Goose houseが嫌いな人、好きな人、なんとなく聴いている人


Goose house」、知ってますか?

YouTubeとか、Ustreamで有名な人たち。音楽ユニット。

普通のアーティストがテレビなどのメディアを活動の場にするのに対して、Goose houseはインターネット上の動画配信サイト、UstreamやYouTubeを通じてオリジナル曲やカバー曲を配信している。

オンラインショップでは独自のブランドを展開し、ニット帽、Tシャツをはじめとする衣類、財布、バッグなどの公式グッズやCDの販売がされている。

Goose houseのファンのことを「ハウスメイト」と呼ぶ。

ためしにYoutubeでみてみるといいかと思います。

みなさんテクニックがあって、そしておしゃれだ。

「あと何回生まれ変われば、Goose houseみたいなさわやかな集団にまじれるのか…」「YoutubeでGoose houseをみているときの私の格好の汚さ、ヤバイ…」と、定期的に消沈するわけですが。。。

さて、そんなGoose houseについて、ちょっと書いてみたいと思います。


Goose house周辺――“ネットで有名になること”


どういう人がGoose houseの周りにはいるのでしょうか。

分布図です。あくまでボクのカンです。※なんの根拠もないですよ。


割合でいうと、こんな感じじゃないですか?

つまり、『なんとなく聴いている人』が圧倒的多数、ではないかと。

これ、仕方ないんですよ。Youtubeで有名になる、という場合、これは仕方ない。

Youtubeってのは、気軽に、無料で、音楽を聴ける場。だから、「名前を売る」には、効果的です。CD屋に行かなくていいんですから。というか、無料だし。スマホでボタンひとつで聴けるし。

でも、“気軽に無料で音楽を聴ける”ということは、言い換えれば、“なんとなく音楽を聴く人が多い”、ともいえるわけだ。

「なんとなく聴く」ことができるのは、お金がかからないから。そして、ボタンひとつで聴くことができるから。


なので――。推測ですが、Goose houseの名前を知っている人の過半数は、「好きな人」でも「嫌いな人」でもない。「なんとなく聴いたことがある人」です。

なんとなく知っている人は多い。知名度はある。でも、知っている人の大半が「なんとなく聴いている人」だから、実益がどれほどでるかは、何かもう一工夫が必要である。

「ネットで有名になる ⇒ 『なんとなく聴いている人』が増えているだけ」
――こんなこと、今さら言うまでもないのですが、そこがネット音楽活動での一つの壁となっている。


知名度の『質』の時代


先ほどの円グラフであげたのは、以下の3タイプ。

  1. 『好きな人』
  2. 『嫌いな人』
  3. 『なんとなく聴いている人』

それぞれをみていくと、、、

『好きな人』とは、動画をきっかけに知って、その後、ライブに足を運んだりCDを購入してくれた人。いわゆる、『ファン』ですね。

(ファンについては2年前に書いた記事があるので参照 ⇒ ファン心理とは何か?ライブに人が来ない本当の理由

『嫌いな人』とは、ネット上で誹謗中傷をしたり、「何がいいのか全然わからん!」と言ったり、「生理的に無理!」という方々。色々な理由から、認めることができない人。

Goose houseは、見事に知名度をあげました。

「カメラ目線」「知っている曲」「楽しそうに歌う」など、もろもろの演出は、ほぼ完璧に成功したといえる。

しかし、知名度があがっただけでは、なかなか実益はでないのがインターネットで、肝心なのは知名度の『質』である。つまり、どういったタイプの人が知っているのか?知っている人はどういったタイプの人が多いか?

言うまでもなく、『好きな人』(ファン)が増えるのが最も望ましい。その割合を増やしたい。

しかし、そのために『嫌いな人』に“好きなってもらう”。――というのは、現状、選択肢としては難しい。

というのも、『嫌いな人』が多いならばいい、可能性はある。でもGoose houseが『嫌いな人』人は、先ほどの円グラフで示したように、割合としては少ないだろうと思う。そこを裏返したって、収穫が少ない。

生理的に無理はあっても、特別、嫌われるような行為をしていない。“出る杭打たれる”的な、突出した個性をぶつけるグループでもない。『嫌いな人』が増加すること自体、あまりないんじゃないか、と思う。

なので、『嫌いな人』については、特別なにもしない。

となれば、やはりこうなる。

好きでも嫌いでもない、『なんとなく聴いている人』を『好きな人』へともっていく。

ベタな結論ではあるが、このあたりを狙っていくしか無い。

選挙でいえば、浮動票を集めるのに似ている。

しかし、これが容易ではない。――選挙に興味がない人を、選挙に行かせるのが難しいように。


Goose house――“『戦略』と『実力』”


Goose

『なんとなく聴いている人』にも、なんとなくの理由がある。

名前は知っているし、歌だって聴いたことがあるのに、なぜ“なんとなく”のままなのか、やはり理由があるのだ。

そこを解消するのが非常に難しい。

さて――。

ようやくここで『実力』が問われる。『実力』という話題に切り替わる。

ネット戦略だとか、動画の演出だとか、カバー曲から知ってもらうとか、そういうやり方のことを、アーティストの実力』とは呼ばない(とボクは思う)。

それらは知名度をあげるためのものであり、『なんとなく聴いている人』を増やすための戦略。この戦略は、メシを食っていくためには時に必要である。

しかし、『なんとなく聴いている人』を『好きな人』(ファン)につなげるのは、戦略ではどうにもならない。『実力』です。


実力とは、言うまでないです。歌、のことです。

卓越した技術とか、そういうのでもない。

「うまい!」とかそういうことではなく、お金を払ってまでも、時間をさいてまでも、「聴きたい!」と思わせるチカラ。

“自分の音楽で人を酔わせられるか”、ということです。

『なんとなく聴いている人』が増える――つまり、知名度を上げることには成功した(戦略的には成功した)。しかし、その人たちを『好きな人』につなげられるかどうかは、“実力”の問題であり、もしできなかったのならば、“実力がなかった”、ということ。

そこは戦略ではどうにもならない。

もしも、『なんとなく聴いている人』を『好きな人』にする――そこさえも、“実力”ではなく“戦略”で囲おうとしたならば、失敗するだろうと思います。そうなると、「戦略的すぎる」、となってしまい、そういうのを嫌う人は多い。戦略は、目に見えると終わりです。

そこは、どうしたって、“実力”の話。“実力勝負”、になってくるんではないでしょうか。

戦略的になりすぎてはいけない、と思います。

◆ ◆ ◆ ◆

以上です。

「歌を売るんじゃない!アイデアを売る時代なんだ!」、それはそれで面白い、と思います。“戦略勝負”という世界は見応えがある。

でもそれだけじゃ、維持ができない。

戦略と実力、両方が大事なんだろうな。。。と思った話です。えらっそうにすいませんでした。

ではまた。@ryotaismでした。


音楽関連の記事