自分よりも先に親のほうが早く死ぬ。親孝行について。


私よりも親のほうが先に死ぬ。その可能性は高い。

それは私に限らず、だいたい皆そうであろう。

『自分よりも先に、親のほうが早く死ぬのだ』

といったことを思うと、一寸、焦りを覚える。 

親が死ぬ前に、なにかしら親孝行をしたほうがいいんじゃないか。

あの頃、僕らはまだインターネットを知らなかったよね。


人生ではじめてインターネットをしたのは、たしか十九歳のとき。

だから、小中高、僕はインターネットをやったことがない。

今はどうだろう。

スマホやパソコンで、二六時中、インターネットをしている。TwitterやらブログやらネットニュースやらAmazonやら……。

今じゃそんな生活が当たり前になったけど、過去、小中高、僕はインターネットをやったことがない。

あの頃、僕はまだインターネットを知らなかった。

山々に囲まれた、田舎で育った。

僕は高校生にもなって、駄菓子屋でうまい棒を一本だけ買っているような、みるからに童貞でまさに童貞だった。卒業まで第一ボタンは外さなかった。

Amazon『Fireタブレット』を購入:“コスパ”が最大の特徴であり唯一の特徴


先日、Amazonで買いました。

Fireタブレット


通常価格8,980円ですが、母の日で-1,000円、さらにプライム会員だと-4,000円、

結果、3,980円で購入しました。

レビューしようそうしよう。

『365の話。』終了します




昨年の12月24日より続けてきたYouTubeチャンネル『365の話。』ですが、一旦終了することにしました。

聴いてくださった方、コメントしてくれた方、本当にありがとうございました。

“365日毎日更新”を目指してしゃべってきたのですが、途中で終了することとなり、見事に失敗してしまいました。

「できるかどうかわかんないけど、とりあえずやろう」と、勢いで始めた企画でした。「なんとかなるだろう」と思っていましたが、「なんとかする力」が自分にはなかった。

ドラマ『ゆとりですがなにか』がおもしろい――“世間とゆとり”とのやりとり


日本テレビでやっている『ゆとりですがなにか』 というドラマをTVerで毎週無料視聴しておるのですが、これおもしろいです。

そもそも、“ゆとり”とはなんぞや?

――いや、実のところ僕にもよくわからんのですが、本ドラマにおいて、或る“ゆとり社員”が、上司に向かって次のようなことを言います。

「その飲み会、強制っすか」

「先に言っておきますが、褒められて伸びるタイプなんで」

実際こんなヤツがいるのか? “ゆとり世代”と言われる者、皆が皆、こんなはずがあるまい。

というかそもそも、“ゆとり世代”だとかって一括りにするのはどう考えても無理があるよな、と思います。

でもって、“ゆとり世代”という言葉は、賛否、どちらかというと“否”の意味合いで使われることが多くて、言われる側の気持ちを忖度すると、これはたまったもんじゃないだろうなと思います。

が、とりあえずそういう話は一旦おいといて――。

おもしろいんですよね。

「その飲み会、強制っすか」

とか、もうね、一周まわっておもしろい。おもしろいと感じる。