『音楽は好きだけどライブは嫌い』、それってダメなこと?

音楽ライブ

先日、この記事を読んで――。


おもしれぇな、と。わかるわかる、と。

苦手なんですよね、ライブ。音楽ライブ。

ちょっと、ボクも思うところがあるので、書いてみる。

尚、音楽が好きな人は,、下手くそな毒舌が多々あるので、読まないほうがいい。というか、読まないでください。どうかお願いします。[戻る]ボタン、あるいは[閉じる]ボタンを押しましょう。


地べたに座ってる人、多くない?



いや、これはボクが行ったことのあるライブだけなのかもしれないけど、、、なんか、地べたに座っているファンの方、多くないですか?ライブハウス周辺とかで。ロックのライブで特に。

えっと、あれは、なんでなんですか?

なんなら、地べたに座ってメシ食ってる人とかいないですか?

いやいや、ちょっと、よくわかんない。とりあえず、メシは家で食ってこようか。

単純に、見栄えがよくないなぁって。そんなことないですか?

たとえば、電車の中で、地べたに座ってる若者いたら、「おい、どしたどした?立とうか?ちょっと立とうか?風邪でもひいたか?」ってなるじゃないですか、一般的に。

それに近い感覚があるんですね。

なんか、もう、なんでそんなに地べたに座りたいんだろう?風邪ひいて、しんどいのかなぁと。

ボクはそんなに自由にはなれないなぁ、って思っちゃうんですよね。なんか、ちょっとひいてしまう。苦手。


『手拍子』や『合唱』したりする意味がわからない


まず、“手拍子”。

ボクね、手拍子、「うるさいな」って思っちゃう人間なんです。音の邪魔というか。

しかも、人によって“バラバラ”のリズムだったりするじゃないですか。

やめよう、それ、本当にやめておこう。


そして、拍手をうながすのもやめておこう、歌い手さん。

両手をあげて、手を叩いて、拍手をうながす歌い手さんっているじゃないですか。

えっと、、、思うんですよ。

「え!ちょっと待って!俺、今、指示された!?『拍手しましょう』って指示された!?」「はたして、私はこの指示に従うべきなのだろうか…!?」ってなるんですね。

「指示すな」、と。拍手なんて、“自然発生的”に起こるもんであって、指示をして作り出すもんじゃないでしょ、って。違和感。

続いて、“合唱”についてですが――。

客の声を聴きに来たわけじゃないので、不要だと思われます。

いらないんですよ、そんな感動。いらないんですよ、そんな一体感とか。みんなで大合唱とか。ボクはそんなの求めてライブに行ってないんです。ただ、音楽を聴きたいだけなんですねボクは。

そして、合唱、これもまた、“バラバラ”という…なんという…。

しかも、歌詞を覚えてなくて、2番の歌詞を間違えて歌っちゃう人もいたりして。


おい。おい、もうやめろ、と。『自重しろ』、と。

そして、歌い手さんの中には、合唱をうながす人がいるじゃないですか?マイクを客席に向けたりして。

ボク、思うんです。思ってしまうんです。

『いやいや、自分で歌いましょうよ』、って。
なんなら、『あれ?もしかして、、疲れて、休んでいるのかなぁ』って思っちゃうんですよね。

疑い深い性格だから、そういうふうに勘ぐっちゃうんですよ。


本当に『ライブ=音がいい』?


ライブ音

音楽好きに聞いてみたいのだけど、

『ライブのほうが音がいい。ナマの音のほうがいい』って、よく云うじゃないですか?音楽好きの方々が。

でも、本当にそうなのかな?

というか、それ、あなたの好みじゃないですか?

ボクは部屋の中で、無音の中で、CDの音を聴くほうが『いい音』だと思うんですね。静かなところで、ゆっくり聴くほうが、『いい音』を感受していると思うんですね。

比べて、ライブは人が多くて、騒々しいし、発せられる音はよくても、環境がよくないから、結果、『音がよくない』という事態になってしまう。

んー。『ライブ=いい音』というのは、その人の主観であって、それを万人に通用するのは、無理があると思うんです。

ボクはライブの音がいい音であるとは全然思わないんです。

好みだよ、そんなもん。『ライブ=いい音』を、絶対的真理みたく語るの、マジで勘弁してほしい…と。


くだらないMCをするなら、とっとと歌ってほしい


ライブMC

……いや、感動的なMCもありますよ。

そして、歌とは違う側面を垣間見れるようでうれしい、というのもわかるんですよ。ファン心理として。

でもたまに、めちゃめちゃくだらないことをしゃべる人、いないですか?

そういうとき、思うんです。

『だまって歌ってほしい』
、と。

んー…というか…、『しゃべる』のなんて、ボクにだってできるんですよ。

ボクにでもできることを、なぜ舞台上でやっているんだろうか?

そりゃ真似のできないような天才的トークをする人もいるけど、ボクにとって、歌い手は、『音楽のプロ』なんですよ。

だから、舞台上では『音楽』をやってほしいんです。あなたの「得意げなおしゃべり」なんて、どうでもいい。


――と思ってしまうんです。ごめんなさい。ほんとすいません。


『没個性』に耐えかねる



まず、『一体感』というのが、苦手なんです。

みんな同じ方向を見て、同じように拳をつきあげて、合唱までしちゃって。すると、自分がかき消されていくような虚しさを感じてしまうんです。

そういうとき、自分の個性が埋没していくような感覚に襲われませんか?

んー…ボクだけだろうか。いや、他にも同じような人はいると思う。

『ここにいちゃマズイ…』って、思ってしまうんですよね。

なんか、妙な『焦り』が生じるんです。『没個性の焦り』。

周囲と一体化することで、“自分が吸収されてしまう”、“かき消されてしまう”――自分がいなくなっちゃうような、恐れを感じてしまうんですね…。焦燥感。


舞台上で『主役ヅラ』しているのが見てられない


「歌い手さんが、舞台上で主役ヅラしているのが見ていられない」。

「この場所だけは自分が主役」「ここだけは、自分のフィールド」「ここが私の生きる場所」――そういうのを見ているのが苦手なんです。


無論、そういった自己表現欲求/自己顕示欲/自己陶酔みたいなのがないと、表現活動なんてできないのかもしれない。

でも、ちょっと見てられないんですよ。

歌い手さんには歌い手さんの人生がある。でも、私には私の人生がある。それぞれまったく別の人生があって、『あなた主役ではないんですよ』、と思ってしまう。それぞれ、皆、主役であって。

それを、なんというか、、、「今日だけは私が主役」みたいな感じを出されると、「じゃあ、一体、私は何なんだろうか…」と思ってしまう。意図せずして、“引き立て役”になってしまっている自分。

んー…。そもそも、あれですね。

『あなたが主役です』と認められる人、許せる人、崇めるられる人でしか、『ライブ』というのは楽しめないのかもしれない。


そう考えると、自分はそもそも、ライブに向いていないのかもしれないなぁ。


★★★

音楽が好きな人からすれば、さぞウザったい、軽薄な内容であったと思う。

でも、なかには、共感してくれる人や、「一理ある」と思ってくれる人がいるのではないか。100人のうち、99人が「嫌う」内容であったとしても、1人が大変共感してくれるならば、書いてよかったと思う。

かねてから発言してますが、『音楽は好きだけどライブは嫌い』、いいんですよ、全然ありです。ライブなんて行かなくても、音楽が好きと公言していい。ライブ原理主義者は、“そこまで足を運んでいる”ということから、そんな自分を肯定して語るものです。

人は人、自分は自分。

ライブなんて行かなくても、音楽が好きと公言してOKです。また、Youtubeだけで音楽を聴いてても、OKです。ボクはそう思います。

以上、@ryotaismでした。


音楽関連の記事




音楽関連の記事