2017年「これは良かったな~」と思ったものたち。


年の瀬なんで、2017年を振り返ってみる!

「これは良かったな~」と思ったものを一挙ご紹介。

たとえば、映画、音楽、アニメ、本、商品、アプリ……など、適当にあげていきます!

※紹介するのは、2017年に発売・発表されたものに限りません


映画




映画『何者』

今年観た映画のなかでは、いちばんグッときました。若者の“就活”の話。

ブログにも書きました↓



あとは、映画『シャイニング』。

1980年制作の、古い映画ですが、有名なのでちょっと観てみたら、ハラハラして、めちゃめちゃおもしろかった。かなりおすすめ。



アニメ


そんなにたくさんアニメをみているわけではないのですが、、、

『メイドインアビス』はハマりました。

レビュー、世間の評判もかなり良くて、クオリティがとにかく高い!

まどマギが好きな人はきっと好きになる(と思う)。



漫画


漫画は今年、けっこう読んだかも。。。

まず良かったのは、『あさひなぐ』。


薙刀(なぎなた)を始めた女子高生の話。

いい歳したおっさんが読むのもいかがなものかと思いますが、、、なんだか、「俺もがんばろう!」と思えたんですよね。

ちょっとだけ、懐かしさのある“スポ根”的要素もあって、やる気や元気をくれる

笑いのセンスもあって、“マンガ”としての完成度がすごく高い


あとは、『BLUE GIANT』も、たいそうハマった。


ジャズの話。主人公は高校生男子。

先の『あさひなぐ』同様、ものごとをゼロから始めることの大変さ・楽しさ・素晴らしさを感じた。


最後にご紹介したい漫画は、『ぼくは麻理のなか』。


これはもう、間違いない。というか、押見修造さんの漫画はほとんど間違いがない…!

ある日突然、好きな女の子と自分(♂)が入れ替わる、という話。ちょっと哲学的な漫画ですね。


音楽


正直、音楽はもうほとんど興味がなくて、新規開拓など一切しておりません……。

そんな私ですが、今年、「これいいな~」と思った一曲が、

フジファブリックの『陽炎』

「いまさらかよっ!?」とツッコまれるかもしれませんが……。一度聴いてみたら、すごくいい曲で、秋頃は毎朝聴いておりました。感傷的、絶妙な一曲。




小説


小説は、、、んー、特に「コレ!」というのが今年はそんなになかったのですが。面白かったのは、

我孫子武丸殺戮にいたる病』。


完全にだまされました…。叙述トリックの名作。なので、既読の方もたくさんいるでしょうが。


あとは、曽根圭介』。


日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。これも叙述トリックもの。

表題作の『鼻』以外の収録作もなかなかおもしろくて、“世にも奇妙な物語”が好きな人はきっと好き(と思う)。


商品


2017年といえば、やはりこれでしょう。

スマートスピーカー

私はGoogleホームではなく、Amazon Echoを購入しました。



毎朝、起きたら、「アレクサ、おはよう!」と話しかけ、一日のスケジュールやニュースを確認する。音楽の再生もストップも声だけで操作できます。

来年は、今年以上に家電製品も巻き込むと思うので、さらに便利になるだろうなぁ。


あとは、買ってよかったものとしては、iPadとパソコンのマウス。それぞれについては、ブログでちょこっと書きました。



特に、iPadは、なんだかんだけっこう使ってます。映画みたり、ネットで調べものしたり。コストはかかるけど、やっぱいいっすね。楽しい。


アプリ・ソフト


もうこれは、とにかくお世話になっているアプリ。

Simplenote


このブログ含め、文章はこれを使って毎度作成しています。スマホ、タブレット、二台目PC……さまざまなデバイスからアクセスできる。

使い方はめちゃシンプルで、同期も速くて、すばらしい。


****

はい、という感じで以上です!

2017年、たいへんお世話になりました!では良いお年を!@ryotaism