親切と感謝は単発で終わらない、伝染していくもの。



ちょっと前にあったことなんですが。

仕事が終わって、電車にのってて。

満員ですから、座席の前で、つり革につかまってたんですよ。

ボクのとなりには、2人いて。お母さんと、その子ども。

子どもは、だいたい小学2~3年生くらいかなぁ。元気盛り。

まぁ、そんな親子に、ボクは特に気にもとめず――。いつも通り電車にのってて。

そしたらですね、目の前の座っていた人が、立ち上がってこう言ったんですよ。

『よかったら、お子さん、座ってください』って。

立ち上がって、自分の席を子どもにゆずったんですよ。

で、お母さん、『すいません…ありがとうございます』って、ペコリとお辞儀して。子どもを座らせて。

「ああ、いい場面を見たなぁ」って、ボク、心が温まりました。



そんなこんなで――。

しばくして、次の駅に着いて。

ボクの目の前の人が、降りたんです。その駅で。

で、ボク、その人が座っていたところに座ったんですね。となりには、先ほどの子どもが座ってて。

仕事で疲れていたし、「座りたいなぁ」って、つり革につかまりながら、思っていたので、ああ、よかったな、って。

電車が再び動き出して。

ガタンゴトンと、揺れる。

……ん―――ちょっと待てよ。。。

『あれ? なんか、俺、マズってないか??』


なにか、間違いをしているような……。

ふと、となりで座っている子どもが目に入った。

……!? 

ミスった! こりゃあかん!

お気づきの方もいると思う。

この場合、先ほどの子どもの、お母さんが座ったほうがよかったんですよ。ボクが座るんじゃなくて。“親子をペアにして座らせた”ほうがいい。

お母さんは自分の子どもをとなりで、あやしたほうがいいじゃないですか。というか、お母さんだけ立ってて、子どもだけが座っている、って、そもそも変というか。

隣同士で座ったほうが、いいでしょ。親子セットにしたほうが。

それが親切ってもんでしょうが。「何を俺は、ふつうに座っとるんだ」、と。

これね、なんでそんなふうに後悔してしまったかって、先ほどの場面を見ているからなんですよ。

先ほどの、「男性が子どもに席をゆずる場面」を見ているから。

で、「自分がそのような配慮ができていない」と、悔やんでいるわけです。

悶々しました。「うわー、俺、なにやってんだ…」って。

そして、ようやく、お母さんに言いました。「よかったら座ってください」、と。「あ、いいんですか、すいません…」と言って、お母さん、座りました。

そして、ボクは再び、つり革につかまりました。

「ダメだなぁ、俺は。こういうのに、パッとすぐ気づけないから仕事もできないんだなぁ。」なんてことを思ってたら、いつの間にか目的地に到着しました。

「さて、降りよう」、と。

そんとき、先ほどのお母さん、パッと立ち上がって、深々と頭を下げたんです。

『本当にありがとうございました』って。

で、ちょっと、ボク、びっくりしちゃって。

まぁ、たしかに、席を代わったのはあるけど、そこまで感謝されるほどのもんでもないですよ。

「いえいえ、とんでもないです…」って。



とぼとぼと、駅のホームを歩きながら。ボク、思ったんです。

たぶん、最初の男性が子どもに席をゆずったのを見ていなかったら、ボク、ふつうにずっと座ったままだったろう、って。

つまり、どういうことか。

親切とか感謝とかって、伝染するもんなんだな、と。


最初の男性の、親切な行為が、ボクにもそうさせたわけだ。(ボクひとりだったら、間違いなく、座ったまま爆睡していただろう!)

単発では終わらないんですよ。親切とか感謝って。

例えばね、極端な話――。

「目の前の女性がハンカチを落とた ⇒ 拾って渡してあげた ⇒ ありがとうございますと感謝された」

このエピソード、これ、単発で終わるエピソードじゃないんですよ。

実は、そのあと、その女性、別の人のハンカチを拾って、渡してあげるかもしれない。あるいは、もっと別の形で、やさしい行いをするかもしれない。

ついつい、親切な行いって、「それ一発で終わっちゃう」、「ありがとうの一言で終わっちゃう」って思ってしまうんです。

でもそうじゃない。

その後には続きがあって、「ひとつの親切」は、波及していくんですよ。きっと。

最初に、子どもに席をゆずった男性は、「ひとつの感謝」だけじゃない、そのあとのボクの行為もあったから、結果、「ふたつの感謝」を生み出したわけです。


で、さらにボクはこう思ったんです。

ボクの大好きな芸人さんに、ダイノジ大谷さんがいるんですが、この人、おもしろくて。

“カラオケで最初の一曲目を歌うやつが、いちばんカッコいい”って。

カッコよさの物差しとして、そういうことを話されるんです。

なんでかって。

最初に歌うのって、恥ずかしいじゃないですか。できれば、3、4番目あたりに歌いたいですよね。

そんな中、最初に歌う人ってのは、恥を自分でかぶるわけです。

そうすることで、次の人、次の次の人が歌いやすくなる。

最初に歌うことで、そのあとに歌う人の恥を、全部かぶる。それがかっこいい、と。


これ、ボクの今回のエピソードにも応用できるんです。

「ああ、最初の男性のおかげだ。そのおかげで、ボクは母親に席をゆるずれたんだ」、と。なんて、かっこいいんだろうか。

そして、もしかすると。

「あの男性、本当は恥ずかしかったんじゃないか? 勇気をふりしぼって、席を代わったんじゃないか?」――カラオケで一曲目を歌うのがちょっと恥ずかしいように。

実は、そういう葛藤があったのかもしれないな。

とにかく、結果、その男性の親切は、単発では終わらなかった。ひとつの感謝で、終わらなかった。

◆ ◆ ◆

これ、けっこう前の出来事なんですけど、ボクの中で、印象強くて。

いつかブログに書きたかったんですけど、書けたよかったです。

じゃあまた。@ryotaismでした。