31歳が30歳の友達といっしょに住むことになった話。


今年3月に仕事を辞め、埼玉から千葉に引越し、そして5月から友達といっしょに住むことになった。というか、もういっしょに住んでいる。

“シェアハウス”、などというオシャレなもんじゃない。

私は31歳、友達は30歳である。どちらも男である。

ろくなもんではない。


我々がオシャレのほうに近づいても、オシャレのほうが我々を避けるだろう。

まったく醜いもんだぜ。

しかし、独りでいたって仕方がないのだ。

独りでいたって、何も変わらない。もうずいぶん長いこと独りであったし、いい加減、私の孤独も価値がなくなりつつある。文学や芸術に酔いしれた20代は終わったのである。

30代、この先を考えた。

「死ぬことが、せいぜい、関の山だな」

いったい、私は、何かに期待しているか? 期待していることが、私にはあるのか?

「死ぬことが、せいぜい、関の山だな」

文学や芸術に酔いしれた、私の20代は終わったのである。

30代、この先は、悲観になることよりも楽観が求められる。

つまり、バカになって楽しむことである。

自分で自分の生き方を楽しむ。楽しんでいるだろうか。楽しむ生き方を選んでいるか?

「死ぬことが、せいぜい、関の山だな」

もしも、そう思えたなら、こんなチャンスはない。こんなチャンスはなかった。

目の前の選択肢がどんどん絞られていく。やがて、ひとつの答えに行き着く。

「楽しむしかないのだ」。主体的に、情熱的に、まっすぐに。自分の意志で。この人生を楽しんでやろう。絶対に楽しんでやるのだ。

「人間、いつか死ぬ」、そんな話をしているんじゃない。「"だから"やりたいことをやろう」、そんな話をしているんじゃない。

「いつか死ぬ」などと、そんな受け身であってよいのか。そんな発想は所詮、運命に対する、受け身の姿勢である。「~であるから、行う」といった姿勢である。

「~であるから、行う」のではなく、自らの意志で、「楽しいこと」を行ってみる。

「人間いつか死ぬ」という圧倒的で完全な運命を前に、問われるのは、「お前には主体性があるか?」ということである。


死に方なんて選べない、選べっこない。人間の最期は受け身である。

しかしだからこそ問われる。「もしも主体性がなかったら、すべては受け身のままで終わっていくのだ」、と。


「たかが友達といっしょに住むだけのことを、何を仰々しく言ってやがる」

たしかに。悪い癖がダイレクトにでてしまった。

ところで、その友達というのは、学生のころに出会った旧知の仲である。

二人とも音楽が好きで、夜通し曲をかけては、酒を片手に、「ああでもない、こうでもない」と、自己満足の音楽論を語り合った。

間取りは2DKであるから、いっしょに住むのに不都合はない。

いつからだろうか、mp3やaac、youtubeで済ますようになった。

彼が持ってきたのは、ずいぶんと懐かしいものだった。


ひさかたぶりにレコードで聴く。

二人とも、いい大人である。

「何かおもしろいことができたらいいな」

お前ら、いつまで夢みたいなこと言ってんだよ?って、私だってそう思う。

後悔する。そんな生き方をしていては後悔をするに決まっているんだ。

いい加減、後悔なんてしたくない。見たくもない。

しかし、それ以上に笑えば何の問題もない。後悔よりも何倍も笑うことが、この先の人生で求められている、ということ。

苦しいことがあってこそ、楽しいことがある。楽しいことばかりじゃない。あたりまえじゃないか。そんなことは労働の中で学んだし、そして、生きていく限り、労働は一生続くだろう。

すべて理解した上での、駆け引きなんだ。楽しいと苦しい、後悔と笑い、その駆け引き。バランスゲームだ。

「死ぬことが、せいぜい、関の山」、だなんて、つまらない小説の読み過ぎだ。

自分の言葉と意志で語るべきだ。

“もしも主体性がなかったら、すべては受け身のままで終わっていくのだ。”

それはもしかしたら、30代であるあなたにとっても、そうかもしれない。

どうぞ、よろしく、がんばりましょう。

ではまた。@ryotaismでした。