疑いたくないなら信じるしかないという当たり前について。


ずいぶん長いあいだ、ブログの更新がとまっていた。

このまま自然消滅しそうな勢いである。

が、そうもいかない。

ネットにアップされた文章や画像は消滅しない。放って置いても、残り続ける。


――ところで先日、35歳の誕生日を迎えた。

すっかり壮年のおじさんである。

うれしいより、かなしい気持ちのほうが強い。ということはつまり、いい年のとり方をしていないのかもなぁ。

いや、とはいえ、この年齢になって初めて思えることがあって、

これは20代のころには到底思えなかったことなのだが、

「しあわせだ」と思うときがある。

……嘘みたいな話だが、私は35歳になって初めて「しあわせだ」と思えた。

言い換えれば、35歳になるまで「しあわせだ」と思ったことがなかった。

人生とはそんなものなのかもしれない。

しあわせだと思うのに、最低でも35年はかかるのである。驚きである。

私個人はそうだった。それだけは、ここに書き記しておきたい。

――しかし、人とは因果なもので、

しあわせを目の前にすると、それを疑おうとする。

「はたして、この幸せは、本当なのか? 嘘なんじゃないか? だまされていやしないか?」と。

それをたしかめたく、疑う。

疑心暗鬼になり、当の幸せを疑う。

手にした幸せを失いたくない、だからこそ、疑う。

しあわせだと思う隣で、疑う心を同時に持つ。

「しあわせは、不安でもある」

幸せを失うことが怖いから、自らその幸せを手放そうとする人もいる。

しかし、この年齢になって思う。

これはまるで高校生が言うようなことだが、

35歳になってようやくその意味の重さと難しさを知る。

「人を信じる、自分を信じる」

疑う心を超えるには、それ以上に信じるよりほかないのである。

疑いたくないなら、信じるしかないのである。

「幸せは同時に不安である」――本当にそうなのか?

そうでない人を私は見かけたことがある。

きまってそういう人は、疑うよりも、人や自分を信じている人ではなかったか。

わかってはいる。こんなことは文章で書けばたやすいが、信じること、それを実際に行うことは大変むずかしいことで、また、つらいことでもある。けっして容易ではない。

なぜなら、信じるの隣には、裏切りがあって、信じなければ裏切られることはない。

「信じるの隣にはリスクがある」

だれだって裏切られたくはない。信じて裏切られたら、たまったもんじゃない。

しかし、信じなければ、疑い続けることになる。

疑い続けると、しあわせは壊れる。それはなんとなく、想像がつく。疑い続けて(疑われ続けて)、はたしてうまくいくだろうか? やっぱりどこかで破綻するような気がする。長続きはしない。

しあわせ及び人や自分を疑い続けると、手にした幸せは逃げる。というより、壊れる。

「裏切られることを恐れて、信じることを恐れる。そして、疑うを選ぶ、疑いにとらわれる」――そんな臆病の末路は、死ぬほど大切にしたいと思っていた〝この幸せ〟の終わり、ではないか。

***

「幸せがなぜか不安だ」、そう思ったときに、疑うのか? 信じるのか?

私は「人を信じる、自分を信じる」。何度もそれを心に決め、そんなことを35歳になって、あらためて誓う。

どうせ死んでいく人生である。

疑った数より、信じた数が多いほうがいい。

疑って死ぬより、信じて死ぬほうがいい。

自分はそうやって死にたい。

それだけは、ここに書き記しておきたい。今日はこんなブログである。思秋期。@ryotaism