ボクはブログで何をしたいのか。


個人的な話ですし、どうでもいい話なんですが。

このブログを始めて、約2年半。

“そもそもボクはこのブログで何をしたいのか?”


いまの心境を少し書いてみようと思う。なるべく正直に。


まず、このブログには、広告であったりアフィリエイトであったり、そういうのが貼ってあります。見渡せば、昨今のブログには、だいたいそういうのが貼ってある。そして少しだけ、お金が発生する。

それに関してボクがどう思っているかといえば、そりゃあお金がもらえるのはありがたい、そしてそれがブログを書き続ける原動力になることもある。やっぱり、うれしいもんはうれしい。

広告収入やアフィリエイトという仕組みがなったら、ボクは今日までブログを続けられなかったかもしれない。もちろん、そんなのは小学生の小遣い程度なんだが、その少額があるかないかで、「書く」という行為の意味が少しだけ変わる。少しのやる気がわくのも事実。お恥ずかしい話だが。

世の中にはブログで生計をたてている人がいるが、そんなのはごくわずかであり、ボクにはそんなブログを作れるは力はない。目指したって届かないだろう。

恐れ多い話だが、自分はこのブログで、少しでも誰かの何かの参考になれば、とてもうれしく思う。それが今後、自分の生き方にどう繋がっていくのかはわからないけども。お金をもらうと素直に嬉しいように、誰かの役に立てたら素直にうれしい。純粋にうれしい。

“自分なんか~”が口癖な人間ほど、誰かの役に立てたときは嬉しいもので。ボクの場合、どちらかといえば、そうやって役立てる場所がネットやブログのほうなのかもしれない、と思うことがある。

といっても、「ネットなんて信用できない」「言葉でならいくらでも嘘をつける」わけで。

自分の気持ちを正直に書くためには、なるべく、すべてをさらけ出したほうがいいと思った。“福森亮太”というのは本名だし、顔だって出す。プライベートなんていくらでもさらけ出す。そんなものは、今の時代、たいして珍しくもないし、なんの個性にも売りにもならない。でも、自分のすべてをなるべくさらけ出すことで、少しでも読み手に信用を得てもらえ、自分の書くことに説得力が増すなら、いくらでも身を売ってしまいたいと思う。

名だたるブログと比べれば、知識も文章力も乏しい。しかし、きっと自分にしか書けないものもあるだろうと、そこは自分で自分を信じてやりたい。

“そもそもボクはこのブログで何をしたいのか?”

自分の考えを表現したいんだろうと思う。言葉だろうが写真だろうが動画だろうか、自分が納得できるなら、なんだってかまわない。そして、それを人に楽しんでもらったり、役に立つことができたならうれしい。広告収入とかお金に関しては、ないよりはあったほうがいいいだろうな、と思う。なんにせよ、もうちょっとがんばりたい。

◆ ◆ ◆

…よくわからない、とりとめのない文章になってしまいましたが、

たまに自分で自分のブログが、「なにかヌルいな」「つまらないな」「こんなこと本当に俺は書きたいのかな??」と考えるときがあって、

そういう感情のブレというか、揺れ動きもまた、それはそれで正直に綴っていったほうがいいのかもしれないと思いました。

もしよろしければ、今後も読んでくれるととてもうれしく思います。なるべく、つまらない文章は書かないようにしたいと思います。

もし、「お前が本当に書きたいことってそういうこと?違うよな?」とか、なんでも気づくことがあったら、twitterでもask.fmでもメールでも、言ってくれると助かります。頼ってすいませんが、目一杯参考にさせてもらいます。

ではまた。@ryotaismでした。Have a nice day.

関連記事