部屋が片付けられないのは、捨てられないから。


7年ぶりに引越して。埼玉から千葉。

思ったことが【ひとつだけ】あって。

強くツヨク思いましたね。今回は。

“使わないのものは捨てるべきだ!”
、と。

アタリマエですけど、これは本当に思いました。

引越しのじゅんびで部屋の整理、掃除をしていたんですけども、ゴミ袋20袋くらいでましたから…。自分でも焦りましたよ。

たとえば、着なくなった服とか、もういらないんですよ。いらないですよね?

でも、なかなか捨てない。捨てるのが面倒だったり、「まだ着るかもしれない」とかなんとかで。

で、どんどん服がたまっていく。

いや、捨てろ捨てろ。早めに捨てないと、どんどんたまってくぞ。それぜんぶゴミだぞ。

服にかぎらず、なんやようわからんプラッチックや缶の容れ物であったり、「ぜんぜん使ってないやん」っていう皿であったり、買った日と翌日くらいしか見ていない雑貨であったり。

必要ない。でも、捨てない。

7年住んでいた――というのもありますが、にしても、捨てずにとったおいたものが多かった。おかげで、ゴミをたくさん出さなくちゃいけなくて、すごく大変でした。

捨てるべき時に捨てておけば、こんな大変な思いをしなくてすんだわけです。ゴミ袋だしすぎて、ご近所さんひいてましたもん。

自分、思いました。気づきました。学びました。

『ちょっと残しておく』よりも、『ちょっと捨てすぎる』ぐらいのほうがいい、と。

“もったいない”という言葉もありますし、それは尊重しますが、部屋が片付けられない人は、「ちょっと捨てすぎかな?」というぐらいのほうがいいだろう。

部屋がキレイな人の特徴って、『捨てるのが早い』ということじゃないか。部屋が片付けられない人よりも、モノを捨てるタイミングが早いんです

部屋が片付けられない人は、「ちょっとだけ残しておく」という、後回しがいかんのだろう。

よく、“仕事ができる人は部屋もキレイ”、などといいますが、真意のところはわかりませんけども、つまりは、後回しにしないからだろうと思うのです。だから、特段に仕事ができる、というよりも、仕事にとりかかるのが人より早い、という、きっとそういうことなのでしょう。

また、“断捨離”などという言葉がありますが、精神的にも何らかの影響があるのかもしれません。

◆ ◆ ◆

というわけで――。

引越し先では、不要なものは早めに捨てて、キレイを維持したいと思います。

そういえば、最近、"世界で最も影響力のある100人"に、「人生がときめく片づけの魔法」の著者である近藤麻理恵さんが選ばれたそうで。

すごいですね。“片付け”って、国際規模なんですね。。。、

みんな、片付けようぜ。ではまた、@ryotaismでした。


【関連記事】