三十四歳になって今思うこと。


久々のブログ。

先々月、八月十四日――。

三十四歳の誕生日を迎えた。

気付けば、すでにおっさんであり、知らぬ間におっさんである。おっさんになるとはそういうことである。

正直なところ、気分はまだ二十代の頃のままで、自分が三十四歳だという感じがしない。

しかしその実、生きてきた年月は、まぎれもなく三十四年であり、そのぶん肉体は老化している。


三十四歳。

「若いね」と言われる年齢ではなくなった。

いや、それは数年前からそうなのだが、あらためて、「『老いる」というのは不可逆で、私はこの先、『若いね』と言われることは一生ないのだろうな」と思う。

「年をとりたくない……」
「この年齢になると、誕生日がうれしくない……」

そんなふうに思うときがあるのは確かだ。普段、時間をともにする周囲の仲間が、自分よりも若いとなれば尚のこと。羨望する。

けれど、そんなことを言っても、どうしようもない。どうすることもできない。

年をとることは、決して悲しいことなんかじゃない。

人間、だれしも年をとる。

いつかは皆、必ずおっさんになるし、おばさんになる。それは避けられないのだ。

ならば、その現実を早い段階で受け入れて、前向きに受け止めて、『良い感じに年を重ねていこう!』と考えるべきだ。

ステキな年のとり方を目指そう、そんな大人になろう。

三十代、四十代、五十代……。『年相応の魅力』というものがある。

年をとることは決して悲しいことではない。

むしろ、『深みのある人間になっていく』『熟成する』、ということである。

そう思わないだろうか?

私はそうは思わない。

「年をとるって、哀しいことだよなぁ」と思う。

「人の一生は儚い」と云う。「だから、美しいのだ」と云う。

「老いることは、儚くて、哀しいこと」――私はそう思うし、それでいいんじゃないかと思う。

そのほうが自然であり、ポジティブはどこか、不自然なことのように思える。

美しさとは何だったか。どういうものだったか。

「またひとつ、年をとったなぁ」――背をまるめ、酒を片手に、しみじみ“老い”を哀しむ。誕生日おめでとう。@ryotaism