自分よりも先に親のほうが早く死ぬ。親孝行について。


私よりも親のほうが先に死ぬ。その可能性は高い。

それは私に限らず、だいたい皆そうであろう。

『自分よりも先に、親のほうが早く死ぬのだ』

といったことを思うと、一寸、焦りを覚える。 

親が死ぬ前に、なにかしら親孝行をしたほうがいいんじゃないか。

親孝行、したいときには、親はなし。
石に布団は、着せられず。

なんていう、親孝行をあおるコトバがあるけども、

「じゃあ具体的に何をしたらいいんですか?」というのは、だれも教えてくれない。

そもそも、親孝行とは一体なんだ。

その最もシンプルで一般的な解は、「親に喜んでもらうこと」、だ。

たとえば、母の日にプレゼントを贈る、温泉に連れて行ってやる、など。

いや、そんなことをしなくても、実家に帰省するだけでもきっと親は喜ぶだろう。

そのようなことを、私はできるだろうか。きっとできる。

プレゼントを贈ったり、定期的に帰郷し、元気な顔を見せるだけでもよいのだから。

それだけで親は喜んでくれるのだ。

できる、それなら私にもできる。

しかし、どこか、腑に落ちない。

『親が喜ぶこと』、それは私にとっても喜ばしいことだ。これは本心だ。私は本当にそう思っている。しかし、「『親が喜ぶこと』をやってあげたい」と、私は思っているだろうか。

――ああ、そうか。

親孝行とは、しなければならないからするのではなく、したいからするものだ。

親に感謝している。なにか恩返ししたい。そんな純粋な気持ちが親孝行なんだ。

それは決して「しなければならないこと」ではない。義務ではないし、また事務的に行うものでもない。自分が心からそうしたいと思う、「ぜひ、したい」という、自らの能動的な想いこそが、親孝行なのだ。

だとするなら、ちょっと自信がない。

「親孝行しなければならない」とは思っている。だがそれは、「親孝行をしたい」という自発的な想いではなく、「もらったものは返さなければならない」という事務的な義務のようである。

たとえば私が母の日にプレゼントしたとして。

それは嘘くさい、というか、『しなければならないから、ただやっているだけだろ』って、そんな感じになってしまう。それが親孝行か? いや、ちょっとそれってなんか違うよな。

感謝心がないわけではない。むしろ、ある。が、親孝行という『与える行為』におよんだ途端、偽善じみた不純なものを感じずにはいられなくなって、「このやり方はやっぱりおかしいな、不自然だな」、と思うのである。

じゃあ、私はどうすればよいのか。

私は、親孝行をすることができないのだろうか。

――ああ、そうか。

「親孝行とは何か?」という問い方がよくなかった。

「私にとっての親孝行とは何か?」に言い換えることで、答えがでる。


エレファントカシマシというロックバンドが、『地元の朝』という歌のなかで次のように歌っている。

「人間なんて人情ドロボウ
二親に捧げられし愛を
一体どうやって返そうか? 返そうか?」


「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな
体の全て使い尽くして死にたい」

エレファントカシマシ『地元の朝』

いや、もう、スゴいな、この歌詞は。エレファントカシマシ、大好きだ。

つまり、「自分の人生を精一杯生きることもまた親孝行ではないか」、って。

育ててくれた親に対し、親孝行のひとつもできない自分のことを、こう思う。まるで人情ドロボウだと。

いや、私だけじゃないかもしれない。

“人間なんて人情ドロボウ”

ドラマのように感動的な親孝行を成し得る者が、いったいどれだけいるだろう。そして、この理想は、はたしてどこまで実現可能なんだろう。

「私にとっての親孝行とは何か?」と言い換えてみる。

産んでくれたこと、および、育ててくれたこと、その結果、今ある自分の命。こいつを余すことなく燃やす尽くすこと。すべて使い切ること。

“体の全て使い尽くして死にたい”

自分の人生を精一杯生きることもまた親孝行ではないか。

と、そんなことを思うのだ。

しかし、親より先に死ぬことほど、親不孝もあるまい。@ryotaism