「ひとりじゃない」、しかし、「ひとりだけじゃない」問題


SNSがある種のセーフティーネットとして機能している。

〝助けて〟と叫べば、実際に助けてくれることがある。

悩み事を共有(シェア)すれば、同じ悩みを抱えている人から返事がくることがある。

「悩んでいるのは自分だけじゃない」――インターネットのおかげで、それを知ることが出来た。

傷ついているのは自分だけじゃない。

「自分はなんて不幸なんだ」と思っていたけど、同じ人は世の中にたくさんいる。それどころか、自分より大変な状況の人がいる。

インターネットはそれを教えてくれた。

「悩んでいるのは私だけじゃない」

〝ひとりじゃない〟

――しかし、その反面、『一人だけじゃない』と知ってしまった。

『自分だけだと思っていた』ことに密かに抱いていた自尊心はなかったか?

インターネットは、「ひとりじゃない」ことを教えてくれたが、「ひとりだけじゃないこと」を突きつけた。

「それはオリジナルの悩みではない。それはあなた固有の不幸ではない。とてもありふれたことで、それは決して、あなたの個性ではなく、特別なものではない」

『死にたいと思っているのはお前だけじゃない』――これは救いの言葉であるが、少々残酷でもある。「せめて私だけの、固有の死であってほしい」という願いを否定するからだ。 

インターネットのおかげで、「ひとりじゃない」ことに気づけた、しかし、「ひとりだけじゃない」ことを知ってしまった。

それは幸せなことか、どうだろうか。


URL:https://youtu.be/NR9rFNfgcq8

YouTubeチャンネル:『365の話。』

ではまた。@ryotaism