元気は人からもらうもの(相手は気づいていないけれど)


人間ですから、「元気がない」、ということはあります。

つい先ほどまで、2時間くらい真っ暗な部屋で落ち込んでおりました。

「いやいや、日中なんだからまだ明るいでしょ!?」って話なんですけど、カーテンを閉めっぱなしですから。

たまにあるんですよね。ズドンと落ちること。

「元気がない」ということは、誰しもあることで――。

気が付くと、時刻は18時。

「まいったなぁ」なんて思いながら、ふと、スマートフォンをいじくり、どこのだれかもしらない他人のTwitterをみていました。

なんだか、ちょっと元気がでました。


自分一人で元気を出すのは大変なこと


経験上、思います。

“自分一人で元気を出すのは相当に大変なことだ”

元気がないとき、「自分一人でがんばろう」と思っても、なかなか元気は出ないものです。

仕事でも何でもそうですが、自分一人でがんばるのはそもそも大変なこと――。

 「自分一人で元気を出すのは大変なこと」、これだけは覚えておきましょう。

そして続いて覚えておくべきは、「元気は人からもらうもの」、ということ。


他人からチカラをもらえ


恥ずかしいことでもなんでもない。

他人からチカラをもらえばいいんです。元気をもらえばいい。

自分一人で元気を出そうとしたって、大変なだけです。

他人を観察しましょう。いや、“鑑賞”といってもいいです。

元気がないときは、他人を鑑賞する。

ただし、つまらないものを鑑賞したって、つまらないだけです。

世の中ってのは、広いです。“鑑賞していて面白い人間”、というのがいます。

たとえばどういう人か。

「がんばっている人間」。鑑賞していると、自分もがんばろうと思えてくる。さらに、そこに「苦労している」も付け加えられると、もっと勇気づけられる。

「俺もがんばらなきゃなぁ」なんて、Twitterで他人のつぶやきを見てて思ったんですね。単細胞ですよボクは。

で、思ったんです。

「でもあれだなぁ…たぶん、この人、ボクが元気づけられていることに気づいていないだろうな…」って。


人を勇気づけていることに気づいていない人



がんばっている人、苦労している人は、意外と気づいていない。

自分が他人を勇気づけたり、元気をあたえていることに。

それは余裕がないからなんですよ。がんばったり、苦労している最中だから、まわりをみる余裕がない。自分が人を勇気づけていること気づかない。

ボクはTwitterであまり人をフォローしないんですが、フォローしてくれた人のツイートはちょこちょこ見ています。

なんだか、元気をもらうことがあって。

「こいつ、苦しんでいるなぁ、がんばっているなぁ」って。

で、だいたいそういう人ってのは、成功していない人だったります。悩んだり、苦労している人。

たとえば、売れない音楽やってる人とか、「売れていないからダメだ」なんて思って四苦八苦しているかもしれない。

いや、いいんですよ。変な言い方ですけど、売れていないからいいんです

“売れていなくて大変”、その姿が人を勇気づけているんです。

本人は非常に気づきにくいと思いますが(なぜなら売れていなくて大変だから)、一度、まわりをみてみるといいかもしれません。

自分が気付いていないだけで、意外と、だれかを元気づけていることがある。

悩んだり、苦しんだり……そういうのは避けたいけれども、

悩んだり、苦しんでいる自分の姿が、元気や勇気をあたえることがある――そう思えば、もう少し、粘れそうな気がするんですよ。そんな気がしませんかね。

◆ ◆ ◆

ボクの価値観を書いただけですが。

粘りましょう。ボクはそういう人に元気や勇気をもらって、ここまできたように思います。 ではまた、@ryotaismでした。

関連記事