キュウソネコカミは現代的“ストレートな歌詞”である

キュウソネコカミ:チェンジ・ザ・ワールド

もうね、最近、毎日聴いてます。大好きです。

キュウソネコカミ

知名度のあるバンドなので、ご存知の方も多いと思いますが、近頃すごくハマってて。

なんでこんなに好きなのか、あふれんばかりに、書いてみますのでどうぞよろしくお願いします。


“キュウソネコカミ”


知らない人もいるかと思うので、youtubeを貼っておきます。もちろんオフィシャル。

「ビビった」



「ファントムバイブレーション」



あと、近頃、メガシャキのCMとかもやってますね。

個人的には、チェンジ ザ ワールド』『ウィーアーインディーズバンド!!がお気に入りで、この2枚を聴いておけば間違いない。おすすめです。


キュウソネコカミの、現代的“ストレートな歌詞”


キュウソネコカミ:ハッピーポンコツランド

ボクは、彼らの歌詞が、現代的“ストレートな歌詞”だと思っているんです。

“ストレートな歌詞”という言葉が昔からありますが、

「ひねらず(たとえば比喩表現とか使わず)、感情をそのまま言葉にする」とか、そういった意味かと思われます。変にかっこつけていないということですね。

たとえば、ボクはブルーハーツが好きなんですけども、彼らの歌は“ストレートな歌詞”と言われることがあるんですが、いまだに聴いてて感動するんですよね。10年以上経った今でも。

そりゃあ時代が違うから、ぜんぶがぜんぶ共感できるわけじゃないけど、どこか、今も昔も通じることを歌っている。つまり、彼らの歌詞は、ある種の“普遍性”を帯びているんですね。

一方、キュウソネコカミはどうか――。

ご存知の方は同意してくれるんじゃないかと思うですが…

まぁ、普遍性ゼロですよ。刹那的すぎる。

言葉選びからして、後先考えてない感じが伝わってくる。

たとえば、ざっとあげてみると、、、

  • “流行るキラキラ光るお名前は時に人生の邪魔になる”(What's your name? )
  • “ブスではないけどかわいくない 君らがそうさサブカル女子”(サブカル女子)
  • “奨学金に殺されそうだ 鬱な気分をはじき飛ばせ”(貧困ビジネス)
  • “2ちゃんのまとめを見ちゃうね スレタイだけでおもろいね”(ファントムバイブレーション)
  • “俺らが作った音楽を売れなくなったらはい終了!!”(ビビった)

これはほんの一部ですが…

「10年後も変わらない曲をつくろう!」だなんて、微塵も感じられないんですね…。

「GALAXY」という曲があって、その中で、NHKのケータイ大喜利の「着信!」という言葉を真似ているのがあるんですが、「こんなもん、だれが10年後も覚えてんねん!」、と。

でも、その刹那的なところが、たまらなく痛快なんですよ。詞というよりその態度が痛快で、楽しい。


一昔前だったら、こういう歌詞って受け入れられなかったんじゃないか、と思うんです。「10年後も、ずっと残り続ける曲のほうがいいんだ」って。普遍性を重視していた頃――。

でも、現代は違う。

次から次へと情報が降ってきて、どんどん移り変わっていく。1年前は当たり前だったことが、すぐに当たり前ではなくなる。そんなことがザラで。移り変わりが速く、そして激しい。変化の連続で、消費されては消えていく。

そんな現代においては、“普遍性”というものを信じ難いと思うんです。『10年後も変わらないもの、本当にそんなものあるのか?』って。

で、キュウソネコカミの歌詞は、そんな現代をあらわしてるような気がするんです。まさに“現代的”な歌詞あと先のことは考えず、刹那的に、今この瞬間だけを切り取って歌おうとしている。

また、消費文化である現代に対し、“ひねらず、感情をそのまま言葉にしている”、思いの丈を“ストレート”に述べている。(それは現代に対する風刺のようであり、どこか愛のようでもある)

これにより、ボクは思ったんです。

キュウソネコカミは、現代的“ストレートな歌詞”である、と。


「楽しむか楽しまないか」の二択をせまる曲


キュウソネコカミ:ウィーアーインディーズバンド!!

もうひとつあって――。

気軽に聴けるんですよね。リラックして聴ける。難しくないんです。

だから何度もリピートして聴ける。負担がない。

わざわざ哲学的なこと歌にしなくても、普段から、意外とボクらはそういうことを考えていたりする。

ボクはRADWIMPSも好きで、よく聴くんですけども、ちょっと緊張するんですよ。新曲とかでたら、「ちゃんと聴かなきゃ!」という感じで身構える。それくらいに、彼らの曲は、しっかりとつくりこまれているんですね。完成度が高い。

一方、キュウソネコカミですが、知ってる人はわかると思うんですが、、、たとえば「空芯菜」「Scary song」という曲、「なんだこれ?」っていうくらい、軽いんですよ。びっくりするくらい“軽い”

深い意味とか、ない。まったくない。『…あれ?でも、もしかして深い意味があるのかも…?』と疑ってみるが、やっぱりぜんぜん深くない。

こんなもんライブで歌われたら、「楽しむか楽しまないか」の二択以外ない。だってそれ以外、何もつまっていないから。それ以外の意味を一切排除している。

完璧に作りこまれた曲って、肩に力が入る。ジーンと感動するのもいいんですが、そればかりだと疲れてしまう。(『何も無い休日』は個人的にはジーンときましたが)

キュウソネコカミの曲は、いい意味で、“つくりこみすぎていない”。そして、「楽しむか楽しまないか」の二択をせまる曲が多い。

(ついでにですが、キュウソネコカミのホームページも、「スマホでつくったの?」というくらい、つくりこまれていない…)

◆ ◆ ◆ ◆

以上、ざっと思っていることを書いてみました。

他にも好きなところはもっとあるんですよ。「この時代においても、ちゃんと1番を狙おうとしている」ところとか。そういう感じも大好きです。

また何かアレば書きたいと思います。

ではまた!@ryotaismでした!



関連記事

音楽関連