従業員のストレスまみれで作られた商品や食品はいかがなものか。


仕事は大変で、ストレスもたまるし、

でも、そういうネガティブなところ、“我慢”の部分で給料をいただいているところがある。

やりたくないこと、つまり、他の人がやりたがらないこと、だからこそ、給料が発生する。

――そういうのはあると思うし、労働の一側面として、それは仕方ないだろうと思っている。

ただ、そうはいっても、楽しいに越したことはないんじゃないか?

「甘い」と言われればそれまでなんでしょうけど、

「楽しく働くこと」を目指しても、そんなにバチは当たらないんじゃないか。と思う。

従業員のストレスまみれで作られた商品や食品、なんというか、素直に喜べないなぁ。

と、そんなことをしゃべってみました。


URL:https://youtu.be/OAmqYO1Patk


インフルエンザが流行っているそうで。気をつけたいですね。

ではまた。@ryotaism