疑いたくないなら信じるしかないという当たり前について。


ずいぶん長いあいだ、ブログの更新がとまっていた。

このまま自然消滅しそうな勢いである。

が、そうもいかない。

ネットにアップされた文章や画像は消滅しない。放って置いても、残り続ける。


――ところで先日、35歳の誕生日を迎えた。

すっかり壮年のおじさんである。

うれしいより、かなしい気持ちのほうが強い。ということはつまり、いい年のとり方をしていないのかもなぁ。

いや、とはいえ、この年齢になって初めて思えることがあって、

これは20代のころには到底思えなかったことなのだが、

「しあわせだ」と思うときがある。

……嘘みたいな話だが、私は35歳になって初めて「しあわせだ」と思えた。

言い換えれば、35歳になるまで「しあわせだ」と思ったことがなかった。

人生とはそんなものなのかもしれない。

しあわせだと思うのに、最低でも35年はかかるのである。驚きである。

私個人はそうだった。それだけは、ここに書き記しておきたい。

――しかし、人とは因果なもので、

楽しいことを見つけるより、辛いことを忘れるほうが簡単だ


〝楽しいことを見つけるより、辛いことを忘れるほうが簡単だ〟

と思うことがある。

「何か楽しいことがあればもっと充実するのになぁ」と思いながらも、それがなかなか見つからず、「じゃあせめて、辛いことをなくそう」としている。そうすることで、メンタルバランスの、帳尻を合わせている。

――それにしても、楽しいことを見つけることは大変難しい。それと比べると、辛いことを忘れることは幾分簡単なように思える。

この頃、私はつい、その〝簡単なほう〟を選択してしまう。

三十代この頃、死にたいなんて思わなくても生きていけるようになって


予想通りというか、なんというか。

二十代のころは、繊細で、メンタル弱々しくて、

「死にたい。生きている理由がわからない」と言っていたものですが、なんなら、自殺願望のようなものもあったのですが、

やはり予想通りといいますか、三十代に突入すると、そのような繊細な感覚は鈍っていく。

“鈍感”になっていく。いい意味で“適当”になっていく。“力の抜きどころ”を知るようになる。「死にたい」なんて、あんまり思わなくなるようになる。これが年齢のおかげなのか、どうかわからないけど、

“もし上手に生きるコツがあるとするなら、あらゆることに深刻になりすぎないことね”

――という言葉、何かの小説に書いてあったけど、まぁそういうことを、三十代になって覚える。

〝何者〟にもなれない問題についての正解。


〝何者〟にもなれない。――という問題は、〝何者〟かになりたいから生じる。

『〝何者〟にもならなくてよいのだ』と言いたいわけではない。

『〝何者〟にもなれなくていい』、そんなふうに思える人間がいるのか、わからないが、〝何者〟かになりたいと、少なくとも私はいつもそう思っている。言い換えれば、「生きているだけで満足だ」とは思えない。

〝何者〟かになりたい、けれど〝何者〟にもなれなくて、もがいている。これはそういう問題なのだが、では、解決策はあるのか?

最近私は思う。

何者かになれる、そんな日が来るのか? これはもしかして来ないのではないか?

ようやく私は気づく、いや、思い出す。『不安定と不条理』という、人の本質について。『人間とは不安定な存在であり、人生とは不条理なものである』という、ある種の原理原則について。

例えば、『何者かになれた』と言う者がいたとしよう。しかし、そんなのは自己欺瞞ではないか。

『何者かになれた』と、本当にそうなのかどうかは一先ず置いておいて、なぜ、彼(彼女)はそんなことを言うのか、言ってしまうのか。

彼(彼女)は不安定に耐えられないのだ。『何者でもない』という、不安定な状態に耐えられない。だから、〝何者〟かになりたいと思うし、〝何者〟かになれたと言いたい、言ってしまいたい。

ここで大切なのは、〝何者〟かになりたいと思うことは間違ってはいないということ。そして間違っているのは、『何者かになれた』と言ってしまうこと。

人間の存在の本質は〝不安定〟である。〝不安定〟こそが人間である。したがって、〝安定〟しているというのは、これは本質からブレており、非本来的な在り方である。

そもそも、なぜ、〝何者〟かになりたいと人間は思うのか。

〝何者〟かになりたい、これは、本質が〝不安定〟であるがゆえに生じる。その衝動を避けることは不可避だ。だが、『何者かになれた』はいただけない。これは不安定に耐えられなくなった者の自己欺瞞であると、私はそう思っている。

「ひとりじゃない」、しかし、「ひとりだけじゃない」問題


SNSがある種のセーフティーネットとして機能している。

〝助けて〟と叫べば、実際に助けてくれることがある。

悩み事を共有(シェア)すれば、同じ悩みを抱えている人から返事がくることがある。

「悩んでいるのは自分だけじゃない」――インターネットのおかげで、それを知ることが出来た。

傷ついているのは自分だけじゃない。

「自分はなんて不幸なんだ」と思っていたけど、同じ人は世の中にたくさんいる。それどころか、自分より大変な状況の人がいる。

インターネットはそれを教えてくれた。

「悩んでいるのは私だけじゃない」

〝ひとりじゃない〟

――しかし、その反面、『一人だけじゃない』と知ってしまった。

『自分だけだと思っていた』ことに密かに抱いていた自尊心はなかったか?

従業員のストレスまみれで作られた商品や食品はいかがなものか。


仕事は大変で、ストレスもたまるし、

でも、そういうネガティブなところ、“我慢”の部分で給料をいただいているところがある。

やりたくないこと、つまり、他の人がやりたがらないこと、だからこそ、給料が発生する。

――そういうのはあると思うし、労働の一側面として、それは仕方ないだろうと思っている。

ただ、そうはいっても、楽しいに越したことはないんじゃないか?

「甘い」と言われればそれまでなんでしょうけど、

「楽しく働くこと」を目指しても、そんなにバチは当たらないんじゃないか。と思う。

従業員のストレスまみれで作られた商品や食品、なんというか、素直に喜べないなぁ。

と、そんなことをしゃべってみました。


URL:https://youtu.be/OAmqYO1Patk


インフルエンザが流行っているそうで。気をつけたいですね。

ではまた。@ryotaism

親知らずを病院で抜歯してきた。


先日、親知らずを病院で抜歯してきた。

横向きに生えているため、大きな病院で抜いてもらうことに――。

『親知らずの抜歯』が一体どういうものなのか?、全く知らなかった私は、

「え!? メスとか使って、歯茎を切開して、取り除くの!?」

と、驚き、病院が苦手な私は恐怖におびえていたのですが、腹を決めて行ってきました。

んー、なかなか大変でした。

細かいことは、『365の話。』で話しました。

夜中にでもこっそり聴いてやってください。


URL:https://youtu.be/NgHqnTS_bOQ


抜歯後は、出血と痛みがひどくて、大変でした。

2日経過した今でも、血がまだ少し出ているし、頬が腫れているし、食欲ないし、、、明日以降の仕事、大丈夫だろうか。まぁがんばろう。

来週には、抜糸してきます。それで治療は終了です。

それにしても、〝抜歯〟なのか〝抜糸〟なのか、まぎらわしいな。。。

ではまた。@ryotaism

しゃべるのは苦手だけど文章は得意


関東圏、大雪でしたね。。。

前日から『めっちゃ雪降りますよ!90%の確率で!』と各所で報じられているのだから、もっと事前対策ができなかったのか、、、などなど、色々と思ったり。

「こういうとき、きちっと帰宅命令がでた会社はホワイト企業で、そうじゃないのは、ブラックだ」

といった話題が、Twitterなどで散見されましたが、

たしかにそうだよなぁ。と思う反面、「顧客を大切にする企業」は、なかなか休めない事情もあるのかもしれない。

――とはいえ、「顧客よりも社員を一番に大切にする企業」のほうが、やはり世間のイメージは良いのだろうけど。

西暦2018年になった。


西暦2018年になった。今年もがんばっていきたい。

昨年2017年は、17本しかブログを更新しなかった。今年はもうちょい積極的に、どんな内容でもいいから、ブログを書きたいなと思う。


ところで、、、以前からyoutubeで、『365の話。』という動画(ラジオ?)を投稿していて、しばらく休んでいたのですが、最近またちょこちょこアップし始めました。

気分屋ですので、またすぐに更新がとまるかもですが、マイペースにやっていきたいなぁと思っています(目的は、完全に自分の〝ストレス発散〟です)

『365の話。』
http://www.youtube.com/c/Rfmori



何でもそうですけど、できるだけ楽しくやっていけたらいいなぁと思います。少々甘い考えですが。




それと、昨年、『夏の駄駄』という本を自費出版したのですが、

今年中に、それを無償でWEB公開しようかなぁと、ちょっと思っています。