよ」といった発言と反りが合わないのは、そこに『努力』や『苦しみ』が感じられないためだ。

キミは言う、「もっと笑顔になりたい」と。それは悲痛な叫び声のようにも聞こえる。

なぜそこまでしてキミは『笑顔』を求めるのか?

接客業や営業、なんでもいい。その際、笑顔が必要な場面があるからなのか。あるいは、笑顔が苦手な自分、ムスッとしている自分が嫌いだからなのか。あるいは、笑顔であることに損はないと、普段から思っているからなのか――。

笑顔を求める理由には、いろいろあるだろう。

しかし、皮肉にも、キミは笑顔が苦手である。うまく笑顔をつくれない。うまく、人前で笑えない。


『笑顔』が苦手であることを、ちゃんと自覚しているか?


笑顔 画像

まずは、自覚すべきだ。

『自分は笑顔が苦手である』ということを、しっかり自覚すべきだ。

周囲に、やたらと笑顔な人、「笑顔が似合う人」はいないだろうか?

彼ら(彼女ら)と、キミは違う。圧倒的に、異なる。

笑顔が不得手な者が、世の中にはいる。自分自身がそのタイプの人間であることを認めるべきだ。認めたくなくても、認めるべきだ。

「私は笑顔が苦手な人間である」と、ちゃんと認められるか。


スタートはそこからだ。そこから、笑顔になるための努力が始まる。


最初からなんでもかんでもできるなら、努力など必要ない。「できない部分」「足りない部分」があるから、努力をする。

『努力は美しい』――こういった価値観をもっているか?

もし、もっているならば、『笑顔』になるための努力もできるだろうと思う。もっていないならば、これ以降の文を読んでも、「は?バカじゃね?」で終了だろう。


苦手というより、努力を怠ってきただけ


私はこう思っている。

『努力すれば、絶対に笑顔になれる』、と。

ここでいう『努力』とは、「がんばって、何かを達成したときの喜び」とか、そういったことではない。達成感や満足感の果てにある笑顔のことではない。

「努力すれば◯◯があるから笑顔になる」といった、結果によって得る笑顔のことではなく、◯◯を抜いた、もっと直接的な、“笑顔そのもの“を目指す努力のことである。

例えていうなら、接客の際の『笑顔』。


「笑顔で人と話しましょう」と言われて、笑顔になれるかどうか。

言い換えれば、「お前、なんだか表情暗いな。もっと笑顔で接客しろ」と言われきた自分を脱却するための努力。

私は、『努力すれば、絶対に笑顔になれる』と信じている。

「笑顔が苦手だから」なんてのは、言い訳である。

“苦手”なんじゃない。私が努力を怠っているだけである。

『笑顔が苦手』などと言うとき、そのほとんどが、笑顔になるための努力をしていない。サボっている。


努力すれば『笑顔』になれる


笑顔をつくる

努力といっても、一体どうすればよいのかわからない。

新入社員の中には、次のような研修を受けた者がいるかもしれない。

「毎朝、鏡の前に立って、口角を上げてみる。ニコッと笑ってから出勤しましょう」、と。

営業の仕事をしていた際、私はよく上司に言われていた。

「そうやって毎朝続けていると、いつしか自然と笑顔がつくれるようになっている。しかめっ面では、誰も話しかけてくれない、また、誰も話を聞いてくれない。『笑顔』の周りに人が集まる、つまり、仕事が集まるんだ」
、と。

まったく馬鹿げた話だ。クソみたいなお説教である。

もちろん、私は無視した。「そんなバカみたいなことができるかよ」、と。個性をもった人間を画一化させるような、“人間殺し”の言葉であると思った。

しかし、それこそが私の『怠慢』であった。

自分を変えようとしない、自分を変えようという努力をしない、『怠慢』であった。

私は、自分を変えなければならないと思った。自分を変えようしない軟弱で甘ったれた自分から脱却しなければ、“生きていけないんじゃないか?”と思うようになった。もっとタフに生きていかなければならない、そう思った。

鏡の前のトレーニングはもちろん、何かの際、『笑顔、笑顔、笑顔、笑顔……』と、心のなかで何十回と唱えるようになった。自分で自分を洗脳させる。「自分は笑顔の人だ」と強く思い込ませる。ブツブツと小さく声をだしてもよい。ひたすら『笑顔』という言葉を唱える。

これを毎朝続ける。

他にも、毎朝、ノートに『笑顔』という言葉を何十回と書く。電車内では、スマホで『笑顔』という言葉をひたすら入力することもある。思い込ませるのだ、自分の中に笑顔を染みこませるのだ。「自分を変えようとしない自分」から抜け出すんだ。

毎朝こんなことをやっているなどと、気持ち悪いと思われても仕方がない。が、それが私にとって『笑顔』になるための努力であった。(そもそも、努力とは人に笑われるようなものだろう)

笑顔が苦手だった私は、少しずつ克服する。そしていつしか、本物の笑顔の人になれると、私はそう思っている。そう信じている。

かりに、私の笑顔が不自然であったとしても、「自分を変えようとしない怠慢な自分」には、もう戻りたくはない。

笑顔な苦手である私は、笑顔になるための努力しなければ、『笑顔』にはなれないだろう。“自然といつの間にか笑顔”などと、そんな虫のいい、都合のいい話、たぶん私にはない。

『笑顔』とは、努力論であると思った。


★★★

お気づきかと思うが、すべて自分に向けた文章である。が、誰かにとっての文章であれば、と思う。

「なんだか生きにくそう…しんどい生き方ですね」、そう思われたかもしれないが、どこかしらもがいているほうが丁度いい、と思う。

それではまた。@ryotaismでした。